20200217

選手の資質

南半球のレース事情から 1月よりUCIのレースもメジャーとなり 各選手(プロを目指す選手からトッププロに至るまで)「仕上げ方」はそれぞれ多岐にわたるようになってきている

まあでも実際に ヤルことは決まっている訳で 歴史と伝統 学術的にもアップデートを繰り返してきても 決まったことから始められなければ 選手のカラダを創ることはできない訳で いわゆる「地脚」基礎のベースになる脚を運動生理学の基「内分泌」内臓の仕組みや赤血球のサイクルより 心臓の機能と筋繊維を同調させつつ 脳からの命令系統(随意運動と不随意運動への移行)を更に同化させ身に着ける基礎(ザックリだけど)からでなければ レースで競うまでの脚には至らない 雑なことをしているようでは いや更に戻って「的外れ」なことをしているようでは 運動会のレベルから離れることはできないってことになる

欧州の伝統(選手の創り方)を真向拒否でもしているかと痛感させられるこの国(日本)または(欧州とは)環境が全く異なるにも関わらず そっくりのもまま日本に当てハメようとするサマ 本当に不思議だ フランス本国では年間(UCI~街のレースまで)6.000以上ものレースがある環境(地理的な条件と道路事情も含め)また歴史を踏んで歩んで来ている街のクラブチームの存在があり 選手が迷うことなく「(選手が)ヤルこと」学びながら間違うことなく 練習やトレーニング 食事の摂取やレース 日常生活であったりと的外れなことをしないで済む訳だ まあでも(そんなクラブチームに)関わり携わるスタッフだって人間なので 間違ったことは言わないにせよ 確立された指導者ではない限り「意見が分かれる」そんな指導だって実際には存在していて そんな場合は『選手のセンス』教わる側の選手が判断する必要がある まあこのセンスっても「選手の資質」ってことに関わる事実かな ただこの国(日本)では核心的に至ることなく的外れ的な誘導は少なくなくって(この日本では)学ぶ場が希少であることと 偏った情報からの解釈(選手も指導者も)また学ぼうとしない常識もあったり(これは若い選手の問題)「日本のプロ」「欧州のプロ」などと なんだかペテンにハマる茶番の事情もあったりと これだけ情報があふれる時代 選手自身のセンスの問題 重要に問われてくるのかと判断している

まあ 完走を目指している選手が 表彰台に上がることはありえなく 10位以内を目指していて「たまたま勝っちゃった」なんてことも ありえない訳で そう「タイミングよく技が決まって」そうしたスポーツであっても その勝負の場まで勝ち上がる実力があっての話しだ 特に自転車レースでは「たまたま勝つ」なんてことは有り得ないスポーツ 勝てる場所まで自力で上がることができての話し そう「自力」って「追求心」に伴う「積極性」選手の資質の基本(基盤)この基盤に揺るぐことのない精神力を磨く行動 この延長線上に「カラダの準備」スポーツ選手の基礎のカラダを創る練習に至る訳で どれもこれも「たまたま」で身に着くことは なに1つない 全てが自らの行動からでしか なにもかも始まらないってことだ 

『コーチやトレーナー陣の方から「教えさせてください」と 選手へ問い掛けることはない』まあ身近な選手へは いつも告げていること この日の練習(ココはチームではないので目的が明確な選手だけが一緒に走るところ)1周/16㎞(3~6%)ギア比「2.8(固定)」LSD/SFR 1分交代/シッティングALL 6周/3.5時間(最終周は固定ギアのままゴール勝負)+1周/レース走(ギア比は解放)ジュニア アンダー 社会人選手が同じ目的で練習する ヤルことは決まっているってことだ でも今日ここに来ている選手達 目的は同じでも体格や年齢は様々 選手のカラダの準備としてオフの練習内容「仕上げ方」そのアプローチだってみな違う 「スイミングの練習は入れた方がいいですか?」『ビート版を使ってドルフィンキックを組んで』「まだ(シーズンの)疲れが残っているみたいなんですが?」『(シーズンの疲れを除去のため)コンディショニングに通って来て』「陸トレはやってもいいですか」『50mダッシュ(スタートから突っ込んで)また(最初から突っ込みと後半へ上げた)800m走も組んで』「(欧州で闘える)基礎のカラダを創りたいんですけど?」『毎週パーソナルトレーニングに通ってきて』「ポジション診てもらえますか?」「メディカルチェックに行ってもいいですか?」「ココが痛む(調子が悪い)ですけど?」「LSDからギア(負荷)を上げていく具体的な上げ方は?」「実際のスピード練習は?」「ギアを掛けるって実際?」 そうそう昨年から診てきた選手でアンクリングが残っていた選手 この日伴走していて いつの間にか完全に治っていて「やるべき練習」できていれば こと細かいペダリングの修正なんかしなくっても いつのまにか上半身の使い方まで身に着いてきていて(きっと本人も気が付いてはいない)的にハマった練習ってそういうもんだ まあ欧州では常識的な話しで至って日常的なこと そうそう アンダーとのセッションでは 費用の代償は(レースの)走りで返してもらう契約 なので「自力(追求心に伴う積極性)」のある選手は タダなんだから(オレのこと)ガツガツ使っている訳だ

この日本では 同世代の選手を褒め憧れる声は聴くけど「アイツよりオレの方が速い」とあからさまに声に出す若い選手は希少で なかなか生まれてこない レースは勝った負けたの競争で ルールの基での喧嘩(ガチのケンカ)とっちが強いかってことだ しかもプロになるってことは 年上の強いヤツにケンカを挑む(ケンカを売る)ってことな訳で「自転車レースを楽しむ」って この喧嘩を楽しむことを指す訳だ 自転車レースでガチのケンカ 勝った負けたを楽しむことができなければ(欧州)プロへ臨むことはできない 選手の資質ってことになる 

コイツラみんな 喧嘩の準備は整った 笑笑


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20200213

To be sexy style work


ようやく「自転車に乗る気」なってきた しかし 渦を巻いていた脳細胞と 全身に寄生する「Fat」こびり着きはじめるとクセが悪い 24個の背骨は可動に達せず 内分泌は燃焼どころか赤血球の妨げに 結局ベストタイミングで「コーディネート」の仕事は降りる結末に 関係各所へ顛末の報告も済ませ 新規オペレーション やっと腰を据えて臨むことができる

映画を観る習慣も回復しつつ 70~80年代の仏映画は源だ 妖艶なシルビア(Sylvia Kristel)の頬は限りない妄想 血液が騒ぐ感情もオレ的な日常も戻ってきたようだ フフ

瞬きする時間も惜しいほどの1月を収め さてシーズンのスケジュール組む準備 滞積する残務を含めた作業と仕事 考える時間と学ぶ時間も情けないくらい怠っている現状から 粛々とゆっくりと脱出 部屋で密かにバチャータ(Bachata)のステップ ラテンの血統をカラダに染み着けるプラクティスと 徐々に取り戻すスピード感 フィットネスの市場と事情へ臨む準備と 絡まり根深い国内の自転車レースの現場へのアプローチ さらに加速する必要がある

育成選手への(社会人選手も混戦)練習クラブはヒト区切り 以降の練習クラブの練習会も引き続き組んでまいります またメディカルコンディショニングとしてメディカルチェックも積極的に承ることと ルーチンのパーソナルトレーニングの指導の実施はもちろん そうそう「無料バザー」の企画も暖めていて みんなからの持ち込み(使わなくなった備品・自転車・ウエアーなど基本育成選手向け)の受け入れもしていきたいと思っている 港区のスタジオの利用と活用として フリーで活動する指導者へスペースの提供や しばらく滞ているセミナーの実施など また指導者研修と勉強会 まあスペース的な問題もあるので少人数にはなるんだけど そう根幹 アンダー(U23.ジュニア.U17.U15.)とのセッション(カウンセリングやメディカルチェックなどインタビューも) それと肝心な広報活動も スタジオを整えつつ積極的に各所へアピール(フットネス市場と自転車界へ)地べたでのハンドアウトも含め 這うように地道に 確実に進めてまいります

責務と結果を生み出す仕事と 研ぎ磨く仕事 わずかでも妥協することなく ブレずに履行します


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20200127

charipro Seiji Saito | シープロフェッショナル コンディショニングルーム


Moved in just... !
http://charipro.com/

More like 10 years ago... ちょうど10年 サポートしてもらっているウエブサイト 新築です! 今季に入ってトレーニングルームの新設と いいタイミングで公開でき 本当に感謝の限りです これで闘い臨む準備は完璧です プロの仕事を研ぎ磨き 極め履行するだけだ


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20200124

コーディネート序盤

「臨戦態勢」いや既に「戦場」しかも先が映らない現場に臨み レギュラーの仕事とルーチン 始まったばかりのオペレーション また新しいウェブサイト サーバの整理作業と 僅かなツマズキで大落車が起こる想定も視野に 強気の姿勢で攻めていくことで クオリテーを極める訳だ

まあ不思議と脳はクリアで澄んでいて 神経細胞と命令系統 TCAサイクル(クレブス回路)レブカウンターはリミッターまでガンガン跳ね上がる 若干メンテナンスの時間を怠っているので 隙間を生み出さないと オーバーレブしそうだ

今回の(自転車関連)コーディネートも途中からの参戦 スプリンター オールラウンダー クライマー ダンシング 脚を回す レースでの選手間の距離 練習 レース ポジション フォームから「カッコいい」を創る仕事 今回はレースを再現できるまで ってことで複数の選手を創らないとならないので 時間が足りない(時間が欲しい)まあ「たられば」考えても始まらず「泣き言」言わず前を向くだけで 無用な行動は短時間で精査し判断 脳はまわってるけど 脚をまわしている時間は削られ オレの練習「乗っている場合じゃない」オレ的矛盾(乗ることもボクの仕事)どうにか組み込みたい限りだ 乗ることは好きではないんだけど ここまで乗れてないと「速い」とは遠くかけ離れ 生命維持装置に関わってきそうだ

こうタイトになってくると 夢の中「エメラルダ=サンボーン」ボクの脳まで訪ねて来てくれ 甘い時を過ごす妄想でも楽しまないことには フフフ

プロの仕事を履行します


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20200118

オペレーション|トレーニングルーム


まあ結局(年明け)14日(火)より『せえの(イチ.ニノ.サン)エイヤー』Yek Do Se (یک دو سه)(「イエキ ド セ」ペルシャ語での掛け声)若い時期に多くのペルシャ人連中とすごしたころ覚えた片言 バタバタだけど 取りこぼすことなく さらに結局 制作のコーディネートの仕事もガッツリ容赦なく(笑笑)始まっていて この日は朝イチから稼働 神宮の施設に残した荷物の最終回収 不動産屋で契約書とカギを受け取り 新橋 御成門のスタジオへ仲間と共に搬入作業 テイクアウトランチを挟みセッティング作業 夕刻までに概ね収めてから 製作(コーディネートの仕事)の打ち合わせへ現場まで移動 帰りは深夜だ カラダはヒトツ 丁寧に使わないと フフフ

どうにか辿り着き営業再開 まだ他人の居所な感じでの滑り出し ディスプレイ冷蔵庫の搬入は済ませ 最低限の支度までどうにか まだ整っていない設備もあるんだけど「ソフトの提供」には妥協なく クオリテーはギリってところかな そうそうまだ「脚基が宙に浮いた」感じなんだけど 少しずつやりたいことも脳に入ってきていて 少人数でのセミナーや研修 定期枠でのグループミーティング(セッション) まあ後スタジオの提供なんかも考えている 完全個室のパーソナル施設 脳細胞が湧いてくる

それともちろん 欧州のプロを目指す(U15. U17. ジュニア. U23)選手のトレーニングルームとしてもフル稼働していきたい訳で まあでも 実力を磨こうとしている強い選手ほど積極的に通って来るんだけど 誘い水を渡しても反応は鈍い いつも言っていることだけど「オレの方から『教えさせてください』などと言わない訳で」強くなっていく選手ほど「強くなるために貪欲」だよな カラダの準備(実力とカラダの把握)に関しては 選手自身が 選手自身の脳が理解できていない限り(どんな練習をして どんなトレーニングが必要なのか)なにも始まらない訳で「自分でやってみて」とか「ㇶヨってちゅうちょ」など このあたりの極めて低いクオリテーからでは 練習そのものまで透かされて視えてくる訳だ 『強くなるために遠慮はするな』1分1秒問われている限られた時間 選手本人次第ってことだ

このタイミングで新築中のウエブサイトも公開できそうで 新しいフライヤーも届き 攻撃態勢はこれまで以上に攻めの姿勢だ ナリフリ構わずまいります


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20200110

仕事人の原則|Natural


「コンディショニング屋」唱えている訳だけど ソファーで撃沈する深夜が続き しかも早朝目覚め この現状の綱渡り メンタル面でフィジカルを支えている? いや逆 フィジカルでメンタルを保つ? 金属で構成されている臓器も 内分泌と運動生理機能 主に不随意運動 脳の命令系統はいったい どう機能しているのか既に自覚を失いかけている

タイミングよく入ってくる面倒な話し(とても素敵な仕事の話し)まあ何時だって絡みついて絡まってから(絡まったから)オレのところに来る訳で まあアテにされる訳なので嬉しい限りではあるんだけど 面倒な仕事になることは解っている依頼 そこに迷いはないにせよ かなりの覚悟は必要になること共に(自らも課す)責任と履行は絶対で これもまた綱渡り 自分が信じるクオリティーを淡々と測ることでしか担保されない訳だ TVでもMovieでも決まれば即効スケジュールが抑えられ 脳細胞も拘束される まあまた こうして始まるコーディネートの仕事 プロの仕事を魅せつけに行く準備にも入る

新築中のホームページと 刷りなおしのリーフレットの修正に加える経歴「2020年、自身のトレーニングルームを港区新橋に新設。」これ日本語 和英訳では「In 2020, he relocated his activities to a private training room in Shimbashi, Tokyo, which allows him to provide more intensive and focused training for cyclists who aim to become professional.」こんな方向で意志は揺るぎなく明確だ

さて 白紙から創り仕上げる仕事 例外なく白紙からではなく クリアではないラインから始めなければならない立場 まあナチュラルにまいります


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20200107

オープニングセッション

【ディスカウントセッション】

コンディショニング・パーソナルトレーニング
60分 / 5.000円(55% OFF)
※初回のみ

・カラダのチェック
・不具合や痛みの改善
・ストレッチング
・肩や腰を含めた全身のコンディショニング
・ターゲットを定めたパーソナルトレーニング

ご要望に応じたセッションを実施します
※初回者のみ 1人1回の実施に限ります

今季より 港区新橋にて移転し活動することになりました まあまた この近辺に戻ってきた感じなのですが 新設にて再開と言うことで「オープニング企画」1弾目 実施です


C Professional Conditioning Room
(シープロフェッショナル コンディショニングルーム)
105-0004 東京都港区新橋 6-5-4 DIK #912
・都営三田線 御成門駅 A4 徒歩4分
・JR山手線 新橋駅 烏森口 徒歩8分



予約:本日より受付(mail@charipro.com / 090-4717-7339)
開始:2020年1月15日(水曜日)より営業

ご予約が必要です(当日でも空きがあれば承ります)
新規Website構築中ですので 下記のサイトをご参考にしてください
https://cprofessionalcr.blogspot.com/

ご連絡お待ちしております お会いできること 楽しみにしてます


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20200105

施設の移転が決まった


まぁ~ 昨年末から 久しぶりにスピード感ある仕事が続いてます バッタバタ フフフ

不動産屋さんの担当の方 マジで尽力下さってホント感謝だ 年末の押し迫った中での物件探しから交渉や審査に 手続きを通してもらって 暮ギリギリで部屋も決まり 小さな規模なんだけど まあトレーニングオフィス そうプライベートスタジオ的な 今季ネクストステージは港区新橋(三田 御成門)の地だ 神宮からの(一時)引っ越し作業 早々に撤退し仲間の施設へ退避 大晦日っから内装の準備を開始 って言うかキリがないくらい(内装のイメージより)買いたいモノばかりだけど まあゆくゆく揃えることにしてソコソコに必要な装備だけに抑え こんな作業と併せ クライアントへ顛末の報告と移設先の案内だ  

2006年から7年間の修行(チカラを身に着け)2012年より独立し神宮外苑の施設とビジネスパートナーシップを締結し7年が経ち今季 東京五輪の狭間とでも言うのか 施設側の事情で急遽の移設 きっと各所でも多々余波は被る案件も少なくはないのかと まあでもボク的には良いタイミングで 素敵なきっかけを創ってもらったとすら脳細胞は判断している 動かなけりゃ何も始まらない訳で(「逃げなきゃ逃げは決まらない」訳だ)オレの場合「7年」ってのが周期なのか 幸いにも恵まれていて 身のまわりのフットワークは軽快でスマートだ ストリートアドレスが決まれば あとは決まった作業を淡々と抜けや取りこぼすことなく進めるだけ まあしかし印刷物(フライヤーなど)デザインの見なおしと刷りなおし 各SNSの修正 またまあこれもまた 良いタイミングでの新規構築中のウエブサイト(HP)公開前から修正がいっぱいだ そうそう身のまわりの生活備品が追い付いて来ない(今期の手帳も買えてない)まあ取り急ぎ報告はしておこうかと やっとBlogに触ることができた始末 しかし 競技者やっててよかった思う集中力 でも既に僧帽筋と肩甲挙筋は頸椎を支えることに使い切っていて 乗ってもいないのに毎朝 朝方から脚がツル始末(笑)笑えない でもオレ 逃げに入ったからには「後ろを振り向く習慣はオレにはない」逃げ切ることは決まっているからさ

まだ充分に整えることができていない状態での開始になりますが パーソナルトレーニング コンディショニング また育成選手のトレーニングの場所として 妥協のない提供を目指してまいります

施設の再開は「1月14日(火)」からになります 状況次第 報告します


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20200101

POST CARD PDF



ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20191225

Season's Greeting


こんな時期になって施設の問題がモタツキ いつもながら綱渡り的な状況 そろそろ こんな環境から足を洗う良いタイミングかと まあ期待と欲望は無限へ スピードを出力し刻み込みながら着々と築きたいと 2001年に選手からトレーナーへ転身 当初から側溝を這い泥水を喰らいながら パーソナルトレーナー業を滑り出し 来季は 2020年 そんな意味合いを含めたグリーティング ストリートアドレスを預かっているみなさと 欧州の各チームへ

そう 2000年以前の欧州(UCI/世界)では ザックリしたカテゴリーで構成されていて プロとかアマのカテゴリーではなく レースを走る選手は「カテゴリー1. 2. 3.」初めてのレース(ジュニアやホビー)は「カテゴリー3」から開始し(グランツールを走る)トッププロが「カテゴリー1」トッププロに臨む選手に「カテゴリー2」があり 選手にカテゴリーが振り分けられ カテゴリーに指定されたレースのみ出場ができる イチオウピラミッド構造【現在に表すと「カテ1」WTとPCTの上位陣「カテ2」PCTとCTの僅かな上位陣 またエリートアマチュア(またアマカテ1上位陣)「カテ3」アマチュアカテ1. 2.3. ジュニア】 なので昔は とっとと「カテ3」のレースで結果を出して「カテ2. 3.」のレースを走れるようになって メジャー選手も出場する「カテ1.2.」のレースへ臨む この場所で走れるようになれば 欧州のチームから声が掛かることや「カテ1」に昇格することができる仕組みだった でも現在のようにチームが組織化していなかったため(欧州)メジャーチームに所属していても 選手の実力によって年間契約ができず 選手個人でスポンサーを探し収入を得ることは常識だった メジャーチームの選手であっても 実力を認められ ジロのメンバーに選ばれても 4か月の契約(その契約金)だけの選手は 選手を続けるためのには どこからか収入を得ることが必要で 他にスポンサー収入が得られないような選手は 普通に副業をする選手も当たり前のように存在していた時代だった(ジロを完走できる選手であっても「ソックスを売って商売している」そんな選手も少なくなかった)まあその反面 強い選手が稼ぐギャラは破格 オフの期間に使う「(遊ぶ)金の使い方」半端なかった情報を聴くことは プロスポーツ選手が レース以外で「夢を売る」選手の大切な仕事なのかと 憧れを魅ていた

そんな頃 東京の高校の自転車部からアンダー(U23)になって(練習環境を考え)茨城県を拠点とする弱小チーム(自転車部品製造メーカー/栄輪業)に所属した フルタイムの社員として選手を開始 月給の他に 仕事の一環としてレースができる待遇 活動の費用は全て供給され(レース中は欠勤にはならない)(自社製品のパーツまたウエアーも供給を受け その他の機材は実費)工場勤務「鋳造技術研究科」理系出身の先輩方々いる研究室が職場 まあ学校に通っているかのような職場環境だった 8時から17時までの勤務時間 しかも休日は日曜日だけ まあ入社前から承知していたことだ 住まいも工場内に寮はあったんだけど 定員で空きがなく 会社が近所にアパートを用意してくれて 寮として住まいも確保 また(会社の)工場長の権限から選手は練習のため「9時出社」出勤時間も(少しだけど)優遇され チーム練習は毎朝5時30分より 2時間30分 全員で練習する まあチーム練習とは言っても弱小チームのメンバーなので強い選手は所属していない(先輩すみません)練習もガチになれば秒読みで(毎日オレの)独走 まあこのことも最初っから解っていたこと 東京での(1人)練習を考えれば 練習環境の良い地(茨城県の地)場所を選んだ訳で このあたりも「1人で強くなる」その自信はあった訳だ もちろん朝練習だけでは負荷が足りないので 退社後も(残業もあったけど)1時間30分程度と 休日の日曜日には5時間の練習が シーズンのルーチン

この地で2シーズン(アンダー2年目)国内のレースでは(時折ナショナルには呼んでもらったり)そこそこ上位には入るけど「勝ちに絡めない」とっとと強くなって欧州へ行きたい訳だけど この2年のやってきたルーチン「何かが違う(練習時間と乗り込みができていないことは解ってはいたけど)」勝ちに絡めない理由「仮に今のルーチンを2倍にしても強くはなれない?」そう自己分析し判断 2シーズンを終えたオフに 脳の中身全てをリカバリーさせ これまでの考え方 勝手な理論も全て白紙から創りなおすことにした まず「カラダの診なおし」そもそもの根本から3シーズン目に臨んだ まあ結局(アンダーの2年)時間を使ってしまったんだけど結果として カラダの診なおしから「乗り方」「走り方」の変化と「練習(スピード練習)」時速を上げる練習 この年(アンダー3年目)大井のレース(現TOJ)では逃げて表彰台 以降のレースでも全て逃げの展開 勝ちは少なかったんだけど 出場するレースは全て逃げ切るレースでリザルトを残し アンダー3年目を終えた「もうここでやることはない」 このチームを離れた

当時はまだ欧州への路 多額の資金でもない限りは不可能な時代 あてもなく東京へ戻ってきて 無職のまま平日の昼間(オフ)練習を開始していた 高校時代からお世話になっているチームの練習に参加したりと シーズンに備えることは怠らず でも東京に戻ってみると意外に自分でも驚くほど「オレの名前」が通っていてビックリ 身のまわりの方々が(ボクの所属先)クチを聴いてくれて ちょうど創設2年目のチーム「Nichinao SiDI Campagnolo/日直商会」へ選手として加入する運びが決まり このチームには欧州のレースを深く経験のある先輩選手もいて 昨年までのボクの走りと実績を買ってもらい迎えてもらった まあ潤沢な資金を持つチーム 機材やウエアーはもちろん 選手として万全で 全てが守られサポートされた その代償は「結果(走りとリザルト)」まさに臨むところだった チームの拠点は神奈川なので住まいも神奈川へ移し 主軸の先輩選手は口癖のように「向こうでは」と欧州の選手と国内の選手の比較を語り「国内でこんな走りをしているようじゃ向こうでは走れない」レースの少ない日本では練習で追い込むことができないと 欧州の選手と戦える選手にはなれない(もちろん国内如きのレースでの走りでも同様に)向こうでは走れるようにはなれないと常に豪語 なので毎日のチーム練習では毎日ガチの真剣勝負練 ガツガツ脚を使いに行って 前に前へ出る練習では メンタル面でも追い込む練習 レースの方が「よっぽど楽だ」このチームが優れていたことは 自分たちはアマチュアで(欧州の)プロを目指し チーム全員が魅て(練習)レースをしていた このシーズン ナショナルチームにも呼ばれ遠征も度々 カテゴリー的には定められてはいなかったけど 国内での組織化されたチームの先駆けだったのかと想いだす

紙一重なスリリングな状況を味わいながら 新たなる環境の構築 常に挑むスピリッツ ためらうことなく臨んでまいります


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/