20200317

オレ達の仕事


「カラダの準備」(ザックリ)基礎体力 また「(脳の)命令系統」全てに尽きる

全てのプロスポーツ選手 プロを目指すアンダー ビジネスマンアスリート また年齢性別問わず全ての成人 ヒトのカラダ「健康」とした基準よりパフォーマンスは測られる訳で『内分泌 / TCAサイクル(クレブス回路) / OBLA(Onset of Blood Lactate Accumulation) / 200個の骨 / 300ヶ所の関節 / 600種の筋肉 / 3種類の筋繊維 (Type1. Type2a. Type 2b) / 随意筋と不随意筋 / 60兆個の神経細胞』 まあ解剖学と運動生理学 2008年より単独で開催し始めたセミナーで唱え続け まだ当初(国内の)自転車界では語れていなかった「AT(Anaerobic Threshold LT(Lactate Threshold VT(Ventilation Threshold)」を説いていたんだけど 日々自身での下調べ(学ぶ時間)過程で イタリアの論文と出逢い 当時は「イタリアのコンコーニらのチームの論文で発表された」と前置きされていた仕組み 当初はまだ立証に至っていなかった文献「OBLA(Onset of Blood Lactate Accumulation):論文」 ボク的な判断で 確信の基セミナーでは既に引用し解説し続けていて 現在では常識となり スポーツ医学会やスポーツ協会の講義でも 血中酸性濃度4ミリモル(4mM/L)「オブラ(OBLA)」と明確に告げられ表記されてきている まあ随意運動からの内分泌へのアプローチってこと また命令系統では随意運動から不随意運動への移行のメカニズム『神経細胞(60兆個)①抹消神経 A:生体神経(a.知覚神経 b.運動神経) B:自立神経(a.交感神経 b.副交感神経)②中枢神経 A:脳 B:脊髄』もれなく各人 ヒトの仕組みな例外なく同様で この仕組みの作用を健康からパフォーマンスに直結する訳だ

「やるのか やらないのか」「雑なことしているようでは」まあ やらなきゃ始まらなくって やっても雑では意味を成さない ザックリ説いた小難しい仕組みは無限に匹敵する作業で ただ酸素を吸ってメシを喰っているだけでは(ケガや病気の回復は除く)成人の人体は萎えて衰える一方で このことはトッププロスポーツ選手であっても同様 他人(ヒト)の身体は皆平等なんだ(仕組みは一緒ってことだ) まあでも個体差は真実を語る訳で 眼に映らないカラダの仕組みを 僅かでも駆使しようとする作業は決して裏切ることなく確実に真実を証す モチベーションや集中力 結局は基礎体力の基にあって 随意運動から肉体的なパフォーマンスの向上には 赤血球の生成と死滅のサイクル(120日)時間を費やし時間が掛かる訳だけど 脳の命令系統のアプローチでは「認識次第」その瞬間よりパフォーマンスと直結する(随意運動を不随意運動へ移行することを「身に着けた」と証す)仕組みだ 萎えるスピードと創る時間の簡単な算数ってこと

Type1(酸化系筋繊維)1本ずつ 心拍(Heart Rate)1を100分割して(1/100) 雑な随意運動では決して作動することのない意味を指す訳だ

いま選手は進化を問われている 隙間を埋める機会なのか 追いつくタイミングに時間を使うのか またオレ達は健康を基盤にカラダの診治しを発信し提供する 絶好の時期なのかと ある意味 運が良いとさえ考える


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20200304

ALL FOR ONE|GreenEDGE


レースを始めた当初(中学生)「ヤング・ゼネレーション(原題:Breaking Away)」を観た以来 今回は仕事として映画を視てきた

栄光のマイヨジョーヌ(原題:ALL FOR ONE)
https://www.greenedge-movie.com/

Australian team GreenEDGE(現 Mitchelton-Scott)5年間の製作ドキュメンタリー 開始早々当時の監督(現UAE Sports Director)ニール・スティーブンス(NEIL STEPHENS)が語り始め Esteban Chaves選手(コロンビア) Mathew Hayman選手(オーストラリア Untill 20/01 2019)フォーカス チーム全体が焦点された 臨場感が伝わってくる「プロスポーツチーム」魅せられた もの凄く素敵な実写でした

若干この国内では誤解を招く懸念はあって「楽しむ」の意味 現役のアンダーの選手 間違ってぬるい方向で解釈してしまいそうだ 劇中で語るチャベス選手がレースに臨む姿勢「(めいっぱい頑張っているつもりだったけど まだそれではダメで)More hard...(もっと追い込まなきゃダメ)」(スティーブンス)監督からの指導で もっと厳しく追い込む必要性を 既にトッププロチームに所属し結果に臨む必要性を 楽しそうに(厳しいことに臨む楽しさ)チャベス選手の肉声 またチームの選手を「push(誘導 後押し サポート」)」監督の責務を楽しむことができなければとも スポーツデレクターの仕事についてスティーブンス監督もそうコメント 実際のレースと そこに至るまでの厳しいプロセス 私生活からチームコミュニケート 各ポジションでの責務とプレッシャー なにヒトツ取っても妥協なく楽しむ 選手 スタッフ 関係者の姿 感動したと共に この国内事情と重ね合わせると 同じスポーツに至らない違和感 否めない

昨日は「Tour de Taiwan (2.1)Stage 3」Live配信 確認してからの このドキュメンタリー まだ記憶にも残る(37歳で臨むハイマン選手)2016年のパリルーベ ガンガン前に出て勝ちに行く走り(比べるに値しないけど)アジアのカテゴリーであっても 多くのアンダー(U23)も出場している訳で こんなカテゴリーでモタモタはしたレースをしているようでは(WT PRT)プロへ辿ることはできない(まあ日本国内のチームの選手はプロを目指している訳ではないので 走れなくても仕方ない訳だけど)ハイマン選手を「ボス」と呼ぶチャベス選手 この関係を支える監督やスタッフ チームは(プロチームであっても)教育や指導の場でもあって もちろん意見の対立があったりとすることも語られてもいて そもそものチームの在り方 解りやすく学ぶことができた

さて なにができるのか アップデート 怠らずまいります


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20200301

《誕生》Arancia Collina Club Ciclista

新しく静岡県遠州浜松を拠点としたクラブチームが誕生しました

Arancia Collina Club Ciclista
Facebook

ボクも地域のクラブチーム出身なので 設立のコンセプト とってもスマートで共感 そもそもクラブチームのカタチ(欧州でも同様)子供から大人まで 個人のレベルで自転車レースを楽しむ場所で そこに自転車屋さんがサポートする仕組み(かつての駒沢ホタルレーシングクラブがあり エノモトサイクルが協力)こんなクラブチームから 領域を超えるアンダーがプロを目指す訳で 各自が純粋に自転車レースやイベントを貪欲に楽しむ場所 そこに商業的な打算や利害など無縁な環境でなければ意味がなく そんな仕組みだからこそサポーターが集まる訳だ

この国内 メディアも業界も決して有効に機能していない事情 またサイクリング人口も 国内独自の運動会化に移行してしまっている深刻な状況からも レースの環境も活性が滞ってしまっている クラブチームの役割には 年齢やキャリアを問わず教育や育成を担う学ぶ場でもあるので こうしたクラブチームの誕生こそが この国のサイクリング環境には絶対に必要なんだ

今後の活動 ボクも僕らも全力で支援 応援してまいります


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20200227

【メンバー募集】シープロクラブ会員(C Pro club members)


「シープロクラブ会員(C Pro club members)」 2020年4月より開始します

港区の施設にて会員制のクラブを始めます 健康管理やトレーニングをベースに パフォーマンスや座学 またサイクリングのそもそもなど ニーズに応えたセッションと 情報交換のコミュニティの場として運営してまいります

「可能な限りパーソナルで対応できるよう目指します」問診やカウンセリング ケガや不具合などの診断と修復 トレーニング・ストレッチング一緒にやりましょう コンディショニング・メディカルチェックなど健康管理 座学(解剖学・運動生理学・内分泌)など仕組みや理論のウソホント 食事と摂取(アスリートの食事 補給食やサプリメント) フィッティング・ポジション・セッティング全部診ます 欧州のレースの解説 そもそもの根本的な自転車レースのこと(練習 練習コース 基礎って)間違ってない? そうそうイマサラ聴けないことなど いっぱいあるかと思います 

まあ「雑談」(珈琲・ビール ご一緒してください) 欧州のレース(VTR)観ながら楽しみましょう

予約不要のフリーセッション
======================
実施開催:毎月1回 第2土曜日 14:00-18:00(レーススケジュールにより第3土曜日)
年会費制:20.000 円
2020年4月より開始
======================
※自転車で来られるようでしたらフロアーまで運んでください

ラテンのミュージック流して待ってます

(お申込み・お問い合わせ)シープロクラブ会員 メンバー募集
http://www.charipro.com/contact/index.html


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20200222

組みなおしだ


港区に移りオペレーション 1か月 綱渡りな実態は実際「綱」のない まあそんなたかみではなく地べたを這うような 石橋を叩くような歩みができるひど器用ではない訳で 目の前の勝負ではなく「勝ち方にこだわる」そのプロセスがなにより そんなことを言っているから いつまで経っても精神論での進歩に至らない訳だ もっと建設的に物事を組むことができれば 少しはスマートに辿ることができるのに 自分が想う仕事のクオリティー 決してカッコいい訳ではないけど 結果を生み出すためのプロセス わずかでも妥協はできない やっぱり フフフ

ようやく「考える仕事」の時間枠 隙間ではなく組むことができるように またこの許せないカラダも限界で 戻し改善させパフォーマンスまで創りなおさなければ 恵まれた環境でいられることに感謝だ 実行と結果 こだわってまいります


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20200217

選手の資質

南半球のレース事情から 1月よりUCIのレースもメジャーとなり 各選手(プロを目指す選手からトッププロに至るまで)「仕上げ方」はそれぞれ多岐にわたるようになってきている

まあでも実際に ヤルことは決まっている訳で 歴史と伝統 学術的にもアップデートを繰り返してきても 決まったことから始められなければ 選手のカラダを創ることはできない訳で いわゆる「地脚」基礎のベースになる脚を運動生理学の基「内分泌」内臓の仕組みや赤血球のサイクルより 心臓の機能と筋繊維を同調させつつ 脳からの命令系統(随意運動と不随意運動への移行)を更に同化させ身に着ける基礎(ザックリだけど)からでなければ レースで競うまでの脚には至らない 雑なことをしているようでは いや更に戻って「的外れ」なことをしているようでは 運動会のレベルから離れることはできないってことになる

欧州の伝統(選手の創り方)を真向拒否でもしているかと痛感させられるこの国(日本)または(欧州とは)環境が全く異なるにも関わらず そっくりのもまま日本に当てハメようとするサマ 本当に不思議だ フランス本国では年間(UCI~街のレースまで)6.000以上ものレースがある環境(地理的な条件と道路事情も含め)また歴史を踏んで歩んで来ている街のクラブチームの存在があり 選手が迷うことなく「(選手が)ヤルこと」学びながら間違うことなく 練習やトレーニング 食事の摂取やレース 日常生活であったりと的外れなことをしないで済む訳だ まあでも(そんなクラブチームに)関わり携わるスタッフだって人間なので 間違ったことは言わないにせよ 確立された指導者ではない限り「意見が分かれる」そんな指導だって実際には存在していて そんな場合は『選手のセンス』教わる側の選手が判断する必要がある まあこのセンスっても「選手の資質」ってことに関わる事実かな ただこの国(日本)では核心的に至ることなく的外れ的な誘導は少なくなくって(この日本では)学ぶ場が希少であることと 偏った情報からの解釈(選手も指導者も)また学ぼうとしない常識もあったり(これは若い選手の問題)「日本のプロ」「欧州のプロ」などと なんだかペテンにハマる茶番の事情もあったりと これだけ情報があふれる時代 選手自身のセンスの問題 重要に問われてくるのかと判断している

まあ 完走を目指している選手が 表彰台に上がることはありえなく 10位以内を目指していて「たまたま勝っちゃった」なんてことも ありえない訳で そう「タイミングよく技が決まって」そうしたスポーツであっても その勝負の場まで勝ち上がる実力があっての話しだ 特に自転車レースでは「たまたま勝つ」なんてことは有り得ないスポーツ 勝てる場所まで自力で上がることができての話し そう「自力」って「追求心」に伴う「積極性」選手の資質の基本(基盤)この基盤に揺るぐことのない精神力を磨く行動 この延長線上に「カラダの準備」スポーツ選手の基礎のカラダを創る練習に至る訳で どれもこれも「たまたま」で身に着くことは なに1つない 全てが自らの行動からでしか なにもかも始まらないってことだ 

『コーチやトレーナー陣の方から「教えさせてください」と 選手へ問い掛けることはない』まあ身近な選手へは いつも告げていること この日の練習(ココはチームではないので目的が明確な選手だけが一緒に走るところ)1周/16㎞(3~6%)ギア比「2.8(固定)」LSD/SFR 1分交代/シッティングALL 6周/3.5時間(最終周は固定ギアのままゴール勝負)+1周/レース走(ギア比は解放)ジュニア アンダー 社会人選手が同じ目的で練習する ヤルことは決まっているってことだ でも今日ここに来ている選手達 目的は同じでも体格や年齢は様々 選手のカラダの準備としてオフの練習内容「仕上げ方」そのアプローチだってみな違う 「スイミングの練習は入れた方がいいですか?」『ビート版を使ってドルフィンキックを組んで』「まだ(シーズンの)疲れが残っているみたいなんですが?」『(シーズンの疲れを除去のため)コンディショニングに通って来て』「陸トレはやってもいいですか」『50mダッシュ(スタートから突っ込んで)また(最初から突っ込みと後半へ上げた)800m走も組んで』「(欧州で闘える)基礎のカラダを創りたいんですけど?」『毎週パーソナルトレーニングに通ってきて』「ポジション診てもらえますか?」「メディカルチェックに行ってもいいですか?」「ココが痛む(調子が悪い)ですけど?」「LSDからギア(負荷)を上げていく具体的な上げ方は?」「実際のスピード練習は?」「ギアを掛けるって実際?」 そうそう昨年から診てきた選手でアンクリングが残っていた選手 この日伴走していて いつの間にか完全に治っていて「やるべき練習」できていれば こと細かいペダリングの修正なんかしなくっても いつのまにか上半身の使い方まで身に着いてきていて(きっと本人も気が付いてはいない)的にハマった練習ってそういうもんだ まあ欧州では常識的な話しで至って日常的なこと そうそう アンダーとのセッションでは 費用の代償は(レースの)走りで返してもらう契約 なので「自力(追求心に伴う積極性)」のある選手は タダなんだから(オレのこと)ガツガツ使っている訳だ

この日本では 同世代の選手を褒め憧れる声は聴くけど「アイツよりオレの方が速い」とあからさまに声に出す若い選手は希少で なかなか生まれてこない レースは勝った負けたの競争で ルールの基での喧嘩(ガチのケンカ)とっちが強いかってことだ しかもプロになるってことは 年上の強いヤツにケンカを挑む(ケンカを売る)ってことな訳で「自転車レースを楽しむ」って この喧嘩を楽しむことを指す訳だ 自転車レースでガチのケンカ 勝った負けたを楽しむことができなければ(欧州)プロへ臨むことはできない 選手の資質ってことになる 

コイツラみんな 喧嘩の準備は整った 笑笑


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20200213

To be sexy style work


ようやく「自転車に乗る気」なってきた しかし 渦を巻いていた脳細胞と 全身に寄生する「Fat」こびり着きはじめるとクセが悪い 24個の背骨は可動に達せず 内分泌は燃焼どころか赤血球の妨げに 結局ベストタイミングで「コーディネート」の仕事は降りる結末に 関係各所へ顛末の報告も済ませ 新規オペレーション やっと腰を据えて臨むことができる

映画を観る習慣も回復しつつ 70~80年代の仏映画は源だ 妖艶なシルビア(Sylvia Kristel)の頬は限りない妄想 血液が騒ぐ感情もオレ的な日常も戻ってきたようだ フフ

瞬きする時間も惜しいほどの1月を収め さてシーズンのスケジュール組む準備 滞積する残務を含めた作業と仕事 考える時間と学ぶ時間も情けないくらい怠っている現状から 粛々とゆっくりと脱出 部屋で密かにバチャータ(Bachata)のステップ ラテンの血統をカラダに染み着けるプラクティスと 徐々に取り戻すスピード感 フィットネスの市場と事情へ臨む準備と 絡まり根深い国内の自転車レースの現場へのアプローチ さらに加速する必要がある

育成選手への(社会人選手も混戦)練習クラブはヒト区切り 以降の練習クラブの練習会も引き続き組んでまいります またメディカルコンディショニングとしてメディカルチェックも積極的に承ることと ルーチンのパーソナルトレーニングの指導の実施はもちろん そうそう「無料バザー」の企画も暖めていて みんなからの持ち込み(使わなくなった備品・自転車・ウエアーなど基本育成選手向け)の受け入れもしていきたいと思っている 港区のスタジオの利用と活用として フリーで活動する指導者へスペースの提供や しばらく滞ているセミナーの実施など また指導者研修と勉強会 まあスペース的な問題もあるので少人数にはなるんだけど そう根幹 アンダー(U23.ジュニア.U17.U15.)とのセッション(カウンセリングやメディカルチェックなどインタビューも) それと肝心な広報活動も スタジオを整えつつ積極的に各所へアピール(フットネス市場と自転車界へ)地べたでのハンドアウトも含め 這うように地道に 確実に進めてまいります

責務と結果を生み出す仕事と 研ぎ磨く仕事 わずかでも妥協することなく ブレずに履行します


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20200127

charipro Seiji Saito | シープロフェッショナル コンディショニングルーム


Moved in just... !
http://charipro.com/

More like 10 years ago... ちょうど10年 サポートしてもらっているウエブサイト 新築です! 今季に入ってトレーニングルームの新設と いいタイミングで公開でき 本当に感謝の限りです これで闘い臨む準備は完璧です プロの仕事を研ぎ磨き 極め履行するだけだ


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20200124

コーディネート序盤

「臨戦態勢」いや既に「戦場」しかも先が映らない現場に臨み レギュラーの仕事とルーチン 始まったばかりのオペレーション また新しいウェブサイト サーバの整理作業と 僅かなツマズキで大落車が起こる想定も視野に 強気の姿勢で攻めていくことで クオリテーを極める訳だ

まあ不思議と脳はクリアで澄んでいて 神経細胞と命令系統 TCAサイクル(クレブス回路)レブカウンターはリミッターまでガンガン跳ね上がる 若干メンテナンスの時間を怠っているので 隙間を生み出さないと オーバーレブしそうだ

今回の(自転車関連)コーディネートも途中からの参戦 スプリンター オールラウンダー クライマー ダンシング 脚を回す レースでの選手間の距離 練習 レース ポジション フォームから「カッコいい」を創る仕事 今回はレースを再現できるまで ってことで複数の選手を創らないとならないので 時間が足りない(時間が欲しい)まあ「たられば」考えても始まらず「泣き言」言わず前を向くだけで 無用な行動は短時間で精査し判断 脳はまわってるけど 脚をまわしている時間は削られ オレの練習「乗っている場合じゃない」オレ的矛盾(乗ることもボクの仕事)どうにか組み込みたい限りだ 乗ることは好きではないんだけど ここまで乗れてないと「速い」とは遠くかけ離れ 生命維持装置に関わってきそうだ

こうタイトになってくると 夢の中「エメラルダ=サンボーン」ボクの脳まで訪ねて来てくれ 甘い時を過ごす妄想でも楽しまないことには フフフ

プロの仕事を履行します


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20200118

オペレーション|トレーニングルーム


まあ結局(年明け)14日(火)より『せえの(イチ.ニノ.サン)エイヤー』Yek Do Se (یک دو سه)(「イエキ ド セ」ペルシャ語での掛け声)若い時期に多くのペルシャ人連中とすごしたころ覚えた片言 バタバタだけど 取りこぼすことなく さらに結局 制作のコーディネートの仕事もガッツリ容赦なく(笑笑)始まっていて この日は朝イチから稼働 神宮の施設に残した荷物の最終回収 不動産屋で契約書とカギを受け取り 新橋 御成門のスタジオへ仲間と共に搬入作業 テイクアウトランチを挟みセッティング作業 夕刻までに概ね収めてから 製作(コーディネートの仕事)の打ち合わせへ現場まで移動 帰りは深夜だ カラダはヒトツ 丁寧に使わないと フフフ

どうにか辿り着き営業再開 まだ他人の居所な感じでの滑り出し ディスプレイ冷蔵庫の搬入は済ませ 最低限の支度までどうにか まだ整っていない設備もあるんだけど「ソフトの提供」には妥協なく クオリテーはギリってところかな そうそうまだ「脚基が宙に浮いた」感じなんだけど 少しずつやりたいことも脳に入ってきていて 少人数でのセミナーや研修 定期枠でのグループミーティング(セッション) まあ後スタジオの提供なんかも考えている 完全個室のパーソナル施設 脳細胞が湧いてくる

それともちろん 欧州のプロを目指す(U15. U17. ジュニア. U23)選手のトレーニングルームとしてもフル稼働していきたい訳で まあでも 実力を磨こうとしている強い選手ほど積極的に通って来るんだけど 誘い水を渡しても反応は鈍い いつも言っていることだけど「オレの方から『教えさせてください』などと言わない訳で」強くなっていく選手ほど「強くなるために貪欲」だよな カラダの準備(実力とカラダの把握)に関しては 選手自身が 選手自身の脳が理解できていない限り(どんな練習をして どんなトレーニングが必要なのか)なにも始まらない訳で「自分でやってみて」とか「ㇶヨってちゅうちょ」など このあたりの極めて低いクオリテーからでは 練習そのものまで透かされて視えてくる訳だ 『強くなるために遠慮はするな』1分1秒問われている限られた時間 選手本人次第ってことだ

このタイミングで新築中のウエブサイトも公開できそうで 新しいフライヤーも届き 攻撃態勢はこれまで以上に攻めの姿勢だ ナリフリ構わずまいります


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/