20181116

言語が通じる|レースの常識

忙しいフリも現実的になってきて(汗) クオリティーは維持ではなく向上する方向で勢い着けたいよねぇ~

いつもの仕事を いつもの通り「1人を診る」徹底的に履行している そのために「研ぎ磨く」身に着けてきた 本丸の育成事業でも 多くの時間を使って準備検算してきていて まあ無駄になってしまったこともあるんだけど 結果的には生きてきているので やってきたことに妥協はなかったことの証しでもあると確信する

「言語」言葉を指すか語学を指すのか? このところ どっちでもない気がしてきたよ(笑) 自転車レースの「常識」ってのが 日本の常識と世界の常識とがあって 散々グチグチ語ってきていて「サイトウの言っていることは どこにも書いてない」と告げられながら まさに言語が通じない この国? でもボクの近所の外国籍の奴らとの会話では なにひとつとして通じない言語がない ん~ なんてい心地の良い会話なんだろう 日本人との会話では通じないことばかりなのに不思議な事実は『自転車レースの常識』マジ! 

そうそう これも散々グチグチ「アンダーの育成」 来季から立ち上げるチーム 僕はトレーナーとして関わる立ち位置でと考えてはいるんだけど アンダーの選手へは ダイレクターやコーチ側の位置からもサポートが必要になってきているようなので チームで必要な仕事は可能な限り請けていく方向 なので当分「グチグチ」言うことはなくなりそうかな(笑) でもプロの仕事(専門家としての仕事)が増える訳で まあ「水を獲た魚」そんな気分で臨む限りだよね

おもしろくなってきたぁ~ フフフ


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20181112

ジュニア インタビュー|コンチネンタルへの挑戦者

まぁ~『本人が来なければ』この言葉に尽きるんだけど とってもスマートで解りやすくシンプル その想いにブレはなく 魅ている方向にも寸分の狂いなく 有意義な素敵な時間だった

来季に向けての準備 選手としての基礎と基本 そもそもの「プロって?」「選手とは?」そんなクドイ話し 検算しながら マインドとスピリッツ 振る舞い 言動 礼節 行動 実際のレースでは そのための練習 勝ち上る仕組みと厳しさ 謙虚であることと 選手としての仕事 学ぶべき教育 現在この国内で欠落している(欧州とは異なってしまっている)「そもそもの自転車レース」 まあいつも クダを巻いて話していることを極々淡々と

山中湖村プロジェクト着々と 山中湖チームの勝にからんだ(トレーニングレース)リザルトの報告も上がってきていて 上々な滑り出し まさに醍醐味を味わう

修行から戻ってきて 指導に取り組み始めた当初から(現在に至っても) ただ単に常識的な自転車レースを語ると「古い」とか「「いまはそんなことはしない」など 全否定され「時代遅れ」とコケにされ「そんな走り そんな練習 いまどきしない」と罵られバカにされ まるで浦島太郎扱い(笑) 不思議な自転車レースと化してしまっている(国内の事情)事実を ボクなりに発信し続けてきていて 関わる関係性も必然的に限られ絞られてきていて でもそんな環境で廻り逢う 声をかけられ話しかけられる欧州の奴らとは マジで『言語が通じる』至って心地よく自転車レースの話で盛り上がることができて 最新の情報 昔からの歴史と事実 昨今の変化 選手最新の事情 チームの現状 若手やレース プロ(WT PCT)からアマチュア 各国の地域の情報まで欧州の自転車レースの会話 血液を通って全身に沁みわたるぜ! そうそう まるで異なってしまった日本国内で展開されている自転車レース こうして自ら門を叩く選手へは 間違わないよう伝承していかなければと切に誓う限りだ 

コンチネンタルを魅て臨もうと挑戦する選手は確実に生まれてきている訳で 日本特有の事情(教育機関や連盟)を変えることは難しけど 僕たちを経由することで 煩わしい環境に染まることなく 国内で勝つレースを積みかさね 欧州で勝ち上る選手へと導くことができる訳で そんな環境が 道志を上がった先の村で創られようとしてるってことだ

メディカルサポート(U15 U17 ジュニア U23)
https://charipro.blogspot.com/2018/10/u23.html

ウエイト トレーニング(U15 U17 ジュニア U23)
https://charipro.blogspot.com/2018/06/blog-post.html


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20181109

Bambino|青二才

マッサージオイル・・・

今季は「レースサポート」が至ってなくって こんなボトルに積み替えて選手へ投げて

ベースオイル(半透明)毛細血管に浸透し加温 オレンジ色ので「筋繊維の動きを向上(痙攣防止も含)」3時間を超えるレースなら この上にコーティングオイルを塗るんだけど 透明の液は「(レース後)除去用」スキングローブと共に「自分で着けて・・・」セルフサービス ゴメン!

いま来季から走り始めるアンダーのチームへの仕事 連日各所と調整をしていて もちろん「育成」に関わる仕事ってことで 僕が主動ではないにしろ なんせこれからの事業 根幹に関わるタイミングでの参画なので 方向性の再々確認とその修正を含め「腹を決めて取り組む仕事」を進行させています まあでも僕はボクなので「トレーナー(メディカルサポート)」としてのポジション 僅かな妥協をすることなく専門家(職)に徹する訳で そのために必要な擦り合わせ的な作業 スタッフが溢れている訳でもないので 運営に関わるサポートも当然 手伝うカタチで可能な限り出し切るイメージ まずはメディカルチェック 選手のカラダの把握(メンタル面も含めたコミュニケーション) まあトレーニングや練習の「指導」でも協調していく方向  まぁ~ ビジネスとは対極する「育成」育む事業で儲けを算段しているようでは とてもじゃないけど勝ち上って行く選手を創ることなど無理なんだ まあ「将来へ投資」その配当は「(様々な)結果」としていずれ戻って返ってくる醍醐味ってことだよね

最新お情報を これまでのデータに上書き積みかさね更新しつつ このところ欧州の現場を知る奴らとも検算を繰り返し 指導の現場では 『否定からの指摘では なにも生まれてこない』『そもそも「ポジション(ペダリング フィッティング フォーム)」練習やレース その走りから創られる訳で 最初に決めて決まるものではない』『細かいポジションの指導では「(練習とレース)どういう走りが必要で そのための練習の必要性と 現在どう走っているか 今後どう走りたいのか」そのコーチングと指導 そのプロセスからポジションは創られる』『また 細かいカラダの使い方の指導も 専門的に選手へ伝える必要はないんだ 選手へのアプローチはシンプルに伝え 専門的なことについては でも こちら(トレーナー)側では詳細に把握しデータとし分析はするけど (全部を)細かいことを選手に伝える必要はない(選手が自主的に学び 勉強することはあるとは想うけど)』 そんな コーチよりのトレーナーって感じの仕事になるのかな

さて 僕はボクで コンチネンタルへ向けた 次へのステージへ 若造のスピリッツで臨む


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20181107

練習クラブ 6期 始動|稲城周回(30km/1time)

6期 初回です
まあまだシーズンを残す選手もいるので・・・ まずはカラダを慣らす(僕はね!)
《募集》【練習クラブ 6期】
http://charipro.blogspot.com/2018/08/wanted6.html

まあぁ~ なかなか この国内事情 ロードバイクとロードレースが分離している国 その練習も当然「ロード練習」不可解な情報が溢れオーバーフローしている状況も続くんだけど モチベーションを熱くして今季も始動です

育成事業はビジネスとは対極に存在しているんだけど「夢を生む投資」先を見据えた事業って僕は考えていて ゆくゆくはカタチを変えて 有益な結果と事実として戻ってくる大切な仕事だとボクは想っている 競技者や選手 ホビーやビギナー アンダーの選手 (欧州の)プロ選手であっても「基礎基本」は決まっていて みな全てがここから この基礎の練習からから始めていて 身に着けてきてきている訳で また自転車競技には「オンシーズン」と「オフシーズン」の季節が関わるスポーツでもあり 選手は(アマでもプロでもキャリアを問わず)目的や課題があっても『オフの練習(トレーニング)』ってのを必ず「基礎基本の練習」から開始する その練習を僕らはやっています

アンダーはココ
《Wanted》Practiceclub U15 U17 Junior / 練習クラブ ジュニア班《募集》
https://charipro.blogspot.com/2018/05/wantedpractice-club-u15-u17-junior.html
(U15 U17 ジュニア)JBCF登録チーム

そうそう 次回のセミナーも絡めてるんだけど 12月からの練習クラブの練習 お試し参加 セミナーの参加も含め まってまぁ~す!

《Wanted》 「落とさない為の120分」 セミナー (12/8 sat 14:00~)c speed
https://charipro.blogspot.com/2018/11/wanted12-8-satc-speed.html

秘めたる想い 夢を抱く 熱い魂を持つ サイクリスト コンチネンタルへの挑戦者へ告ぐ


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20181105

《Wanted》セミナー(12 / 8 sat)|c speed



c speed
http://cspeed.jp/blog/presented-by-seiji-saito/

テーマ:「落とさない為の120分」
日時:12月8日(土)14:00~16:00
場所:c speed / 4F

ひさしぶりにセミナーやります! ザックリ座学 またクドイ話し クダを巻きにまいります 今回は「落とさない為の120分」 まぁ~ このへんは基本だよね この「2時間」どう走るかってのが 練習の基本かな このあたりを分解して詳細に仕組みから解説します いつもの感じで「運動生理学(内分泌と内臓)」また「解剖学(骨と関節と筋肉また靭帯と腱)」さらに「メンタルマネジメント(モチベーションと神経系統)」と「命令系統(随意運動と不随意運動)」を基に 楽しい内容で充実を目指します

みなさん是非 遊びに来てください 詳しくは c speedさんへ!
(事前アンケートにて 要望や質問など 承ったっております なんなりとください)


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20181102

Medical also Athletic|トレーナーの仕事

このタイミング さらに続く!

トレーナーの現場に このところ飛び交う「メディカル」といったワード 基は理学療法士への研修(教える仕事)から始まったパーソナルトレーナーの仕事 なのでアスレチック系のトレーナーとしてこれまで 1998年当初の頃から

職業ガラ定期購読している老舗のフリーマガジン (業界の)時代の流れと背景を検算する情報誌 なかなか深刻で解りやすい

プロスポーツの世界では常識 絶対に必要な「トレーナー」 欧州の自転車チームでも「WT(ワールドツアーチーム)PCT(プロコンチネンタルチーム)」共に世界のプロスポーツのチームでも同様で チームには GM MG スポーツディレクター 広報 コーチやマッサとは別に パフォーマンス部門には 列記と専属のトレーナーは複数名在籍している(まあゆくゆくは「僕もこの位置」に?フフ) 各部門は細分化された専門分野でのプロの仕事を担っている訳で そのトレーナーの仕事に「メディカルチェック」ってのがある まあもちろんチェックをするだけではなく 不具合があれば「治す」 パフォーマンスにつながるようなら「改善」 シーズン中の身体の事情「リハビリ」 元々の走り(基礎体力)「トレーニング」 可動域と柔軟の課題(諸々)「ストレッチング」 コンディショニングの施術よりリペアー 落車の外傷であっても同様で チェックには現状の評価から「なぜ」至る原因 選手とのヒアリングを尽くし施術 治すだけではなく再発防止と その先のパフォーマンスの向上へと 総体的な分析までがメディカルチャックになる また更に付け加えるのなら リザルトの数値と(その仕事の内容)実際の走りから測り 昨年と今シーズン ケガの前と現在 ダメを繰り返さない分析と カラダの状況(メンタル面でも)全て把握し管理しコントロールし 来季へつなげることがトレーナーのしごとなんだ

メディカルサポート U15 U17 Junior U23
https://charipro.blogspot.com/2018/10/u23.html

先日のスポーツ医学会でも多く話されていた内容と重なる内容も多く このマガジンにも記載され 著名なトレーナーやドクターのインタビュー記事にもあるように 医師とトレーナーの関わりと その重要性 また医師の言葉として「医師では治せない症状はトレーナーへ託す症例」 驚くべき発言ではあるんだけど 現場では常識として僕らは対応してきた症例にすぎず こうした医師から トレーナーの位置を明確にしてもらうことで 悩みを抱える多くの方が(伸び悩む選手 これからの選手 ケガや痛みを抱える全ての)「どこに行けばいい?」迷うことが少なくなるのかと切に想う 

まあ すべては本人次第ってことだけど フフフ

C Professional Conditioning Room
https://cprofessionalcr.blogspot.com/


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/