20181020

Performance(専門家としての仕事)|U23 トライアスリート

「海を渡る」島国を痛感する・・・

そろそろ みんながみんな ちゃんと先を考えないと「日本独自」は 世界基準がないのなら解るけど その基準に届かないことを棚上げして 自らのルールを生みだす構図は「負け犬の理論」に聴こえてくるのは 僕だけなのか

そんなこととは逆行し 先を魅る若者は生まれてくる 少しまえからコンタクトがあり ボクのところに辿り着いてくれた 水球選手からトライアスロンに転向する「U23」の選手『速くなりたい』と

まだ初めて数か月 既にレースにも出場し 上位での成績はリザルトに残してはいるものの 僕のところに来るってことは それなりの覚悟(想い)があってのことだとボクも感じとりセッションに至った 遠方からなので 頻繁に来させるわけにもいかず 中途半端にならないよう 充分に時間をもらうことができ カウンセリングから 3時間のセッション 概ね4時間 ヒアリングから開始し Fixローラーでペダリングとフォームを診て フィッティング ポジションの修正 クリートも診治し ペダリングのコーチングをVTRを視て確認しながら反復し 筋肉の部位の確認も繰り返す 少し安定したところから マットでカラダの診治しを開始する(メディカルチェック)筋肉と関節の状態 柔軟と可動域 パートナーストレッチング MMT(徒手筋力検査法 / Manual Muscle Testing)PNF(固有受容性神経筋促通法 / Proprioceptive Neuromuscular Facilitation)を用い 左右差を含め確認作業 「触診」からのアプローチでも確認し選手へ伝える 更に乗ってもらい 命令系統からの修正も施す

座学からのアプローチも同時進行しながら 解剖学 運動生理学(内分泌) 仕組みと理論 いつものクドイ話から あっと言う間の2時間が経過 次は実走にてコーチング 一緒にロードへ出る つくづく自転車は「機材スポーツ」であることを感じる と言うのも いかに身体機能が優れていても「(自転車の)取り扱い」とっても難しい! って言うことは そもそもの身体能力が(そもそものカラダってこと) いかに大事(大切)なのかと 幼少時から学生まで水球競技で身体を(練習と試合で)使ってきた選手 この短い時間での変化 そもそもの「練習」の理解が身に染みている常識から 刻々と身に着くサマを目の前に ボク自身の貴重なアップデートになり この事実は 多くのフィードバックにつなげたいと想う

施設に戻り 実走のVTRの確認を一緒に行い すべての「おさらい」 改めて理論と仕組み 現状のカラダ カラダをどう使うか 命令系統 日々のトレーニング 実際の練習 日常習慣 食事と摂取 今後の展開 これからのレース どこを魅る なにを魅るか スケジュール そもそもの全て「1から全部」教えることができた また今後については経過と共にトレースしコミュニケートする方向で セッションを終了した 今後の活躍が楽しみだ!

「トライアスロン」は世界基準のスポーツで その競技の「バイク」では 間違いなく『ロードレース』と化してきている現状 「トライアスロンを習う」では もはや不充分で全てが(3種目が)中途半端になってしまいかねないと懸念する この業界もまた この国の事情からなのか停滞が続いていることも関わる近所から聴こえてきたりと 多くは(この業界に)ボクが関わることはないにせよ「バイク」のセクションでは携わっていこうと想っている 

パフォーマンスの専門家として ルーチンの仕事 履行してきた


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20181017

Courage to

リラックスタイム・・・ 近所のサロン!

先日の「山中湖村プロジェクト」を振り返る 欧州のLive まさに現状を検算できたことは なによりの収穫で 近年そんな現場を肌で感じることができていないので 不安や狂いがあるとは想ってはいないものの 僅かでもタイムギャップがあるようでは 俺の意味もなく「常に最新」そんなことを吐きまくっている「オレ自身の確認」知識や情報だけではなく 現場で感じている温度と 負けず劣らない考えと方向性 またその課題と問題の打開策 また(欧州の)歴史から紐づく仕組みに関しては 僕からの解説(理論と仕組み)が理路整然と積極的にできたりと 実に有意義で時間が流れ 3時間の滞在だったんだけど 要の要点のまとめの概要 外枠のみだったので もっと現場の(WT PCTの選手や チームの実態 詳細 現状の)話しをしたかったねぇ~ あっと言う間の時間であったことを 染み沁み感じている そんなことからも痛感する国内の悲惨な事情 外国人からの提議と発信 その行動は感謝の気持ちと同時に 悲痛な叫びを唱える

さてうやく「今期の練習クラブ」今月末(10/28)からスタートの案内を配信 11月までの期間はボチボチなペースで 12月よりトレーニングキャンプの練習(毎週末)例年の通り2月(3月)までの予定 OFFのトレーニング「基礎・基本」カラダに染み着ける下地(地脚)を徹底的に身に着ける練習・・・ 結局今期は練習にまで至っていなかったのでボク(乗れなかったねぇ~マジで) まあ最初っから創り治す想いで臨みます!? ってことで まだ乗る?(自分に告げてます)

サポートジャージの手配も押せ押せで 今月末(10/30-11/1)にサンプルをオーダー 若干だけど注文する予定 来季はどうなるのか解らないけど 準備はしておこうかと想う まあ中途半端なことでは意味を成さないので「シロクロ」はっきりした方向で これまでと同様に臨む! まあ来季「U23のプロジェクト」が滑り出すので 仕組みとしては その傘下ってことになる「U17(15歳16歳)ジュニア(17歳18歳)」を送り出す場所として機能することになる訳でぇ~ 仕組みがあっても 乗(載)っかってくる子(選手)がヒヨっている もしくは知らない または解っていない そんな事情の打破に このプロジェクトの存在が相乗する機能になるはずだと信じている

情熱とエネルギー溢れるフランス人選手との会話から 多くの勇気と希望をもらい 充電とアップデートができた まだまだ手詰まりなことはなく 攻めの姿勢でまいります 

勇気を与える仕事の履行に 尽くします

ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20181014

育成計画|to Continental

山中湖村へ・・・

数日前からオファーが来ていて メールで四の五の言ってても? ってことで『明日行くから』ってことで ちょっとドライブ サクッと

まぁ~ とってもスマートな会話が弾み あっと言う間の3時間 まるで Oneレースを走り終えた気分 それも逃げを繰り返す高速での展開で 脚を使って これでもかって脚を魅せつけて! チープな国内の(日本人)選手? もはや選手なのかと? やっぱコンチネンタルへ向かった欧州の選手との会話は とっても新鮮で 懐かしい想いすら感じるくらい意気が合う 欧州で繰り広げられている事情の検算も まさにスラスラと とっても気持ちよく僅かな狂いなく線の上をトレース まるでゾーンに入るかの如く

まあ僕は『選手の管理が専門』なのでトレーナーとかコーチの立場で関わって行こうかと想う 「手を掛ける」育成に関しての見解や想い 姿勢や歴史について無駄なく合致 そうそう そもそも自転車レースの その選手 欧州だろうが どこの国の選手だろうが 選手が選手として育つ環境が違う訳もなく 僕だって彼だって話しをしていて「くいちがう」ことなんか一つでも僅かでもなく おなじところを魅て勝ち上るレースを積みかさねてきて来た訳で その「おなじ」この国内の事情では至っていないことから そんな話しをしに来たって訳だ 「ではどうする?」その具体的な動きに参画するために声が掛かったってこと

まあボク的には いつもみんなで話しをしていることを 唯々話しをしてきただけなんだけど あまり愚痴っぽくなく(笑) これから始まることは決まっていることで 物事も建設的に積まれてきていて ボクの立場で携わってまいります 追々報告します

コンチネンタルへの挑戦者へ


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20181012

メディカルサポート|カラダの診治し(U23)

すっかり自転車後進国になってしまった国内の自転車レースとその選手 まあでもそんな環境下でも夢魅る選手は(少数ではあるが)生まれてきていて 僕のやってきた(やるべく)仕事も生きてくる「生まれて生きる」サイクル 細々だけど確立している仕組みは意味を成す

今季もシーズン終盤 ようは来季を考え準備する時期ってことになる

まあやってきたことは「相変わらず」同じことを繰り返しているんだけど アップデートの加速は目が廻る視界の限界で積みかさねてきているので ようやく妥協のない品質の提供が可能となってきた フフ

「来シーズンの準備」途上の選手(またはそう想う選手)の 才能に関わる作業でもあって 常に次のステージ向かう姿勢と履行に向けての実行 まあ そもそもの目的と目標の問題もあるので「才能に関わる」まさに そう言う話しになる訳で・・・ まずはヒアリング「喋らせ聴く」作業から 今季のレース内容を徹底的に話させ 詳細を突っ込む 走りの状況を具体的に ギア比やスピード(「11T(スプとケットトップまで使って)フラットを走れているのか」など細かく) (実際のレースで)集団での動きや展開 それぞれのシチュエーションでの感情と感覚 その時の想いなども詳細に探り聴く また話している時の選手の状態を観察 口調や感情と その練習内容も同調し尋ね 存分に吐き出させ 僕が把握できるまでコミュニケートする! ここまで時間を使うと選手自身 自分の課題が客観的に把握でき「ああすれば」「こうしてれば」「次は・・・」これから『やるべきこと』の納得と 現状のカラダのことと練習と レースでの走り『じゃあ どうする?』 まあこのあたりこそが選手の才能ってことで この先が僕の仕事ってことで 至ってスマートなメディカルサポートの入り口『すべて「診治す」』ココから開始し全部診る

機材を扱うスポーツであっても そもそもは「カラダ」で扱う訳で そのカラダを診る入口を明確にし「診たて」が始まるんだ ココから先は「カラダを診る」 筋肉と関節の状態 柔軟と可動域 パートナーストレッチング MMT(徒手筋力検査法 / Manual Muscle Testing)PNF(固有受容性神経筋促通法 / Proprioceptive Neuromuscular Facilitation)を用い確認作業(数値やデータからも) また「触診」を ヒアリングの状況(事情)から重ねて診る 筋肉の状態の把握と確認 各部位についても 特に「左右の差」 選手とコミュニケーションを交わしながら 選手自身も「触ることで解る自覚」確認することもできるので 走りに直結 練習の結果に直結するイメージ また不具合に対してのアプローチからも これからの選手に対してのアプローチは「その先を読むアプローチ」が必要となり 実際には国内のレースとは次元の異なる負荷に対してのカラダ 実質の高速(フラット・丘陵地帯)での展開に対してのカラダ そのための準備(メンタルマネジメント)の植え付けも大切で 伝える必要があることは 解るように伝え また伝える必要がないこと(僕が把握できていればいいこと)は 僕の中で暖め分析を重ねつつ(僕の脳のデータベースに保存) 実際の動きから脳の命令系統の確認へ移り 具体的な筋肉の部位と左右の差と 動きのスピードから筋繊維(Type1 Type2a,b)の使い方も見逃さないよう確認する (今季始めの)OFFの練習からシーズンに入ると 細かい確認ができていた(随意運動・不随意運動)も (シーズンに入り)レースで負荷が掛かり始めるとどうしても雑な方向へと向くので そのあたりの修正から 使えなくなっている理由の分析 また原因を探り 日常習慣(実際の練習であったりレースでの選手の生活)まで診治し 運動療法の適応 トレーニング法から修正し「本丸は来季」選手の目標次第ってことになるんだけど 前回書いた記事(取説|経路)からの「そもそも」であれば 目指すは頂点ってことだよな フフフ

「カラダの不具合」修復 治すには時間が掛かる 完治の治療と 完治しない治療もあって どちらにしても時間が必要で(脳からのアプローチも必要) 時間を掛ける必要がある なにより「治す」には『本人の意識』が重要で ケガなのか不具合なのかの見極めは絶対で その処方 ようは「やるのか やらないのか」って どこまでやるのか その必要ないと自分で決めるなら 僕の出番はないってことで そもそも「トレーナー」仕事 この国の自転車レースでは無用な役割? トレーナーが必要なところまでのレースや練習に至っていない証しってことかぁ~(涙)実際には!

社会人の選手だって 乗ってるだけで強くなっていかないのなら 速くなりたいと真剣の想うなら カラダからのアプローチが必要なんだよなぁ~ ただ乗って厳しい練習だけで楽しむよりも カラダそのものから機材との合遊 おもしろいと想うんだけどねぇ~

『コンチネンタルへの挑戦者』アンダーの選手へ向けて「メディカルサポート」してるので 来てね!


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20181008

取説|経路

始める原点が まるっきり違う・・・   
そもそもの「目標」の話しで 向かう路が異なれば 永遠に到達することはない
先に行われた 2018年 世界選手権 自転車ロードレース 写真はエリートのメダリスト

国際自転車連盟(UCI)の傘下に全ての国があって この日本も「UCI」の仕組みで自転車競技(レース)の運営がなされいている(仕組みは下記) 自転車レースを始める年齢からトッププロまで 幼少時青年期までは年齢で区分(制限)され チームはプロアマ各カテゴリーに定められて 目指す先はピラミッドの頂点となり 自分の位置(レベル)は明確に自覚しながら勝ち上る仕組みができています

【制限とカテゴリー】
・U15 13歳 14歳(U15のギア比制限) 
・U17 15歳 16歳(U17のギア比制限)
・ジュニア 17歳 18歳(ジュニアのギア比制限)
・U23 19歳 20歳 21歳 22歳(エリートへ所属する選手もいる)
・エリート(プロ) プロコンチネンタルチームに所属 ワールドツアーチームに所属

「プロ自転車選手」とは プロコンチネンタルチームに所属している選手と ワールドツアーチームに所属する (契約)している選手のことを言う この2つの(カテゴリーの)チームに所属していない(所属できない)選手は全て 年齢関係なくアマチュア選手ってことになる

【UCI WT / ワールドツアーチーム】(WorldTour Teams) 18チーム(所属24名以上)
【UCI PCT / プロコンチネンタルチーム】(ProContinental Teams) 28チーム(所属16名以上)
【UCI / コンチネンタルチーム】(Continental Teams) 180チーム(概ねの数)
【クラブチーム】 各国 地域やショップ 企業が運営する 自転車チーム

【UCI レースカテゴリー】
ZLM Tour (Nations' Cup)|Loir-et-Cher

仕組みは こう! PDF

自転車レースは「U15」から始める ようはビンディングでレースを開始し「勝った負けた」を始める年齢(13歳 14歳)ってことになる 楽しみながらの自転車から 自転車レースを競として移行する年齢で 才能の如何は問わず「(子供たちが個々に)選手になりたい(プロになりたい)」と目標に自転車選手になる時期ってこと 自転車選手を開始する年齢 そんな時期ってこと! この時点では幼少時期の「才能はヤル気」フィジカル面での才能は「これから築く」 体格での才能を測る時期ではなく (子供たち)選手の気持ちで 大きな目標へ向かう気持ちが大切 この大きな気持が才能になる(まだ成長過程の体格差も大きく)速い遅いではなく 勝った負けたの勝負を楽しめることが重要で「負けたくない」「勝ちたい」「どうやって勝つ」そんな想いを抱くことが大切で そのための厳しい練習へ臨む勇気と信念を少しずつ養う こうして子供たちが「プロを目指し」自転車レースを始める

レースを始める全ての選手は 地域のレース(domestic)カテゴリー「3」から アンダー(U15 U17 ジュニア)であれば「Junior」から まさにイチバン下からってことになる(仕組みを参照)

まあでも 皆がみな 選手街道まっしぐらって訳にはいかないのも当たり前で 勝った負けたが合わなくってやめていく子だって少なくなくって また 厳しい練習が嫌で またできなくって 結局は強くなっていかなくって(レースで上位で走れない)おもしろくなくなってやめていく子も当然いる また他のスポーツからの出入りがあったりと でも「自転車ロードレースの選手」は間違いなく純粋に子供たちが夢を魅る職業であって ロードレースは漏れなく世界のメジャースポーツでもある そのトップ選手は憧れそのもの レースでの華やかな活躍だけではなく 富を得た私生活も 他の(メジャースポーツの)トッププロ選手と同様に とっても魅力敵なスポーツだ そんな選手になりたいと その職業に「プロ自転車選手」があって 子供たちが夢魅る職業ってことになる(欧州でのプロ自転車選手) なので「才能が有るから始める」そんな子供はいない 『何になりたいか(何を夢を魅て目指すのか)』を明確に抱くことが才能ってことになるんだ そうでなきゃ 厳しいレース そのための追い込んだ練習は続かない

「ギア比制限」機材スポーツである自転車競技 発育過程の子供たち(自転車の)使い方次第では「カラダを壊す」ことになりかねない 脚(カラダ)に過負荷にならないように 2年刻みでギア比(コグ重たさ)に制限を掛けて 重たいギアをチカラ任せにならないよう(制限)定められている(要は軽いギア) 体力差(発育の差)に対して イコールコンディションにもなり また(自転車の)機材特有の『脚はまわす』この基礎基本から 選手としての(全身の)カラダ創りを 世界共通の制限の基 レースと そのための練習を イコールコンディションでやれる とっても潔いスポーツなんだ

自転車レースの基本|U15(14歳以下)ギア比 2.8!
https://charipro.blogspot.com/2016/10/u15-28.html

2年刻みの必要性・・・ いくつかリンクを貼っているので参照ください!(繰り返し書いていることも多いんだけど あきずにご覧ください) その頂点のカテゴリー 自転車レースには「体格によるカテゴリーはありません」ただ単純に『エリート』このカテゴリーに全ての選手がいて 体格に関係なく 自分の得意な走りで勝負できるプロスポーツ 2年を刻み勝ち上がった先 U23(エリート)に達した以降「伸びる」選手を育てる仕組みだ 

レースには大きく分けて2つ ①ワンデイレース(1日のレース) ②ステージレース(ツールドフランスなど数日間の総合で競うレース) またそれぞれのレースの中での「選手の役割」があります 仕事の分担てことになるんだけど・・・ 幼少時期に始めた自転車レースでは「レースは自分が勝つために走る」そのためのレース そのための練習をして結果を刻む! 勝ち上るにつれてチームに所属するに従い 各チームでは「チームの作戦」でレースが展開するようになってくる そうなってくると「個人では勝てない」そんなレースが増えてくることになり 自転車レースは「個人競技」なんだけど 「チームの戦略」を基にレース展開をするように いわゆる「(レースでの)仕事の分担」そんな走りが要求され その頂点にプロチームの存在があるんだ!(簡単に言うとね!) 幼少時期に散々走った「勝つための走り」どうやって勝つ どうしたら勝てるか その培った走りを チームでの仕事につなげる訳なんだけど プロチームでは(分担された仕事のひとつとして)エースを勝利させるための走り「アシスト」と言った立場で担い走る ガキの時から「勝つための走り」を身に着けた選手は勝ちかたを知っている訳で なのでアシストとしてエースを勝たせる走り 勝ちに導くことは 教えることなく解っているってこと 自分が勝つための走りを熟知していればこそできる走り 頭脳と脚をまわしながら「レースの先を読む」能力とチカラで エースの走り図りながら 分担された仕事の履行を担う プロチームの醍醐味 エース以上にアシストの走りは とても魅了する走りとなるんだ

『どこから伸びるかは解らない』 育成の原点「(結果はどこなのか)結果を早時期に求めない」 U15 U17 子供たちのレースを繰り返し とにかく勝つためのレースと そのための厳しい練習を積みかさね 欧州(フランス)では 年間6.000以上 各地域でレースが開催されているので たくさんのレースを走ることができる(しっかりと間違わない練習を積みかさねたうえ)とにかくレースを走り 何度も何度も勝負を繰り返す レースを走らないことには何も生まれてこない どんな結果でも その答え なんらかは生まれてくるはずなんだ! ジュニアカテゴリーに入ると「プロを目指す選手」当然絞り込まれてはくるものの どんどんレースでの闘いは厳しくなり ギア比制限の基 各選手たちはプロ(になること)を意識してレースと練習を積みかさねる仕組みで 所属するチームは当然アマチュアのチームであっても レベルの高い(UCIの)レースに出場するチームも少なくなく そんなチーム 地域でも(大小)競合とされている名門チームであっても 受け入れ態勢の門扉はオープンで(U15 U17)での成績が乏しくとも加入させてくれる まあ(通う)学校があるので当然 自分の住む地域ってことにはなるんだけど これだけのレース数があるってことは それだけチームもあるってことなんだ! こと国内の風習では「早期に強くなる」ことが注目(美徳と?)されているけど 実際には(最終目標は)「プロになる」「プロで活躍する」到達点での結果が目標な訳なので ガキの時分に強くたって『プロになれなきゃ意味がない』 なので急いで強くなる必要はなく ようは どこに結果を魅ているかってことになる

「U23(19歳から22歳)」4年間『プロを目指す期限』 高校を卒業する時期 世界共通に大学へ進学する進路ってことになる 人体の生理学的な発育として「成人になる年齢は20歳」 体格と発育過程を考えて(個人差も考え)22歳には人体の生育(カラダの成長)は止まる測る 人体の構造的には(成人に足したと)決まっている年齢が 個体差をを考慮して概ね22歳(この先 生体の成長はしない期限) ジュニア(17歳 18歳)から上がった選手は(U23となり)「ギア制限の解放」され エリートと同じ条件でレースを走ることができ 当然エリートが出場するレースに出ることができるようになり プロを目指す選手は この4年間(U23)で「結果を出す」 生体が完成に達する手前まで その期限がこの4年間 この期間で結果が出せなければ「プロへは行けない」とてもいいケジメのカテゴリーで ようはこの4年間で「プロになれなかったら」選手を目指すことは終了する もう諦めろってことで 学生に戻るか 一般の社会人へ進めって言う ケジメをつける明確な分岐点になる U23以降 選手として走っていても「もうこれ以上は伸びない」 22歳の時点で走っている以上の成績(それ以上良い成績では)走れるようになることはないってこと 世界共通の解りやすい分岐点になる! まあでも ジュニア時期に「WTチームから声が掛かり」U23からプロ入りする選手もいたり(先の世界戦のジュニアで勝った選手も) またU23初年度で早々に結果を出し即プロ入りする選手も・・・ その結果を出す場(最も代表的なレース)ってのが現在「U23のツールドフランス」と言われている『ラブニール / Tour de l'Avenir』の存在がある (世界共通の)プロ入りの登竜門になる! 各国のプロを目指す選手は このラブニールでプロチームのスカウトへ向けて猛アピールをする場となっている そうでも既にこのレースに出場する上位を陣取る奴らはプロチームに所属している選手がいたりと もしくはその(プロチームの)傘下のチームで走る選手も少なくなくって だからこそ「そんな選手をやっつけに行く」無名の選手が 脚を見せつけに行く絶好のレースなんだ だからここへは「プロを目指す奴ら以外は出てこない」(※1) まあでもプロのスカウトの「目」は厳正(先まで見測る目)で リザルト以外の走り(アシストの走りなんか)本質の伸びシロまでしっかり確認しているので プロ入りしてから伸びる選手の脚も確実に見ている(実際にプロ入りしてから伸びている選手 データから確認) なのでジュニア時代の成績だけではなく またU23でのレースで直接結果につながっていない これから伸びる選手は 焦らなくても その走り(実力)が(気持も含め)攻めの走りを実践でき「何度も逃げを繰り返す」「捕まってもまた行く」『絶対に逃げ切る!』そんな強い執着と実際の走り そのための走り その練習と そんな選手の走りは プロのスカウトの目に留まらないはずがないんだ なのでまさかプロを目指すことがない選手が(プロを目指していない選手が)このラブニールを走ることはなく(※1) また「勝ち逃げに乗る」などと 他の選手がが仕掛けた(創りだし逃げる)レース展開に たまたま乗る?とか「勝ち逃げに乗れなかった」とか? そんなことを考えたり想ったりする選手も このラブニールに参加(出場)することはないんだ ラブニールは「将来のスター選手(全てのプロ選手)」の原点ともいえるレースってことなんだ!

「コンチネンタルチームの位置づけ」プロを目指す いわゆる「U23」の選手が(プロを目指す)チームサポートを受けながら(UCI)ツアーを転戦し走る場所 もしくは プロチームとの契約を終えた(または契約ができなくなった)選手の次のステージ(職業選手)としての場 (プロから)戻ってきた選手が その経験を れからの選手の育成と伝承する場であったりと コンチネンタルチームの役割は非常に重要で大きく その先の責任も担っている もう少し詳細に説明するなら「アマチュアチーム」の存在 地域に密着した地元に根を張った組織になる コンチネンタルチーム以上に資金力があるチームもあり 地に脚を着けた地域のアマチュアチームだからこそできる「選手育成」が成されていて 走る選手の中には プロチームから解放された選手が 育った地元へ戻ってきていたりとか「(プロになった選手が)自分がそうであったように」(戻ってきた元プロ選手が)伝承を繰り返される場が このクラブチームの役割だ まあアマチュアチームから直接プロ入りする選手もいるけど (プロを目指す選手を)ツアーを転戦するコンチネンタルチームへ送り出す大切な役目が こうした地域のアマチュアチームの位置づけになる! また WTチームとプロコンチのチームの申請には UCIの厳しい(スタッフ 選手 財務 資金 運営など)審査があり簡単には立ち上がらなく でもアマチュアカテゴリーに位置するコンチネンタルチームのUCI(登録)申請には 各国の審査に任せられているため チームのレベルや組織については様々だ 総体的に自転車後進国ほど(?)コンチネンタルチーム数は多い傾向? まあ欧州では「クラブチーム」が熟成していて コンチネンタルチームよりもはるかに財政に富んでいるケースが多く いい選手を輩出しているチームも少なくない! またプロ選手の育成の場として WT PCTの傘下に位置するクラブチームも多く 勝ち上る仕組みが解りやすく明確に成り立っている! そうそう こうしたチームに携わるスタッフ陣も地域どうしの連携は深く 才能のある選手の情報や これからの伸びる可能性の選手の情報など また逆に悪い選手の情報なども 横のつながりの強固な仕組みもまた確立されている

さてでは この国「日本」では・・・

強気の走りで勝ち上がる
http://charipro.blogspot.com/2017/06/blog-post.html
アンダーの選手|U23 ジュニア U17
http://charipro.blogspot.com/2018/08/u23-u17.html
本筋についての見解
https://charipro.blogspot.com/2018/09/blog-post_14.html

日本国内には プロチームがありませんので(国内のチームは「UCIコンチネンタルチーム」なのでアマチュアカテゴリーのチーム) また(欧州へ)プロへ勝ち上る仕組みもありません UCIの仕組みとはリンクされていない独立した展開 基本「JCF(日本自転車連盟)」の傘下に組織されているんだけど 各組織は独立して展開 運営がされている

【日本のカテゴリー】
・JCF(日本自転車連盟) 全ての選手は選手登録が必須
・実業団連盟(JBCF)Jプロツアー 「P(プロ)カテゴリー」「E(エリート)カテゴリー(1.2.3.)」
・大学生自転車連盟(学連) 大学の自転車部
・高校自転車連盟(高体連) 高校の自転車部
※JCF登録とは別途 各連盟に別途登録が必要(学連 高体連 実業団 重複登録はできない)
※学連 高体連 ともに加入していないアンダーは JBCF登録ができる

この上記の日本のカテゴリーから 冒頭に記述した「日本もUCIの仕組みで・・・」 実際には『(日本で行われる)UCIのレースのみ』ってことになる 言い換えれば 日本で開催されているレースの仕組みは「日本の仕組み」 学連や高体連は教育機関(学校主体)での仕組みで JBCFは自転車メーカーや関連会社(自転車工業会)から成り立つ仕組みで運営されていて 基本方針には「日本独自の仕組み創り(2018年度事業活動方針 PDF)」と UCIとリンクさせる方向ではない「(日本)独自の路線」でレースの仕組みつくられ運営されている

UCIとはかけ離れた まったく独自の仕組みで自転車レースが展開されている訳だ この仕組みは 僕が自転車レースを始めた当初から変わらない仕組みで 当時から(14歳の自分でも変だと想った)直接リンクしていない上記4団体の仕組み! 反対に世界では 刻んだ時間を経て 練り整理し組みなおしてきたUCIの現在の組織と仕組みがあって この国内の仕組みは「時代遅れ」そう映るのは僕だけなのか?

世界共通の仕組みがあって なぜ日本は同じにできないのか? 不思議だ!

高校の自転車部へ入って「インターハイを目指す」 大学の自転車部へ入って「インカレを目指す」 Jプロツアーのチームへ入って「プロと称する」 ここに所属するアンダー(U15 U17 ジュニア U23)は「ツールドフランスで勝ちたい(出場したい)」そう想う選手は所属していない? まぁ~『魅ている場所』ぜんぜん違う!? ってことは当然「プロを目指す」ことのない選手が所属する場所ってことだな! それぞれの場所(この4団体個々)に原因があるのか? それとも選手個人の問題なのか? この国の問題なのか? 間違いなく言えることは 世界共通の仕組みがあって この国は従っていない事実がある 

インカレを目指している(学連 / U23)選手をラブニールに連れていったって プロを目指している訳じゃないんだから(※1)走れる訳もなく 既に「(日本で)プロと語る選手達」世界を目指すことはなく そんな国内の選手の事情 自転車レースを始める(U15 U17)子供たち どこを目標に? なにを目標に? 唯々単純に「ツールを目指す」「プロになる」そうはならない? なんでかなぁ~ やっぱ選手自身 子供たち自身・・・

とは言え この日本でも こんな実態を承知しながら 日本代表監督 Nippoの関係者 またUCIの仕組みで育成を目指している団体とその関係者の存在はあって 国内の事情と選手との温度差はあるものの思考錯誤してきていて 僕もまたその中に身を置いている 世界を目指す選手だって(この日本にも)確実に存在していることも事実で (各所で)育成はタイムリーで履行中であることも事実 でもその選手数は多くなく 「目指す子供たち」は減少してきているようにも感じる現在 この10年 世界の壇上へ選手を(1人も)輩出できていない事実と 手の施しようがないのかとも感じています

まあ「ケチ」をつけている訳で この国の組織を変えるには「政治」が必要になるってことで 手を着けることはできないにしろ 本当に為す術がないのか考える 


(※1)世界からプロを目指す選手が勝負しに来る プロへの登竜門のレース プロを目指していない選手は参加していないはず・・・


【20181012】追記
この記事には あえて「競輪(公益財団法人 JKA)」については触れません 根深い事情の説明に至らないと判断し 載せませんでした


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20181005

「取扱説明書」製作中|プロ選手

壊れそう・・・ フフ

「取説」みたいな 少し長い作文を書いているんだけど 書くだけ書いて 結局ださない だせない? そんな作文 書く必要があるのかとも 考える

その先を魅る 取説


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20180929

2018世界戦(U23)|実態の検証

「途方に暮れる」(方法や手段が尽き どうしてよいか解らなくなる 路に迷って どうしようもない 迷う)

待ってても来ない・・・

昨夜 バーボンの肴に ”World Championships  U23 Road Race" まあ仕事として検算作業

この1週間 欧州オーストリアで開催されている自転車レースの世界選手権 ロードレースとTT(チームタイムトライアル・個人タイムトライアル)それぞれ男女 アンダーからエリートまで各国代表選手が「世界イチ」を闘うレース もちろんエリートはトッププロが代表ってことなんだけど 見どころはそのトッププロを目指すアンダー 「ジュニア(17歳 18歳)」と「U23(19歳から22歳)」のレースだ でも実際には 既にプロ入りが決まっているジュニアの選手であったり もう既にWTチーム(ワールドプロツアーチーム)に所属して活躍しているU23の選手がゴロゴロしている実態 そんな中 まだ声が掛からない選手が「我こそは」と気持ちを勢いにガチで闘いに来ている奴らが トッププロのスカウトの目を誘うように その走りで猛アピールする場と化すレース おもしろくない訳がない もちろんここには 日本代表の選手も出場しているものの 全員が完走すらできない

本筋についての見解
http://charipro.blogspot.com/2018/09/blog-post_14.html
アンダーの選手|U23 ジュニア U17
http://charipro.blogspot.com/2018/08/u23-u17.html

UCI(国際自転車連盟)Live 配信されている映像 解説からは「ラブニール(Tour de l'Avenir)」U23のツールドフランスと言われている位置づけのレースの話しが連呼され 未来のトップ選手がココから生まれている話が繰り返されていている U23のレース 結果(リザルト/result)前に前へと展開するレース 集団ゴールなどありえなく トップはバラバラで寸分狂わず実力の差で勝負が明白シロクロはっきりだ この(勝負の)場所に 参加するなど 完走もできないのなら「勝負にならない」情けない以前の話しで その結果ってことだ まあそもそも この国内(のアンダーの選手) 目指す場所が異なっている? 魅ている場所が違う? そもそもの問題ってこと? ん~ 

この国内の仕組みに「一筋の光」を期待したものの 若干の曇り加減? いや多分若干ではないことも・・・ なんとかしないとならないんだけど どうにもならないのか? 指を咥えて待っているなんてできない

まあ 諦める選択はないので 弱音や泣き言を囁きながら 周りを巻き込み 攻めの姿勢でまいります


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20180927

質の高いソフトの提供|Akasaka and Jingu

ん~ もう1ヵ月・・・

昨日スタッフの(可愛い)女子から「改装工事は何時までなんですか?」って声をかけられて・・・ 『ん?どうして?』「戻っちゃうんですかぁ~」『ん?』「このままいてくれないんですかぁ~」って ココロがザワつくぜ!

「神宮の施設の改装工事の期間(1ヵ月)」でのサポートをお願いして ”NEXT Akasaka – base”さんへ『今日言って明日』みたいな緊急対応にも関わらず スピーディーにスマートにサクサクとスキームも創ってもらい とっても好意的に迎えられ オペレーションに載せることができ早1ヵ月 こんな素敵な出逢いと関わり つなげていかない理由がなく

しかしこの1ヵ月間 なんで?って想うくらい物事が動いて 視ている先も脳細胞も渦を巻くようだった まぁ~濃いいい時間が猛スピードで負荷が掛かり刻んだよねぇ~(汗) まさに綱渡りをしているにも関わらずトラブル的なことは発生せず やっぱ僕は恵まれていると 身の周りの環境に感謝の限りだ ホント感謝だ

とりあえず10月より神宮に戻る組と 既に「赤坂で」と要望も戴いているので そうそう赤坂のスタッフからも「色っぽい呑みの誘い」まだ行ってないし フフ! なん年かぶりに「移動」を含めた活動となるんだけど 神宮と赤坂なので まぁ~近所 赤坂にはパワーラックがあるので この1ヵ月 シャフトでのトレーニングも始めているので 無駄な時間はできない算出 「動かなければ なにも始まらない」 多くのみんなを巻き込んで クオリティーの高いソフトの提供 目指してまいります

まだ途中経過|研ぎ磨く修行
http://charipro.blogspot.com/2018/09/blog-post.html
Begin in at NEXT Akasaka base|Ride on Operation
http://charipro.blogspot.com/2018/09/begin-in-at-next-akasaka-baseride-on.html
コーディネートの仕事|スキーム創り
http://charipro.blogspot.com/2018/08/blog-post_22.html
NEXT Akasaka – base|施設提供のサポート
http://charipro.blogspot.com/2018/08/next-akasaka-base.html


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20180923

医学会(ケガと治療)|トレーナーの位置

「第1回 東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム」
https://tokyoism-innovation.org/

初っ端 英語から始まる医学会・・・ アメリカでの修行時代を想いだす 不思議と慣れるのには時間は掛からなかった?フフ さすがにココへ来ている奴ら 自然に対応している この医学会は そう言った類のところってことだ

「スポーツ整形外科分野で、プライベートのスポーツ整形外科クリニック主導による日本初の国際学会」こんなコンセプトで 海外で国際学会を主催しているプライベートクリニック「Fortius Clinic」①アスリートの視点に立つこと ②しっかりとした長期的ビジョンを持つこと ③未来に向けた革新的な内容にすること まあ要は『治療』について説く医学会ってことで アスレチック系トレーナーとして参加させてもらいました

まぁ~ 日本語でのプレゼンは(多少)あったものの パネル(スクリーン)に日本語表記はなく 通訳もいない これだけの理解が(当たり前)できる方々が出席しているってことで しかもスピード感はマジで容赦なく「着いて来い」感バリバリ 先生方々は限られた時間に可能な限り多くのことを言い切る攻めの姿勢 スクリーンも瞬きできない程で 僕も気後れしている場合じゃなくって 必然と気合 集中力が増す攻めの態勢で! 今回冒頭から「(医師より)トレーナー」の言葉が言及し連呼され これほど医療の中での治療に関して 医師から発言されるトレーナーの地位が確立されていることには 本当に驚き魅了した

朝から始まったプレゼンは ほとんど隙間なく次から次へと進行され まさかのランチョンディスカッション?「喰いながら聴け」(コレってマジ?(笑)) 医療現場での最先端の講師陣 各分野でのスペシャリスト スポーツ医学の指針 メディカルサポート 海外での(クリニック・整形外科)事情 現場での安全 チームサポート 脚 ヒザ 腰 頸椎 肩 ヒジ(各専門家) 最新の再建手術とその見解(手術の具体例) 痛みに対するアプローチとして(エコーの進化から)対衝撃波 PPP ヒアルロン カテーテル 多くの現場での具体例から・・・ 終始全員が断言していることに「患部だけ診ていても治らない カラダ全身を診る」「コンディショニングの重要性」(いつも俺が言っていることじゃん「自画自賛」まあまあ) まあこのあたりは当然のことだけど 改めて検算ができたことは自信に直結することができた そう ペイン治療のスペシャリストの先生に至っても見解は同様で カラダ全身を診ることの重要性「痛みの除去はできても 全身の見治しができなければ完治には至らない」 また治療には「医師とトレーナーとの連結は絶対」トレーナーの存在は不可欠であることも何度も何度も このことはスポーツの現場では絶対であることを各先生方が繰り返す それとこの日本では まだまだトレーナーとの連結が不十分であると指摘 トレーナーの重要性が至っていないことにも言及されていて ボク的には想定外の展開(?)これほど医師からトレーナーの立場を言及され語られる喜びとでも言うのか やってきたことの意義が報われ?大げさ(笑) しかし スーツ姿の中に いつもの感じの僕の姿は場違いそのもの「いったいこいつは何者?」 ん~ そんな視線はたまらない醍醐味だった フフ 

ぶっ続けの10時間がすぎ懇親会へ入る さて本丸! 今回座長を努められた熊井先生の乾杯から 唱和が終わると先生へ忍び寄った 「トレーナーのサイトウです 始めまして 自転車のぉ~」とチラシをビジネスカード代わりに手渡すと即みて戴き 僕の挨拶をさえぎるように先生からお話しを JCF(日本自転車競技連盟)医科学部会長も務められていて「昨日ちょうど連盟(JCF)の会合があって 2020年の配置を考えていたところなんだけど」と(早稲田大学スポーツ科学 学術院教授 整形外科 医学博士 熊井 司先生) 厚かましくもサラッとプレゼン 少しもろもろの会話もはずみ 今回の最重要仕事は完了! 目的は果たしてきた

まあしかし 語学のスキルは向上させないと使えないと痛感! 講義と言っても教える場ではないのでレコーダーで録音することなんかもできず(テープ起こしするヒマもないし)聴き逃さないよう 解らないワードはスマホで検索しながら(泣) 先生によっては(テンション上がってくると)日本語と英語がMIX もうはや「何語?」話してんだか判断できないくらい脳で聴くしかなく(笑) ホント脳が冴えたよねぇ~ マジで久しぶり! 集中力を極めた感バリバリ 久しぶりの学会 こうじゃなきゃ フフフ 

結局 懇親会では呑まず岐路へ 途中の麻布十番で引っ掛り 余韻に浸りながら呑む・・・ 僕らの立場「トレーナー」と「治療」を改めて客観的に考え戒めることができた 研ぎ磨く 次につなげます


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20180921

reading is sexy |僕の時間









ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20180918

How long is it in Continental

開拓した環境も2週目がすぎ 心地よさも戻りつつ 終盤にさしかかるシーズンを ようやく考える時間を隙間に埋め込む

20歳代前半のルーキー選手が グランツールの最前線でガチンコ勝負している姿は とっても魅せられる 「いずれは日本人選手も」と 想えば考えるほど 気が遠くなる現実とは別に(本筋についての見解) 眼の前の仕事の履行に尽くす限りなんだけど 仲間と共に今季は動き転戦し ある意味楽しみながら焦りようがない事情も叩き付けられ まあでも少し現場に戻ってきた感もあったりと なかなか劇的な想いで時間を使ってきたシーズンも終盤となって 3月から夏を通って来て「練習」を教える厳しさとでも言うのか 極々簡単にやってきた走りを伝える難しさを痛感している 「練習を教える」「走りを教える」(KINAN AACA CUP|Live中継(実況に参戦))その検算作業からは 新しい何かが生まれてくることはなく 至って足りていないことを「どう教える(伝える)か」に尽きる事実だけが浮き彫りになる 脳を白紙に洗いなおす時期なのか

まあボク的には 特別自転車が好きなわけでもなく 乗ることも好きではない訳で 自転車レースだって 走れなければ(想った走りができないとか 遅い)ちっともおもしろくないし じゃあ「自転車レースの魅力」ってなんだ? 『ガチで勝負する感覚 速く走れるようになるとき 強くなっていく感覚 勝負に関わる瞬間 勝った負けたの駆け引き 強いとか弱いとかの差 乗り込んで疲れた感覚 脚がいっぱいの時に更に行く感覚 着いてていっぱいで切れそうな時に更に行こうとする想い 速くて強い選手を目の前に勝とうとする想い(きりがない)』こんなシビレル感覚の中毒だ こんな想いのためだったら やりたくない練習をカラダがぶっ壊れるまでめいっぱい走る しぬほど乗り込む 嫌いな練習でも徹底的にやる 好きじゃない自転車に乗りたくないけど あんなシビレル感覚を求め禁断症状のよう 強固の「執着」 コレって教えることなのかと 自らに問う 

今シーズンも終盤 俺らしく波風を立てながら その先を魅て 唯々冷静に信念を履行するだけだ


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20180915

【オーダー受付】Support jersey 2019

来季用の戦闘着 オーダー受付 開始します!
一緒に着てもらえる 秘めたる想い 夢を抱く 熱い魂を持つ サイクリスト コンチネンタルへの挑戦者へ
アイテム(デザイン)
http://www.charipro.com/charipro/Supportjersey_2019.pdf

シーズン通して一式そろってます またグレードにつきましては UCIプロチームに供給しているランクにてオーダーしてますので 着心地と性能と 共に最高です!

試着会 サイズ合わせ 実施します
日程の要望がありましたら遠慮なく戴けますでしょうか まとめまして日程のご案内をします 

オーダーはこちらから 質問なんかも なんなりとください
http://www.charipro.com/contact/index.html
(価格 詳細につきまして お返し致します)

10月中旬ころオーダーを取りまとめ発注 納期約40日程度になります


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20180914

本筋についての見解

数年前に豪州の国営放送での(関係者が出演する)衝撃的なドキュメンタリーから The Program(疑惑のチャンピオン)が製作され 衝的な事実 現場での真実が明かされ 戒め学び得たことと 紛れもなく僕らは当事者ってことは いまさらだけど(選手と自覚した当初から)当然なことだ

プロフェッショナリズム(プロ意識)は プロ選手じゃなくったって 選手であると自覚する者ならば 身に着ける振る舞いだ 選手だけではなく 華やかな舞台裏には数多くのスタッフが 走る選手がレースに100%集中できるよう その走りをあらゆるアプローチから支え 選手の繊細なメンタルマネジメントのためのMTGを繰り返し 選手と共に闘っている! 限られた時間と膨大な金銭(費用)を注ぎ込んでチームが成り立っている 携わるスタッフ全てが個々にそんな意識を身に着けているはずだ

各チームで制作されているプロモーションVTR 世界中に配信されている多くのドキュメンタリー また実際のレース中継映像と 探しに行かないと届かない映像も多いんだけど 誰でも観ることができるVTRは溢れている もう僕は何年も海を渡ることなく閉鎖された環境で活動してきているんだけど こんな溢れかえった映像の他に 公開されているデータベースより 多くの分析や検算ができるのも「衛星」に感謝するよねぇ~ なので「閉鎖」感は若干緩和(?) 肌で感じることはできないものの 本当に多くの細かい事情が手に取るように確認することができる とっても良い時代だ! まあボクは僕で自分の仕事を こんなクダを巻ながらも「研ぎ磨く」だけ・・・ 抱える課題が 勝手に自然と環境が好転するなどとは想っても考えてもいない 指を咥えている無様なことなどもできない「電話帳から1文字づつ拾い 1ページをめくる」作業でも これまで視てきた「失敗(失敗したからよかった成功も含め)」俺たちのできることをヤル 絡まったヒモを解きながら できるだけ周りも巻き込んでいきたいと想っている

でも かけ離れてしまったこの国内の事情は レース内容の如何「選手」と「チーム」と携わるチーム運営 勘違いしたサマの発生なども 成すための意味があるか それとも本当に 欧州の自転車レースとは異なるスポーツを創りだそうとしているのか? 最新の欧州の情報をLiveで眼にしても 僕が子供の頃に魅た映像と何ら変わることがない違和感のないプロの集団(チーム) そりゃ~機材は劇的に進化してはいるものの 選手とチームで臨む生活感(チーム体制)は「勝利のために全てヤル」全部はぜんぶ! この国内 日本の体制としてプロリーグ 多くの方の知恵と努力から創られ運営され「選手が先か?箱(チーム)が先か?」? 「鶏と卵」みたいな話なのかとは想ってはいるけど 本筋から離れてしまっているんじゃないかと懸念するのは僕だけなのか・・・ 育成と打ち「JPT選手」を目指す選手を創りだすことで グランツール(ツール・ジロ・ブエルタ)を走る選手へ導くことになっているのか? 若手の「JPT選手」は先(欧州)を魅ているのか? そもそも欧州の選手を目指してはいない? まあせっかく上手く行っている「JPTチーム運営」に水を差すようなんだけど 実際には選手の実力も チームの資金力も 欧州のアマチュアチームの比ではなく 実際に「コンチネンタルチーム(国内のJPTチーム)」は UCIのアマチュアカテゴリーに過ぎず このことを表面的にクチにすると 国内リーグ(JPT チームとツアー運営)にヒビを入れることになるので 重鎮たちは声にすることは一切ないけど それでいいのか? 選手が喰える環境(チーム)があれば選手を続ける選手が増える? 本当にそうなの? 喰えてる選手 プロと称しても その振る舞い「プロごっこ」になっているんじゃん! まあ「JPTチーム」の存在は 欧州で走ってきた選手の帰ってくる場としては必要なのかとは想う また 高校を卒業した選手が欧州を目指す場として「JPTチーム」のコンチネンタルチーム(UCIアマチュアチーム)に所属し 資金提供などのサポートを受け「U23(18~22歳)」までの期間 プロ選手(ワールドツアーチームの選手・プロコンチネンタルチームの選手)を目指すための場所としては有効な存在になるのではないかと想う

つい先の国際的な国内の判例は この日本が抱える根深い問題の証しでは・・・? チーム運営が軌道に乗ることと反して 国内の選手と欧州の選手の実力差は離れるばかりの現状と事実 この事情のままで良いのか? もうこの国の自転車レースは「国内での運営に限る」と宣言しているのか? 実は「本筋から離れ」ではなく 現状が本筋に至っているのか? どっちにしても 欧州で走る選手の育成には導かれていない結果 これまでの国内の体制ではダメってことの証しが この国際的な判例として突き付けられたことになるんじゃないかと僕は想っている

既に「勘違いしている」方達(選手と関係者)も増幅してきていて チーム運営と育成に携わる方々 それぞでは頑張って尽力されているのかとは想うけど でも根本の『本筋』を考えてほしいと切に願いう限りだ 

【補足】
現状の運営を全否定している訳ではなく 欧州で走れる選手の育成が できていない理由を 僕の見解で述べています


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20180911

怯むことなく|Team MTG

記憶が飛んでる? 砕けたぁ~ ヤバッ! 

イチオウ チームミーティング 埼玉のレース(秩父宮杯ロードレース)反省会 分析と検算 現状の確認を専門的に解析してるんだけど こんなふざけた3人の顔じゃぁ 説得力 ねぇ~(笑)

いわゆる市民レース(草レース)欧州で言うなら「ケルメス」アマチュアレースのそもそもで なんでもありの個人競技 「ヨーいドン」で 一番最初にゴールした選手がイチバン! そんな個人のレース 選手個人が自分のために 自分が考え 勝負のために走ることができるレース その今日の結果に この反省会 決してバカ騒ぎできる結果でないことは言うまでもなく また深刻であることも言うまでもなく 暗闇の中を粛々と この課題に携わる(国内の全ての)奴らの想いの船に乗っている感満載 国内のレース事情「なぜ更新していかないのか?」 オーガナイズ 選手 観(魅)る側 これだけネットの情報からの映像が溢れる時代に 何故?なぜ?の疑問符ばかリ 更新どころか(間違った情報からなのか)退化している部分も多く そんな尽きない 結論が出ないクドイ話し までも少しだけど道筋が視えたこともあり 僅かな収穫はあったことで この騒ぎ フフ

さて終盤戦 次のアンダーのレースは「四日市ジュニア」 ボクの方は 10月からの練習クラブの準備(練習クラブ5期生募集) 来季用のサポートジャージのオーダーも進めなきゃ 赤坂の施設でのオペレーションも潤滑してきて 結構ボロボロ状態も回復を測りつつ 練習ベースで乗っている時間が削られる状況にも もはや慣れ? 月末には久しぶりに学会(スポーツ医学会)へ出席するスケジュールもあったりと やっぱ乗っている場合じゃない? 若干眼がくらみそうだヨ(汗) 

諸々あきらめる選択はないので 無駄脚を使うことなく 怯むことなく・・・


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20180908

才能は自分の「ヤル」で決まる


道志みち(津久井から山伏峠)での練習・・・ 東京オリンピックのコースに設定された山岳ポイントでもある地で しかもウエット 少し前のことだけど想いだす

このちょうど1年前からのつき合いになる TVのお仕事! 当初は「レース」 今回は「ロングライド」依頼内容は まぁ~厳しい? だから僕が選ばれている? そもそも自転車レースは「時間が掛かる」時間を掛けなければ どうにもならないことばかりで そもそもの下地(地脚)総体的な基礎が身に着いていなければ話しにならないことの 理論的な説明 製作P(プロデューサー)とも そのへんの話しは徹底的に説明したうえで「僕のやり方」でやることを納得(当然だけど)じゃなきゃ僕は請けない(妥協はしないので) この練習場所も僕が指定して そんなヒトコマ しかしジミだ(笑)

『チギレる時は自分で決めてる』多くの意味を含む言葉なんだけど 概ね「2つ」①キツクて離れるメンタル面 ②内臓と筋繊維の限界となる練習面 ともに深い意味はあるものの もっと単純に言えば 限界域での練習(時間と内容)ができていれば「キツイ」限界域は無限で さらに言うなら「勝ちたい」とか「負けたくない」と想う気持ちの領域の問題で『限界域』はどうにでもなる! ようは「できるかできないか」「やるかやらないのか」厳しい言い方をするなら「やれるのか やれないのか」 このことも「自分で決めている」ことだ! 僕らは「勝った負けた」を シロクロ勝負する競技をやっている訳で やれなければ できないんだったら それが才能ってことになる 

「負けず嫌い」とは 負けて泣くことではない 悔しい気持ちを表現することなどもありえない(恥) 負けず嫌いとは『勝つまでやる』 勝てるようになるまで 勝つために必要なすべてをやり 勝つまでやる・・・ プロに至っては「勝ち方にこだわる」“観ている人達が思わずこぶし握る” 魅せる仕事が求められるってこと

「プロフェッショナリズム」プロ意識のことだと僕は決めている 定められた何かがある訳ではなく 魅せるとができなければ意味を成さないことは言うまでもなく どう観えているかではなく なにを魅せたいのか・・・!

コーチやトレーナーを永くしていると 見解の同調ができない場合もあったりとで離れていく場合もあるけど ボク的には「1度でも指導した選手(練習やトレーニングでも)」は『ずっと教え子』だ でも間違っても 僕から「教えさせてください」などと言ったことは 僕から言うことはない!『俺から「教えさせてください」なんて言わないからな・・・』 まあ そんな場合は性根からになるけど フフフ

才能は自分の「ヤル」で決まる


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20180906

まだ途中経過|研ぎ磨く修行


とっても新鮮です・・・ 新米のパーソナルトレーナーだった当初を想いだす!

戻ってきた地 最初は赤坂からなので 勝手知ったる地でもある? 選手から転身した当初 まさに「喰えない時期」を経てきていて 縁あってプルデンシャルタワーの2階に新規オープンのジムができるとのことで(ワークアウトワールド) チャックウイルソンさんとの出会いから契約に至り(2001年) 最初のジムとのあ関わりが始まって「パーソナルトレーナーで飯を喰う現実」想い知ることになった地でもある

まぁ~「鼻っ柱」まったく恥ずかしい限りで ダメダメのトレーナーだったことは 今の俺を支える「恥」 生涯忘れることができない僕の証しでもあって 知識や手技 培ってきたことの自信? まぁ~安かったねぇ~ とんでもない勘違い野郎だった こんなんで飯が喰える訳もなく プロの勘違いを想いする有り様だった そんな傲慢トレーナーに 指名が入る訳もなく 継続なんかもしてもくれるはずもなく そんな現実を思い知らされ 泣く泣くアメリカへ再修行し直しへ叩き直しへ旅に出たことを・・・ 

「ドブを這い泥水を舐めながら」必死に修行し道場破りの腕試しに7年間(ミッドブレス「7年間の足跡」)打ち負かしに フフ(2006年) 『ダメは繰り返さない』分析・検算・施策・履行 とにかくゼロから(わずかな妥協をすることなく)研ぎ磨く! フリーのパーソナルトレーナーが何十人も所属するジムで モサ達がこぞって競う? 手技や指導力だけでは全然なく 目に視える「売上」「クライアント数」「満々の指導を見せる」まぁ~グロイ(笑) あからさまに競う姿は 甘っちょろいこととは縁遠く 笑顔の裏のギスギス感(トレーナーどうし)凄かった(笑うしかない?) そんなメンタル面から環境を離脱するトレーナーも実際に・・・ まあ実際 毎日ジムに来て隙間なく予約が入っているトレーナーと たまに来て しかもクライアントに待たされ 1本やって帰っていくトレーナーとでは 説明の必要がない実力差は明白 実際のセッションを重ねることでしか積めないキャリア 多く指導をすることで実力は向上する事実 売れているトレーナーはキャリアを積む実力と実績の循環となり 売れないトレーナーは なかなかキャリアを積むことができず そんな循環から脱出することができないってことだ そうそうチャックさんからの指導でも「稼げ!」まあパーソナルトレーナーの醍醐味だよね まあいま現在の国内のフィットネス事情とは若干時代が異なっていた時期だったと想うけど 僕は良い時代(パーソナルトレーナーの戦国時代とでも言うのか)に良い経験ができたと切に想っているんだ 当時の売れっ子トレーナー達は ほとんどが(ジム)経営にシフトしているかなぁ~ 僕は(ジム経営の話しもあったりと)でも「箱もの(施設の経営)」は(まだ)持たない予定 動けなくなるからね 次のステージも魅つつ

自信と実績を身に着け (若干)表舞台から離れた環境を創り 神宮外苑の施設へ拠点を構え100%自ら構築したスキームを履行しつつ現在 もの凄くいいタイミングが訪れてきたと・・・ 若干みなさんに甘えて動きが停滞してきたと感じてはいたものの 大きな動きに繋げられていない事実を解ってはいたものの(神宮外苑に来て6年余り) そんなタイミングで神宮さんの動きから(施設の大規模修繕改修工事)施設の臨時休館の事情 やむおえずのタイミングから訪れてきた縁 僕は本当に恵まれている! (神宮の施設は)「ザ昭和」そんな建物(施設)と運営(すみません そんなところだから僕が選んだんだけど) そう こんどはココ 赤坂のど真ん中に構えた最新の設備とスピード感あふれるみなさんがいて バイリンガルな空気感も ホント心地いい限りだ そしてまたこんな掲示が再び! ん~ ココロが引き締まる想いだ! まあ(ミッドブレスの時代)ホストクラブバリの掲示?(笑)イチバン上に写真が載ってても「クライアントへは良いのかな?」唯々それだけだったけど 戻ってきた赤坂の地でまた 未だに途中経過にすぎない途中なんだけど 裸一貫な想いで臨む(まあ実際には これまでの実績とキャリアを汚さないよう) 少し大げさなくらいが 僕にはちょうどいい

レールを引く 路を創る作業 これまでの通り わずかな妥協をすることなくまいります


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20180902

Begin in at NEXT Akasaka base|Ride on Operation

綱渡り・・・ 新しいスキーム 動き始めました!

履行のための行動 とりあえずコーディネート完了ってこと 今日から当面1ヵ月は赤坂勤務 近隣には魅力的なお店も多く 帰り路がヤバいっす フフ

どうにか漕ぎつけた? 若干カラダ心身共に ボロボロ?(汗)

スタッフのみなさんからも暖かく迎えられて 使い勝手は最高です! 午前中から動き始めて神宮からの搬出作業 サクサク運び(マジ汗だく)赤坂へ搬入 摂取したペットボトル何本開けたか・・・ 支度を整えさて1本目(パーソナル) 滑り出せばいつもの通りだ めいっぱい配慮を戴き使いたい放題 とてもクリーンな施設 雑にならないよう腕を振るう 2本目のセッションまで時間が空くので(自分の)ストレッチング トレーニング ジムの空気感とリズムを身体に刻み込むように 施設内でじっくりと時間をすごした プロフェッショナリズム漂う空間は 至って居心地が良い NEXT Akasaka baseのパーソナルトレーナーとして活動する支度も進めてまいります

また 少しお座なりになっていた施設との企画「ソフトの提供」として 暖めていた内容をタイアップしてまいります 今月からの拠点になりますので 気軽に遊びに来てくださいね!

NEXT Akasaka base
https://next-akasaka.com/

この怒涛の3週間マジで尽くし ピアスが倦んでる体調に至るも 新たな縁に感謝と共に 神宮にこもって6年余り 華やかな現場での活動の再開と 僕は本当に運がいい! アップデートしたクオリティーと その提供 実力の向上に努めてまいります 

おもしろくなってきたぁ~ フフフ


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20180829

《Wanted》募集:練習クラブ第6期生


概要チラシ PDF

自転車レースの練習をする養成所です 「強くなりたい」「速くなりたい」唯々そう想うサイクリストの チームではなく練習をするだけのクラブです!

まだ今季シーズンは残っていますが 来季に向けて『最初っから』の修正「クセを取る」「地脚の創り治し」欧州から伝承された古典的で最新の基礎練習から開始します また「カラダの創り治し」診治し「ハンドルを引く」「引き脚」「しっかりと上から下ま」 関節の可動域 ポジション チカラの方向(間違っていないか)など 根本的練習からです

【スケジュール】(概ねな感じ)
2018年
10月 START 来季の準備開始
11月 シーズンを終了した選手より 来季に向けたOFFの練習を開始します
12月 LSD 千葉周回オールフラット
2019年
1月 LSD 千葉周回 オールフラット
2月 LSD 千葉周回 傾斜(3~6%アップダウン)
3月 スピード練習開始 トレーニングレース参戦
4月 シーズンin スピード練習
以降はレースカレンダーに合わせたスケジュール レースの負荷(スピード練習・調整LSD・距離を乗り込む)練習メニューを組みます
※その他 神奈川近郊での練習など
※千葉まではピックアップあり

結果にこだわる奴ら 想った走りを魅た 中毒になったサイクリスト ちっとも楽しくもなく おもしろくもない練習 勝つための練習 一緒に苦しもうぜ!

《Wanted》Practiceclub U15 U17 Junior / 練習クラブ ジュニア班《募集》
https://charipro.blogspot.com/2018/05/wantedpractice-club-u15-u17-junior.html
(U15 U17 ジュニア)JBCF登録チーム

参加はココ 質問や問い合わせも歓迎です
http://www.charipro.com/contact/index.html
対象:U15 U17 ジュニア U23 社会人 実業団選手(チームに所属) チームでの参加
※年齢 性別 キャリアは問いません チームではありませんので 所属先との干渉はありません


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20180827

なにを学ぶか|耕し築く

耕す・・・

まさに「基礎工事」 トレーナーやコーチ 指導をする立場の側と 好きで始めた自転車レースを始めるアンダーの選手 もちろん社会人選手もだけど そもそもの脚基(あしもと)ってのが築けてなければ その先を魅ることはできない 選手であれば「座学の理解(most)地脚と身体の使い方」 指導者としては「経歴からの結果と(どこで学んだのかではなく)なにを学んできたのか(もちろんその結果も絶対)」そのあたりの基礎工事のことを言っている

昨年から再開した 治療を目的とした施術者への指導でのこと 治療院の先生へのカリキュラムで 散々問題視される医療現場での実態 治療の現場に立つ先生からの(現況の)質問 医療現場での「やりっぱなし」な事情を肌で感じる事実を問われる 術後多くの時間を経過し(訪れる患者より)以前のケガで医療の際に充分な説明が施されてなく 不具合(痛みや痺れ動かない)の悩み 完治へ向けた治療を目指したくとも 悩む患者に「どこまでの説明が必要なのか?(医療の際の説明不足等々など)」そんな切実な質問だ ようは外科的治療を受けた患者のその後の身体 数年が経ち術後の身体の事情ってことだ

医療や治療 学会で公開される論文は日進月歩 研究された論文は常に公表されていても 最新の技術が常用まで浸透するには時間が掛かり (限られた施術者が)最新の情報(知識と施術)を得ることができても 具体的に患者へ適応(施術)できるようになるには「運」とか「入口」の問題もある! 医療の後に治療がある訳で その医療での措置が充分でなければ 後にも戻ることができない後遺症とした現実に至り 患者自身に知らされることなく粛々と 気が付くことなく患部が腐敗するようにゆっくりと蝕まれていって 不具合を自覚し感じるようになった頃 場合によって治療院の敷居を越える 運が良ければ(どこそこ「入口」の問題もあるけど)多岐にわたり充実した経験とウデを身に着けた治療者との巡り逢いがあれば ことの顛末(全ての事実)を知ることができるけど 問診や触診から事情を把握することができる治療者でも その説明と対処 根本的なことの履行に至らないことも多々 ケガの部位が生体に近い患部であり かつ欠損していない場合 完治に向けた治療が可能な場合は多く でもまたその逆であれば(患部の近所に生体が薄く また欠損がある場合)根本的な治療は不可能になってしまい 別な方法を処方するしかなく 元に戻ることがない(事実の)説明と 今後の時間とリハビリ 経過と共にカラダを創り治すかの施術ってことになるんだけど そもそもの「診たて」総体的にカラダを診る技術(またはウデ)がなければ話しにならないことは言うまでもなく まあなんにしても患者が被害者になっている現状で 充分な説明を伝え切れていない医療現場(ここでは整形外科) その患部へのその後の治療の重要性も 充分に解るような説明に至っていない患者は 残念なことに悲劇となってしまうんだ

国内ではとてもメジャーな野球やサッカーのアンダーのケガ すでに水面下では問題となっているものの(メジャースポーツ以外でもアンダーのケガ) この前の勉強会でも課題に上がった事情でもあって 学校とか体育とか部活とか「教育機関でのスポーツ」と クラブチームでの「体育ではないスポーツ」 オリンピックスポーツとプロスポーツの問題も 根が深いというより「目指す場所」を選手が間違わないよう 魅せてやる仕組みが問題であると 僕は想っている

運とか入り口の問題は もちろん本人次第なんだけど (よくある)ショップの問題 初めてのサイクリング 1軒目の自転車屋さんの問題・・・ 医療機関(病院や治療院)に関してボクは「3回換えれば概ね解る」と・・・ でも時間を問われる事実もあって 術後の管理は時間と共に経過する生体の修復 治療の遅れは後遺症に直結し・・・ 自転車選手では アンダーの4年間(U17 ジュニア)この期間 間違ってしまうと U23で伸びない(速くならない)事実・・・ 本人の問題なんだけど こっちは根が深いかな

僕はボクで 次のステージを魅て 耕してまいります フフフ


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20180825

中毒のための環境|練習クラブ

Vinoteca Q.V.T.C Da Salice
http://da-salice.com/

良質のタンパク質を摂取 サイクリストの血液と共に! ロクに乗ってないのに・・・

まあ「乗っている場合じゃない」僕が乗る必要はなく やるべき仕事 もっとやれってことで でも若干「時間が足りませぇ~ん」そんな事情は 僕の能力?

まあ サクサクと物事は進みつつ運んできていて 恵まれている運にも身を預けつつ どうにかギリで諸々 移設の段取りも目途が視え 久しぶりに荒木町へ メニューを見ることなく我がままなオーダーを聴いてもらって 店内には既に顔見知りのサイクリストもいて 談義を肴に摂取も進み するとスーツ姿の男子が来店 マスターに案内されるも扉の前で動かずフリーズ? 振り向くと このところ練習に来ていない練習クラブのメンバーの1人だった 僕の斜め後方で止まってて「オマエなにやってるんだぁ~」「どうせ乗ってないんだろ・・・」問い詰めるように声をかると「乗り始めてます」って言い訳するように 少し乗らない(乗れない)期間ができると(ケガとかではなく) 少しは(ホビーでも)速く走ったことがある選手にありがちな「穴」みたいなものがあって 「(復活に)何ヵ月も乗り込まないと 以前の状態まで戻らない」(そのためには厳しい練習が必要ってことが解っている) また「何のために 厳しい練習をするんだ・・・」(ホビーの競技者の 目標とモチベーションとか レースをやっている意義みたいな) 趣味の選手なのに なんでそんな苦しいことしてまで練習するんだ・・・ そう考え想うことは 至って常識的なことだ 僕から「やめればいいじゃん」と 彼の背中を押して促すと(何か言いたげに)沈黙 すると「解ってますよ 解ってますよ・・・ と連呼」(笑) まわりのお客さんも 僕らの言葉に耳を傾けてて・・・ 「何のためって」勝ちたいとか 負けたくないとか 速く走りたいとか そう想うから それだけだろ? まだ少しでも(そんな気持ち)残ってるから やめられないんだろ? 「そうなんです 何度も自分でやめるって決めたんですけど・・・」それに加え「自転車って ぜんぜん面白くない」「マジで自転車乗りたくないです」 僕が追い打ちをかけるように「だから いつも言ってるじゃん」自転車レースは ちっとも面白いことなんかないんだよ ちっとも・・・ でもその「ちっとも」には 誰かを負かした瞬間とか レースで想うように走れた瞬間を わずかでも味わったってしまったら またそんな瞬間を また迎えたいと そう想からだろ 練習と言った 厳しく苦しいことを粛々と淡々んとひたすら 多くの時間を使って積みかさねる まぁ~ そんな練習に おもしろいことなんか微塵もない レースだってその練習だってガマンすることばっかだぜ!

唯々乗っているだけでは 間違えなく決して速く走れるようにはならない しかも苦しんだからと言ったって 方向(方法)が間違っているようでは ただの自己満足になってしまって でも僕らの頃とは異なって「この練習をやれば強くなる」明確に存在していて ワットとかFTPとか温いこと言っているようでは話しにならなくって 時速55km/hまで加速できることと 時速50km/hで走れればレースで展開することができる 言い換えるなら この速度域で走れないのなら そのための練習ってのが必要で そのための練習には 的確に筋繊維へ掛けるべく負荷と その練習をすることで必要なテクニックも着いてくるってこと(詳細は省く) でも なんにしても やるのは自分ってことで ホビーだろうがプロを目指そうが このあたりは基本中の基本ってこと

まあ いわゆる「中毒(やめられない)」速く走りたい 強くなりたいと そう想う奴しか辿り着くことのない症状へ そのために俺たちがいて 練習クラブがあるってことかな フフフ

練習クラブ|募集
https://charipro.blogspot.com/2017/04/5.html


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20180822

コーディネートの仕事|スキーム創り


「仕組みを創る」「現場を整える」揺るぎなく要求されるコーディネートも パーソナルトレーナーの絶対の条件だと僕は想っている かつての「ジムへの依存関係」そんな関係性では単にフリーランスといった言葉を軽んじる肩書になってしまい 独立したプロの仕事として「企業との取引」「依頼を請ける」利害や利益を図る関係を築くことができなければ(独立した)フリーランスとは言えないよね

想いおこせば 若い時期に(大むかし)郵政省の「TVCM(一部VTR)」に出演した時のことを まあ(メディアから推薦されて)オーディションから始まったんだけど 製作会社とは本当に多くの時間を使い 単に「出演」だけではなく 白紙からゼロから一緒に作品創りに関わり ココから始まった「コーディネート」腕を振るいすぎて エキストラの外国人(欧州の)選手とは何度も衝突したっけ(走りの指示とか走り方) まあでも本丸の僕の走り 指示をしながら監督の意図に向けた(ボク自身の)走り 実際に緊迫感のあるガチの走りをすればするほど ガチの走りに外国人選手もマジでガチ 選手根性(マジで負けず嫌いだよね自転車選手って)ロケでは毎日ヘロヘロ さすがの外国人選手陣も(僕の走りを)認めるしかない? 終盤には仲良くなって まるで同じチームみたいに どけ現場って そう言うもんだよね(今だから言えるけど)

まあその後からはトレーナーとしての仕事で マイクロダイエット(サニーヘルス社)のトレーニングDVDの製作では グラビアの娘と一緒にイチャイチャしながら(笑) 控室には僕の名前が掛かった個室を用意してもらって(まるでタレント扱い?) この時も即興が多かったものの ボク主体で作品創り ロケでの撮影が展開 (僕の)解説や説明の「しゃべり」の撮影ではNGを繰り返したりと 笑も交えた和んだ現場 グラビアの女の子と接近しすぎて「なんの撮影だ?」ん~(笑)フフフ そうそう自転車の方でも 吉澤(ひとみ)さんのドキュメンタリーでは 2年続けての仕事 ブレーンのはずが映してもらいながら このときはガチの走りのコーディネート ボク自身もカナリ進化(指導 技術 知識)して臨むことができ 合宿や遠征の宿では 対面や隣りで一緒にガッツリ呑んでヘロヘロに この時も フフフだよねぇ~ 去年ロードショーされた映画「トリガール」のコーディネート(安全管理と指導 練習 コーチングも)では ブレーンに徹し いま超~旬な俳優陣 土屋太鳳さんと間宮正太郎さんとのお仕事 僕のクオリティー いつの間にか凄いことに!フフ (自画自賛)

どっちも本丸なんだけど「クライアントが望む」作品創りでもトレーニングでも同様「要望に応える」仕事が僕らの仕事ってこと なんでも屋ではないけど(専門分野での)なんだってやらなきゃ「なんだってやれなきゃ」なんだと想っていて 「環境創り」2012年を境にジムとの契約をすべて解除して 神宮外苑の施設と業務提携し「隠れ家」での指導を開始 ジムでの指導では多くの方々の「目(同僚トレーナーやお客様 ジムのスタッフの視線)」にされされながらのパーソナルとレーニンング 若干のパフォーマンスを塩コショウしながらの指導となって ボク的には刺激的で腕も鳴る? 観てもらう醍醐味みたいな感覚を楽しめる?(まわりに)聞こえるように理論を語り 仕組みを説明して(聴かせるように) まあジムとの契約では とても大切にしてもらってはいたんだけど 僕のクオリテーとは合致しないことも(多少)あったりとかで・・・ まあでも「独立」には確立したスキームが必要で この『スキーム創り』が 指導施設をコーディネートするきっかけとなり 初めての試みで滑り出してからは 環境の変化に応じた要望で 不動前(目黒五反田)の施設との契約や オフィスへ伺う指導 スタジオ利用したセッションであったりとか スキーム創りのコーディネート 決して簡単ではないんだけど オペレーションに乗る醍醐味みたいな感覚 マジでドキドキ 綱渡り?

さて ここまで来てやっと日程が決まる・・・ 来月(9月)から建物の改修(内装)工事で神宮さんの施設が使えなくなるって言うのに 結局ココまで来て? まあでも決まればフレキシブルに対応し動くだけのことだ コーディネート「NEXT Akasaka – base|施設提供のサポート」スキームの詰め オペレーションに載せていかないと
 
告知と案内 開始してまいります


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20180819

AACA後記|今月の仕事


まるで子供 「遊んでる?」そんなことはありません 仕事してますぁ~す フフ

岐阜長良川の河川敷・・・ 先週末の「KINAN AACA CUP」結局新幹線で名古屋まで来て 調達したクルマで移動 超~ラクちんな お気楽レース視察?(いやいや結構シビアです)さて各選手の脚と走り 事実と現実もろもろ確認と検算ができました しかも「1-1」では KINAN carに同乗し追走伴奏しながら(実況とLIve 参戦させてもらい!) 国内トップチームの走りも肌で感じつつ スタッフの方々との関わりと 情報なども含め多々 今回の遠征は予想以上の収穫を得ることができた

今月は 先月末の5日間(日本スポーツ協会)の研修の残務と実務から離れていたツケから滑り出し 9月の活動の(新規導入施設の検索)新規コーディネートを開始して しょっぱなから難航気味かと思いきや「NEXT Akasaka – base」さんとの縁を築く運びとなり オペレーションの詰めはこれからなんだけど 脳をクリアな状態で(AACA)遠征へ向かうことができたことは 僕はとっても運がいい! 10月からリニューアルする神宮さんの現在の施設での活動も 行程的に視えてこない部分もあるけど リニューアルキャンペーンの企画なんかも暖めつつ NEXTさん新規案件・企画も満載で 来月からは「6期練習クラブ」募集の準備と 来季用のウエアーも諸々準備に取り掛からないと・・・!

さて 新規コーディネート オペレーションの詰めの作業 細かく詰めていかないと 追ってメンバーさんへの案内と告知 滞っている業務と いつもながらの綱渡り (お陰)支援して戴くみなさんへ感謝の限り この運の良さは「たまたま」ではないことも承知しているので 身のまわりの方々へ「結果」と言った形でお返しできるよう尽力するだけだ

スピード感もって臨んでまいります


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20180815

アンダーの選手|U23 ジュニア U17

ガキの頃から? ってまだガキだけど・・・ でも そんなこと言ってられない年齢だ!

プロになるためには 明確な「期限」が存在する(プロとは UCIのプロコンチネンタルチームへ加入することを指す)期限とは肉体年齢のことを言い 概ね「22歳」この年齢が生理学的な発育が満了する年齢を期限とし いわゆる「U23」を指す

機材スポーツの最たるスポーツ(競技)である自転車ロードレースでは U15(14歳まで)U17(15歳16歳)ジュニア(17歳18歳)この2歳刻み毎に「ギア比制限(負荷)」が(レギュレーション・ルール)厳密に定められている なぜなら「2つの意味(理由)がある」①成長期(成長過程)の身体への負担 過負荷にならないよう ②筋肉のチカラではなく「回復機能(内分泌機能)」を創りだすため この2つの理由から この2年刻みの期間があり『確実に時間を掛けて』自転車選手に必要な「カラダを守り」「基礎体力を創る」(実際のその走りと その間違わない練習方法を含むことは言うまでもなく ※詳細は省く) そして19歳になる年度からはギア比制限が解放(解除)され 創りだされた体内の仕組みを使い 筋肉の繊維へ積極的に負荷を掛けるトレーニング・練習が許され レースへ臨むことができる仕組みが確立されている 充分に選手としての「基礎」を身に着けたカラダを基に「プロを目指すための負荷」へ突入するってことで しかしこの「基礎」が不十分であるなら 負荷を掛けても結果につながらず(速く走れない レースでの結果) またもしくは プロを目指すための負荷を掛けることができないんだ!(負荷を掛けた練習ができない 意味解るかなぁ~) その基礎体力には (ギア比制限の基の練習で)筋力ではない生理学的な才能を導き出し創り築くこと その満了する年齢が19歳になるまで(U23の手前まで) 厳密に解説するとさらに若年期よりザックリ18歳までに Vo2Max・タイプ別筋繊維の配分・筋繊維の数・細胞を生成する機能・心臓の左心室・肝機能・エネルギー供給の仕組み・アミノ酸代謝を含む各代謝機能・なによりの思考(脳)も・・・ U23の手前までの作業(身に着ける必要がある要素) このあたりが不充分だとするなら プロに臨む負荷へは至らないってことになるんだ

U23に来るまでは 暖かく時間を掛け基礎を身に着け 18歳から22歳(U23)までの4年間 プロへの挑戦 臨む限られた時間・・・ 確立されたこの仕組みは いま現在いきなり始まったことではなくって 僕ら子供の頃から(大むかしっから)こんな仕組みはあって 今は明確に線引きされただけのことで 古典的な最新の仕組みなんだ! 実際に欧州の選手は U23から伸びる選手が目覚ましい(エリートへ上がってくるレース結果とデータから) でも国内の(日本人)選手 U23になって伸びていかない? 事実この(ザックリ)10年?欧州で走る選手がいても全く結果が伴ってこない・・・? なんで?

at last stage3|やっと!
https://charipro.blogspot.com/2018/04/at-last-stage3.html

「U23」に至るまでの期間 ギア制限の掛かる時期(軽いギア比で)「どれだけ負荷を掛けられるか」「どうやって負荷を掛けるか」①たくさん回す(高回転)②長時間まわす(距離を乗る)③登りで負荷を掛ける(まだ筋力がないカラダで坂を登る)この3つ まあでも実際には 低年齢層では 負荷を掛けやすい登りの練習を重ねた選手が登りでのチカラの差から「速い」とされ 当然フラットでもマックスのギア比をまわすことができるので レースでは早々に頭角を表すことも言うまでもなく まあ日本では年齢に対する成果を求める風潮があって「若くて成果を出す(若ければ若いほど)」ことが優秀とされがちで まあでもその成果ってのが どこを魅るのかってことで 日本国内で走れればいいのか プロコンチネンタルチームの選手を目指すのかってので そもそもってのが違ってきてしまう?(もしかしたら「プロコンチネンタルチームの選手を目指す」そんな選手はいない?) またもしくは「プロコンチネンタルチームの選手を目指す」選手の指導する指導者がいない?(興行的なことは省きます「指導|To Instruct」)

欧州でプロを目指す選手は例外なく「U23」から伸びていく選手を目指し自転車レースに臨んでいて ドメスティックの(地域のローカル)レースで基礎的な走りを身に着け 時間を掛けてカラダを創って 回転練習やスピード練習といった基礎基本を何年も続け ギア比が解放されると同時に(U23から)筋繊維へ負荷を掛ける 所属のチーム 家族 応援をする側も そりゃ~ 若くして好成績を期待するも 決してゴール地点を間違えない(選手次第の目標が最優先だけど) (欧州で)仮に18歳で選手(競技者)をやめるとしても端折った過程で練習を刻むことはなく 選手はゼロから時間を刻む! 

実際に 練習の過程で(中学高校生)「脚が太くなる(筋肥大)」既に練習方法が間違っているわけで(筋繊維の使い方の問題)この時季でのパワーの出力は筋力ではない!(ザックリね) また「(U23)150km(6時間)乗ってからのラストのスピード練習で時速55km/hまで加速し50km/hをキープを数回)ができない」脚を使ってからのトップスピードが上がらないようなら そもそもの「(総体的な)基礎」が足りていないか U23で架けるべく負荷を掛けられていない? レースなんだから「スピード」が出せなければ遅いってことで このあたりが間違っているようなら 根本的に何かが間違っているわけで いつまでも基礎をやっていてもダメで スピードが上がらないのなら その原因の分析は必要で そもそもの身体の使い方? いまさらなんだけど このあたりは競争の(レース以前の)手前の手前で 遅ければ 遅いってこと このあたりは「脳」の問題なのかも!

限られた時間 タラタラしている時間はない!「負荷を掛けろ」ハンドル曲がるくらいに ブラケットもぎ取るくらいハンドル引き加速しろ! クリートぶっ壊すくらいにペダルを引け! 筋繊維が千切れるくらい負荷を掛けろ! 「もっと追い込むんだよ」毎日疲れと闘い追い込め! 立てなくなるまで出し切る! 平均とかワットとか緩いこと考えてる場合じゃないんだよ とにかく時速を上げろ! 唯々ガッツリ乗り込んで登りでも平地でも とにかくスピードを上げて速く走る! 難しいことではないけど 簡単ではない プロを目指すって こういうことだぜ!

もたもたしてるな 頭を使え(脳と脚をまわせ) まだ負荷が足りない もっと負荷を掛けるんだよ・・・ まあ やるのは本人次第ってことだけどね フフフ

強気の走りで勝ち上がる
http://charipro.blogspot.com/2017/06/blog-post.html
(2018 08 19 追記)


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20180812

KINAN AACA CUP|Live中継(実況に参戦)


ゲストに入れてもらっちゃいました・・・ ヤバいっす フフフ
https://www.coupedeaaca.com/

KNANチームのサポートカー内部 Live中継 実況車にラチられてました(笑) とっても光栄の限り! KINAN AACA CUP トップカテゴリー(1-1)コースわきで視察観戦中 チームカーをドライブする (鈴木)新史(KINAN Cycling Team アドバイザー)が「セイジさん乗ってください」とその声に 想わずカラダが動き同乗 参戦させてもらっちゃいました

多くの実況や解説でお馴染みの KINAN Cycling Teamの加藤GMより とても暖かく迎えてもらい嬉しい限り 少しだけ実況にも参戦させてもらい あまりクドクならないよう ボクの言葉をいつもの感じでサラッとしゃべらせてもらいました(YouTubeでご覧くださいね!)

このAACAカップは 意図あるレースで 国内の自転車ロードレースを牽引する「育てるレース」と言えるレースなんだ レース本来の原点である『前に展開するレース』 どうしても集団走行中心になってしまう日本のレース・・・ 本来の(欧州の)アマチュアレースでは 前に抜け出す選手に個々の選手が反応し追い着き そこからまた抜け出す選手が現れ反応 次から次へ前に前へと集団が形成されるレース展開が成されることで「勝ち上る展開」選手自らが脚を使い動くことでしか勝ちを獲ることができないレースとなり 集団の中でじっとしているだけでは あっというまに最終集団となってしまう本場欧州のレースのように このAACAカップでのレースに参戦する選手はみな その本来のレースを履行する走りができるんだ! これこそが自転車レースの醍醐味 実況しながら こんな場所から ん~ シビレるぜ!

この日のレース最終局面 ゴール勝負へ向かうKNANNチームの選手へ「チームとして指示はあるのですか?」と加藤GMへ実況で質問(トレーニングレースなので)「個々で勝ちに行くと想います」と (なるほど!)『勝ち方が解らなければ 勝つためのアシストはできませんからね』と 僕の言葉でしゃべってきました 

KINAN Cycling Team
https://kinan-cycling.com/

こうしたレースが 国内の各地で展開されるようになれば もっと日本の自転車レースのレベルも 国内の選手の意識も もっともとっと欧州に近づいていくんだけどと切に想う 今日は 新史に声をかけてもらい とってもいい交流をさせてもらいました 加藤GMを始め KINANスタッフのみなさん お世話になりました ありがとうございました 

レースの報告につきましては 改めて書きます


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20180810

NEXT Akasaka – base|施設提供のサポート

わぁ~い どこでもストレッチ・・・ NEXT Akasaka – baseさん!
https://next-akasaka.com/

トントントンと話しが決まる とってもスマート このスピード感 やっぱこうじゃなきゃ・・・ 僕の都合で 神宮外苑の(神宮さんの)施設が 東京五輪へ向けて大規模改修工事が今季に入ってから進んでいて 僕が使っているフロアーも全面リフォーム(増築でフロアーも広くなる予定なんだけど)当初は営業しながらでの工程だったんだけど 若干無理?(笑)ってことで 1っヵ月間休館して集中工事をする日程となって「さてこの期間どうしよう」そんな流れで この動き

2012年より離れていたジムとの関わり「隠れた活動」コソコソと?(笑) 想いおこすとホントいろいろあったよねぇ~ 当初ジムでの活動『ウデ試し』(修行と道場破り)パーソナルトレーナーの肩書で(売り上げ)イチバン張って突っ走ってきて 腕も知識も指導力も実力と自信を身に着けることができ「そろそろ(自転車の環境へ)戻らないと」6年前のこと そう しばらく自転車界を離れ戻ってくると すっかり「オマエは誰?」と新参な方から下され あげくは「(サイトウは)干されていた」などとまで(苦笑) まあ魅ている方向は寸分狂わず迷わず 独自の路線を唯々引いてくだけのこと! ここへきて新たな縁 出会いが生まれ 新しい環境の構築へ・・・ いつもパーソナルトレーナーの研修業務では「僕らは魅られる(見て値踏み・測られる)職業」だと指導している その指導の姿(現場)では その振る舞い 言葉使い 服装 携行品 声のトーン 空気感(安っぽくないことまで) また施設との関わり スタッフさんや他のトレーナーとのコミュニケーションなど 点数は別にしても「完璧」が赤点寸前でなければならないことは言うまでもない! 僕らの仕事は そう言うたぐいの業種ってことなんだ

心よく 環境の提供をサポートしてくださる NEXT Akasaka – baseさんに感謝です

(写真に映る)こんな設備の他に フリーウエイトのブース ワットバイクと 奥にはスタジオのスペースまであって 僕がやりたい活動「100%+a」 活気ある空間で人前での指導(パーソナルトレーニング)腕が鳴るぜ フフ そうそう なにより今後につながる セミナーの再開であったり 専門性に特化したグループセッションなども あと 何年かぶりに僕の写真が壁に掲載か・・・ なんか新鮮な気分だ いいよねぇ~ って1ヵ月の話しが なんかこれからずっとお世話になるつもりかよ?って(笑) まあでも NEXT Akasaka – baseとの関わり 確実に着実に暖め築きあげてまいります

さて 研ぎ磨くことは これまでの通り そろそろ人前に出る時期がきたのかと 覚悟して臨みます


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20180805

指導|To Instruct

支配ではなく 立場は「同等」互いの「立ち位置」 眼に映ることのない隙間ない信頼が 揺るぎないもになる

始めて企業に従事した環境で 上司の課長との関わりに 先輩から教えてもらったこと「課長は褒めないんだよ」(中略)「褒めれば伸びが止まるから」才能を測り限りなく伸ばすためであると! 仕事の結果と そのプロセスで「褒める」と言った言葉ではない評価でコミュニケーションすることを 学び覚え獲たことを想いだす

先日の研修の整理を始めてみて サブジェクトごとにメモを整える作業から少しづつ 育成選手のメンタルについての課題では アプローチが的確に向けられた方向性に「やっとこの国も」そんな想いと共に『トップを育てるには緩い?』そんな想いも正直に思ったことも事実だった まあ今回の研修ではザックリな感じなので 不十分であったとはいえないものの 自転車選手を目指すアンダーの選手 特にコンチネンタルを魅ている子供たちの その手前までの選手に向けた 良く練られ優れた内容であったことは間違いない

「プロ化」を ある意味成功の過程を辿る現在 クラブチームに所属するホビーレーサーに敵わない選手が唯々量産 伸び悩む以前に 着いて行くことすらできない現実も根深い課題で 選手として飯を喰うことができる環境で 選手が結果を出すことを怠っている事実を把握できていない勘違い メディアに露出しアピールすることで支援者(スポンサード)とのコミュニケーションを交わす過程で 欠落している「実力」 関係者の中では頭を抱える苦悩 大ぴらに言えることではないことは 充分に僕だって承知している でも バレれば成功の過程は あっというまに弾けと吹き飛んでしまう・・・ 僕だけが危惧しているわけではないけど バレてしまうことと プロを育て創ること「どっちが先?(どっちが早い?)」そんな駆け引きが繰り広げられていることに 当事者の喰っている奴ら(選手)が気が付いていない事実 本当に悲しよね(ココでは ワールドプロツアーチーム またプロコンチネンタルチームと コンチネンタルチームとのことは 省いてます)

また喰えるようになった国内の自転車の環境には さまざまな方々が参入してきています とても嬉しく良いことだと僕は想っている 新参する方達は情熱を抱き夢を魅て入って来てもらっている貴重なみなさんだ もちろん各環境でのスペシャリストな立場で活躍されている方も多く 本当に勉強してもらって感謝の限りなんだ でも確信とか歴史とか 眼に映らないことなんか これまでの事実なんかも しっかりと確実に僕らが導いていかないとリンクし協調が成されない また選手であっても同様で キャリアのある選手が(身近な選手に対しては決して)「勘違い選手」を創りださないよう指導することを怠ってはならないはずだ このことは この国が抱える「負の連鎖」を断ち切るためには絶対で 先を走ってきた者の責務であることを怠ってはならないってことなんだ

あらゆる場面が指導の現場だ「どっちが先?(どっちが早い?)」まわりを巻き込み 打開を目指します


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20180801

研修|日本スポーツ協会(旧日体協)

「3日乗んなきゃ タダのヒト」イマダニ?こんなことが頭をよぎる(笑) 昨日までの5日間 ここで缶詰 多くの検算をしてきました 専門の先生方々 聴講された各界(各スポーツ)の皆さん お世話になりました とっても有意義でした ありがとうございました

まさに朝から晩まで わずかな休憩を挟む程度でガッツリ 内容 濃かったねぇ~ 講義される先生の想いが伝わってくるし 国内のスポーツに関わる上層部の感覚と その施行 歴史と共に語る姿「情熱」を純粋に感じたよね

まあ基本「オリンピックスポーツ」がメインな感じで そんな選手へ向けたプログラムになっている また「トップアスリート」の定義に関しても メダリストなのかプロなのかは 先生陣も若干言及をボカした感じで まあでも トップはトップ そんな選手の育成のために 研究されたカリキュラムであることは間違いなく 想った以上に「メンタル」の講義の内容が濃く このあたりの検算に相違はなく同意 医学的症例については 実際の写真を視ることができ良いアップデートができた 解剖学と運動生理学においては なかなかスピード感ある講義で(内容は基礎基本)ボク的には「もう100m掘り下げて?学びたい感じ(笑)」 途中の休憩の時間 先生へ個別に質問『「筋線維タイプ移行の分子メカニズム(過去Log)」の論文を視たことがあるのですが(中略)先生のご意見 見解をお聴かせ戴けますか?』(ヤバい 悪魔の囁き) 「聴いたことはありますが・・・」と見解を戴く トレーニングの理論に関しては やっぱ自転車ロードレースは特殊であると痛感 リハビリテーションや施術 コンディショニングについては 現場サイド(ボク側)からすると かなりモノ足りなさが多かったかなぁ~ まあ唯々 すべての講義は 僕のLive感の範中なので 退屈することなく おかげで集中することができたんだけど マジで疲れ果てた!

今回の財産 人との関わり・・・ みんな積極的に名刺交換が繰広がれていて 僕は先生陣との関わりを測るべく(チラシの)冊子の準備は万全 名刺を戴くも「ビジネスカードはないのでコレ」って・・・ もちろん本丸の先生へもアピールしたい先生へは(質問した先生へも)受け取ってもらってきた これ大切な僕の仕事! 5日もすぎると みんなとも溶け込み 貴重な情報交換ができたこと 新しい繋がりは 積み上げる財産になったことは間違いなく とっても気持ちいい奴らとの時間 マジで良かったねぇ~

終了後のアンケート 今回の目的の項目に「(勉強しに来たわけではないので)現状の確認と検算しに来ました」と解答 最後の最後に毒を吐く またやっちゃった フフフ

学んだことは これからへ 確実につなげてまいります


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20180725

5 stages|Bold approach


さて 今週から「活字との闘い」に入る(笑) 朝から晩まで(5日間)缶詰に自ら拘束されに ワクワク感と不気味感 勝負な感じではないんだけど不思議な感覚 臨む想いであることは間違いなく でも「一般」とはかけ離れた僕の常識 ボク的なアプローチ 言い換えると「ひねくれ者?」かなりヤバい常識感 まわりに迷惑を掛けないよう自重に努めたいとは想っている でも 講義や研修「学ぶ(勉強)」となれば 否応なく血液は沸き 攻撃性能を尖らせる方向を緩めるわけにはいかない

渡り歩いていた時期 ホノルルにある大学で講義を聴講して以来かもしれない レコーダーで(辞書と共に)テープ起こしをして テキストを舐めるように学んでいた時期を想いだす 言語の問題は もしかしたら (ひねくれ者の)ボクにとって日本語の方が(解釈とアプローチの観点から)難しいかもしれないとも想っている フフ

パーソナルトレーナーの仕事に従事して初めて 5日間もの調整 クライアントのみなさんへは調整のお願いをして創った日程だ 1秒であっても有意義でないことには使えない


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20180722

Professional Distance|距離感

「公私なく」? 意味深く その「スタンス」とでも言うのか『Professional Distance』と表現する 眼に映らない距離感を生みだすことが僕の仕事なのかと想っている

白紙から描き始めて ルールとレギュレーションを定め更新しつつ パーソナルに徹し フィットネスの環境と 自転車レースの環境と どちらも本業で「トレーナー」としての職業を肩書に 慣れあいを避け 独自の路線を辿り経てきた結果 尖った空気感を漂わせる環境を創りだしてしまったのかと 自身の検算を繰り返す また クオリティーとスピード感 このところギリな感じで その原因と要因の分析にも時間を使っていて 若干の足踏み感?も認めつつ 環境整備を攻撃的に整えている

さて 湾曲し流動しつつ でも肝心なことは動かない? そんな環境 トレーナーの立場から改める基準 国内外の競技やスポーツ 催しや流行 常識と非常識 あたりまえと そうでないこと 課題と問題 まぁ~探り出すと きりもなく(汗) 告知や募集 発進のし方や方法は縦横無尽 そもそもの肩書を語る側に至っては もはや(ロードレース)別なスポーツへ導くサマと化し(泣) まあこのあたりはチャンネルが異なるのでスルーして それにしても こっちの側で焦り急ぐと確実に目が曇り 方向と目的がボヤケ出す羽目になるので そのへんは 間違わないよう これまでの通り ただ「発信」に関しては 考え学び工夫が必要があることは必至なのかとも痛感している

プロ化が確立された国内のスポーツでは 頭脳明晰な企業の経営陣が参画し 島国でありながらも結果的に繁栄につながる路をスマートに構築しつつ 経営と育成を結びつけるプロスポーツの原点でもある ①「観る(魅る)観客」②「創るオーガナイズ」③「競う選手」④「ビジネスとしてのスポンサー」この4つの立場から 広告看板である選手を創りだす仕組みが 湧く観客 利益を上げる運営 夢を売り魅せる選手 イメージと地位を向上させるスポンサー そして憧れ目指す子供たちがいるからプロスポーツは成り立っている やっぱ 国内リーグで完結してしまう プロと称している事情からでは「憧れ目指す芽」が生まれてくることも育まれることも なかなか厳しい現状だよねぇ~ 

テクノロジーが常識になってきている時代 その最前線で舵を取ることができなければ 知能指数が高い奴らは目も向けてくれないし 儲けの種にしてはくれない 将来に渡っての「育成=儲け」(目先の儲け カネ勘定ではなく)そんな対象にしてくれないってことだ

IQの高い連中に かまってもらえるよう「Professional Distance」築きあげていきたいと想う



ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20180718

そろそろ次の準備|まだやるってことで

ドッグフード入荷 イタリアから まさかの 4日! ドイツ産のタンパク質 成分は ココ

連休中日に実施した「夏の練習」久しぶりにメンバーと会って脚を診て そこそこは乗り込んでいるが解り ジニアも含めて 現状と今後 意味深く考える練習だった

僕の最初 もともと競技車(ロードレーサー)を触る 自転車を始めるキッカケを創ってくれた恩師でもある 小学校時代の同級生からタイミングよく(?)問い合わせが来た まあ時折りFacebookで会話をしたりはしていたんだけど 今回はジュニアの件で少し深く話をすることができた 心深く想いのやりとり とってもスマートな彼との会話は 能が研ぎ澄まされる実感の心地よさ なんとも言えない瞬間(時間)だ 感情や想いを そのまま正直に表現でき そのまま想いに届く そんな行き来 たまらないよなぁ~

脊柱の具合は「30%残し」ポンコツの修復には根気(笑) まだ摂取する練習が必要だと痛感する状況なのかと 仲間と共に話し合ったりと 森(幸春)の年齢までまだ10年以上あるし(そもそもの練習|森幸春から習う) 軋みや痛みなんか へっちゃらでも 自転車レースが湾曲するさまには耐えることができないかなぁ~ まあでも天気も良く 暖かい日も続いているので 炙られながら リハビリで地道に脚を戻すかな「何度でも最初っからやればいい」ってことで フフ

さて アンダーの選手は夏休み期間中 トレーニングに来てください
《募集》ジュニアトレーニング |ウエイト トレーニング
https://charipro.blogspot.com/2018/06/blog-post.html

そうそう 次期練習クラブも 内容の更新をしていかないと 追々告知します ってことはサポートジャージのオーダーの準備もしていかないと こっちも準備してまいります


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20180714

Spine|脊椎

「Recovery spin」よく使われるフレーズ まあ 軽く脚をまわすイメージ (Spin)+ e で 背骨(脊椎)人体の根幹だ!

陸上競技では「着地」の障害より血液の破壊と脊椎の狭窄(きょうさく)が漏れなく弊害され 選手寿命との闘いを経て どこかの段階で境界される 自転車レースでは 極めたサイクリストほど 着地の衝撃とは反するものの 過酷極まりない競技であることは言うまでもなく 重力を無視したチカラの方向によって脊椎には尋常ではないくらい負荷が掛かっている まあでも「アキレス腱」の期限には それほど左右されない自転車レースでは 選手生命も比較的ながく 世界のメジャースポーツとしても確立されている

水平(平面)に 360度可動する 24個の背骨 脊椎(7個の頸椎 12個の胸椎 5個の腰椎)を 支え動かすために 頭蓋骨の裏側(下部)から 仙骨 骨盤 腸骨の裏側までの後背部の筋肉群(背中側)と 5個の腰椎から カラダの深層部(表側)を通り 大腿骨の上部内側につながる また腸骨の上部表側から 深層部を通り 大腿骨の上部内側につながる この2つの深層腹筋(腸腰筋)と 胸骨下部から恥骨までの表側の筋肉(表側)ようはザックリ腹筋と背筋 また仙骨から大腿骨の後部外側につながる大殿と その深層 腸骨背部から後部外側中殿(その深層部小殿筋) 仙骨から股関節へ梨状筋 股関節の内側の骨盤下部よりヒザ関節を渡り脛骨の外側には半腱半膜 大腿二頭の2関節筋 こんな下肢部と 上肢として第1胸椎とつながる胸鎖関節からぶら下がる鎖骨と肩関節に肩甲骨(ローテーターカフ)は 菱形筋を返し肩甲骨と胸椎上部とつながり上腕三頭の起始でもある 胸椎から成り立つ肋骨下部より深層に腹横筋は腰椎をひっぱっているなど ザラッとこんな仕組みで動くチカラの方向を 競技としてカラダを使っていると「消耗との闘い」とも言える しかも内分泌(臓器の仕組み)を使い切る とてもじゃないけど健康とは程遠い? 笑えない

その動きと運動機能 競技とパフォーマンス 臨床と診たて 治療とリハビリ まぁ~「不具合」いつまで続けるのか そんな想いは時折り頭をよぎるけど おもしろいって気持ちが圧倒的なのか 研ぎ磨き学ぶ作業と分析と検算 妥協なく! フフフ


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20180711

Need to do|必要な仕事

もう散々(⒛数年以上前)白井(滋)さん(東京都自転車連盟元副会長前理事長)から ホント言われてて ガッツリぶった切ってきた案件 1度はマジでバックレてて 今回は年貢の納め(笑) 真面目に初心の戻って教えてもらってこようかと思う

前回のテキストは(受講してはいないものの)内容のすべては脳に刻んであるので 今回の初見 カナリ覚悟を決めて拝見 正直言って以前のテキストは 一般の方が学ぶには結構ハードルが高い感じで 細かい解説がないと学ぶに至らないんじゃなかと感じる内容 またトレーナーとしての実績と知識 その経験があって学ぶ内容としては 若干専門性には欠けるテキストだったことを メモリーから引っぱり出して(まだ保有して実際のテキストを視なおし比べ)思い出しながら「さてどんな?」と今回のテキストを開いてみた

ん~ やはり最新 時事からの切り口だ 日本体育協会から改名された「日本スポーツ協会」まさに体育からスポーツへと改名されただけある 意味のある方向性 その取り組みが視えてくる 現状の実態 問題や課題 実際のデータ 地域やチーム コミュニケーション 組織や取り組み 社会背景など 眼に見えない環境についての内容を重視 摂取と栄養 ケガや処置が続き カラダの仕組みに続く感じで 解剖学と生理学については深くといった専門的な部分は解りやすくと言った内容に留め トレーニングに関しては 具体的な症例はほとんどなく まぁ~ 極めて慎重な感じが見受けられる やはり「コーチ」(今回のテキスト)と「トレーナー」との違いを感じるテキストだと そう 求められる指導者の育成を見込んだ内容で それにしても(?)命令系統とエネルギー供給の部分(テキスト内)では まるで「俺のBlog 読んでる?」みたいな(失礼) 読み物としては 以前のテキストより入りやすく解りよく 今月末の実際の(5日間の)講義 とっても楽しみだ

「もう 1つの仕事(記事はココ)」教科書とは何ぞや?「どこで学ぶかではなく なにを学ぶか」きっと魅ているところ次第なのかと 僕は想っている


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20180709

パーソナルトレーニング|Gold’s Gym 原宿

ゴールドジム原宿・・・!

久しぶりぃ~ 原宿は初 フロント脇に掲示されている(看板)パーソナルトレーナーのプロフィール「おぉ~ 頑張っているなぁ~」ご無沙汰しているトレーナーも数名(ココでも活動しているんだぁ~)僕のプロフも掲示してもらおうかなぁ~ フフ

若干 敵地へ乗り込む(笑)浮いてる感バリバリで戦地へと脚を踏み入れはいり込み? ん~ タイトなコスチュームのお姉さん方々マブシイゼ もれなく屈強なマッチョのお兄さん達と 間違いなく場違いな私たち(?) まあ臆する俺でもなく すぐ横のベンチから 20kシャフトでアップ開始 できるだけ お行儀よく! ゴールドジムならではの空気感 なんにしても こんな空気感 たまりませんねぇ~ 観られている感と共に パーソナルトレーナーの醍醐味 過剰すぎず派手にアピール「水を獲た魚」状態 ボク的「中毒」ですねぇ~ なる腕を存分に振るうぜ へへ

24時間営業の先駆店でもあり 3フロアーに分かれた施設 想った以上に使いやすく万全で すべてと言ってもいいほどのトレーニングが可能だ 若干心配していたストレッチング(コンディショニング)のスペースも確保されていて 真剣にゴールドでの活動 検討しようかと考える・・・ いつも隠れ家での活動とは打って変わった華やかな場 ミッドブレス時代を想いだしながら 久しぶりに堪能!

【パーソナルトレーニング】90 minutes
・Bench Press (20 kg shaft)
・Dead Lift
・Bent Overrowing
・Ranji One Leg with While pulling in the upper body
・Side vent With ball
・abs(Abdominal muscle) Leg rays machine and V swing
・Stretching
・Intake of Protein 30g

フレキシブルに対応できることこそ パーソナルトレーニングの意味があり あらゆる満足に応えることが可能となる


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20180705

Power unit|まだ未熟「要修行」

ルーチンを増設・・・!

酷いよね(汗)引き脚 ちょうどワットが上がる(反対側)「30°/360°」休んでる 数値はウソをつかない正直だ
==============
【前提条件】
・ハンドルを引いて脚をまわす
・腹筋(深層腹筋)で身体を支える
・臀部からのペダリングができている
※自転車で使う各部位を間違いなく使える
==============
最低限のことができていていなければ パワーユニットを使っても まったく意味を成しませんので 間違いなく!

もう10年以上前のことで ほとんど覚えていない案件なんだけど・・・「これ少し使ってくれませんか」と(研究している団体より)知人を介して依頼があって パワータップ(後輪のハブ)車輪ごと入れ替えて少しの期間だけ使った記憶はあるものの データとか まるっきり興味がなかったことから詳細(数値など)は全く記憶なくって データ取集のお手伝いをしたことだけ覚えてて(ヤバいよね) まあ 当時のタップが取れるデータとは比較にならない(こんな)アイテムの核心的な進化 そうそう 診る側の技量が問われる良い時代だ 僕らにとっては本当に明確な分析と検算と その提供ができることは とっても良い時代だ

まあその大前提が整っていなければ 話しにならないことは言うまでもなく「ハンドル引くことができなければペダルを踏む(引く)ことができず 腹筋(深層筋)で身体を支えることができていなければ 引き脚(踏むことも)できない」 脚だけでペダリングしているようでは ロードバイクに乗る意味がなく 脚だけのツールにしてしまっては せっかくのパワーユニットも「宝の持ち腐れ」なんだ なので診る側(俺たち)は そのあたりの基礎基本である「身体を診る」作業が完璧に(完璧に!)できていなければ そもそもの提供を成さないことになる 間違ったカラダの使い方をしている状態で その動きのトレーニングをしているようでは なにをしたいのか 意味の解らない運動になってしまいかねないってことだ

また パワーを出すためのトレーニングは そもそも何のトレーニングがしたいのか 「速く(速い速度で)走る」「速い速度で いかに楽に走ることができるか」(1例として)『いかに低いワットで 時速50km/hで走ることができるか』 ワットの数値を上げることと 時速とは必ずしもイコールにはならず カラダの使い方が闇雲であれば そのトレーニングもトンチンカンってことで 数値を見て必死に(数値を維持 数値を上げる)走る練習をしても 数値を維持する運動? 数値を上げようとする運動? トレーニングとか練習といったスポーツとはかけ離れた遊び? そんな悲劇ってことかな

イチオウ言っておく カラダに聴く作業『200個の骨 300ヶ所の関節 600種の筋肉には 3種類の筋繊維が存在し 骨と筋肉は 腱により 骨と骨は靭帯により それぞれがつながり 随意筋(随意運動)と不随意筋(不随意運動)を 60兆個の神経細胞で 脳からの生体神経により 命令系統で支配され さらに すべての ヒトにより その状態からも 個々に「動き」は異なる』このことの理解と検算ができていなければ トレーニング 練習「何のため?」意味を成さないってことで ビンディングを付けた自転車でスポーツをするのであれば ココからでなきゃ ココから始めれられなきゃ ココができていないようなら ココからってことなんだ

この(僕の)数値からは 丁寧に意識することができていなければ パワーの掛かる(踏む反対側)引き脚の「30°/360°」負荷が抜けていることが解り オフセットについては 僕の場合「Qファクター(クランクから外側にシューズまでの間隔)が広いため基準」 左右差に関しては いつも言っている(右利きなので)左「51%」右「49%」を意識するイメージから「3%」の誤差(オフセットに関しても同様の誤差)そんな分析がこの数値から解る 若干悔しいので(笑)真円のパワーバランス 再度試み成してみた フフフ

更なる分析 検証 検算 研究 その先へ向けた研ぎ磨く修行 怠らず 僅かな妥協をすることなく 魅るべくところへ加速させます


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20180703

コーディネートの仕事

(ペダルはサイズ合わせ用)

クライアントの要望を「コーディネート」する パーソナルトレーナーの大切な仕事だ 辿り経て行き着く先に パーソナルトレーナーの到達点とでも言うのか『ライフスタイルアドバイザー』と言った最高の称号を肩書に語ること 実績と責任の証しの誇り 醍醐味だ!

単にライフスタイルと言っても「生活」を分析し切るには多くの検算作業が必要で 「要望」に至っては その先を魅透す作業が絶対で これまでのプロセスと これから辿ろうとする路の構築と 映らないカタチを 提供する側が 明確に能内で鮮明に描くとこができなければ プロの仕事にはならないってことだ! 多くのフレーズがオーバーフローするも 結局は読み取り測ることが基本 単一的に ダイエット・トレーニング・健康・運動・スポーツ・パフォーマンス・向上・食事・生活習慣・クセ・柔軟・可動域・筋肉・筋力・痩せる・体重・栄養・2か月で・短期間で・絞る・・・・ コレらは言語や単語にすぎず まずは総体的なプライオリティー こちら側で優先順位を探り出し検算することから その要望を創りだすイメージ・・・

「スタートバイシクル」入口はとっても重要だ 雲をつかむクライアントへイメージの提供から その先を魅こした まずは客観的な一般的な専門的な丁寧に最少で絶対な もちろん乗り方や練習 その環境 溢れる情報から間違いと正解と 漏らすことなく教える そう痛切に「白紙から入ってきてもらう」カラダのことからスタートできることが なにを置いても最重要 (着いてしまった)クセの修正からだと 脳内の改革からなのでマジで大変(これまでの多くのセッションから痛感) まあでも 本当に多くのことをみなさんから学び得ましたねぇ~ 

またショップさんとジョイントしたイベントや練習会では 明確に目的を決めた開催に至り 時折依頼が掛かる撮影の仕事では 指導やコーチングの他 安全管理に至るまでのコーディネートの要求 シビレマス フフフ 『「パーソナルトレーナー」得意分野は自転車』専門家として プロの仕事を魅せつけることで 証と語る

さて今季も折り返し「family benefit」種蒔きしつつ 夏の練習会(内臓の仕組みで脚をまわす) ジュニア班の次「AACA 8/11」 後半へ向けて結果を生み出しつつ 次のステージへ向けた動きにつなげてまいります


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20180629

【お誘い】夏の練習会|千葉木更津

練習のお誘いです!
環境の良いコースで 一緒に練習しませんか (内臓の仕組みで脚をまわす練習)

【日程】
7月 15日 (日) 9:00開始 120㎞

【コース】
千葉県木更津 周回コース 1周15㎞*8周 3~6%の傾斜 止まらずに周回できます
※コース詳細は個別に案内します

【集合場所】
①7時30分 ピックアップ組 世田谷区(等々力付近)自走で来てください
②9時 スタート地点(アクアライン 木更津北IC)

【サポート】
クルマで伴走しますので 補給は止まらずに供給します
概ねの補給食は各自で準備してください エナジージェルと水(コーラも)は用意します
※選手は止まらずに通して 120㎞ 走ってください

【費用】
一般申し込み 1.000円
練習クラブのメンバーは無料 また アンダー(U15 U17 ジュニア U23)も無料
ピックアップ組は 往復1.000円(ドライバーへ払ってください)アンダーは無料

【概要】
キャリア 性別 年齢は問いません(練習として参加できるサイクリスト)

人数が多いようなら グループに分けます(ちぎり合いはしません 基本集団で走行)
1周目 アップ走行(初めての方はコースを覚えてください)
2~5周(4周回) LSDペースで脚に確実に丁寧に負荷を掛けます 10分交代
6~8周(3周回) 徐々にペースアップして負荷を掛けて走ります 1~5分交代

基本的には集団で走ります 脚の差によって先頭を多く引いて負荷を協調してください 最終周回のラストのKOM(登り)では遠慮なく勝負してください
独走になってしまっても サポートカーでアシストしますので しっかり練習できます

ロードレースは 内臓の仕組みを使って脚と身体を動かすスポーツです 選手の練習として「乗り込み」出し切る手前までの 酸化系の筋繊維(Type1)の強化と 中間繊維(Type2a)の生成(筋線維タイプ移行の分子メカニズム)のトレーニングになります 酸化系の筋繊維を動かす仕組みは「エネルギー供給の仕組み」を機能させるとになり「筋繊維の回復と同時にパワーの生成」内分泌(内臓機能)の強化につながり 高温季(寒季)であっても季候に左右去らない運動機能の強化 パワーの生成と回復機能を繰り返すことができる そんな練習をします アンダーの選手にとっての乗り込みは基本中の基本です この機会に良い練習をしてください またレベルを上げたいサイクリスト(男女社会人)いい環境 いいコースで確実に身に着けてください 本格的な練習に臨むビギナーへは 僕たちが指導します ※必要な指導 コーチングします

この時季この季節 どうしても乗り込み不足になりますので みんなで集中して練習できればと想っています 練習クラブはチームではありませんので チームでの参加 もしくは友人との誘い合わせでも 垣根はなく歓迎します 厳しい練習を楽しめればと想います

参加申し込み 問い合わせ
http://www.charipro.com/contact/index.html

待ってまぁ~す


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20180625

National championship|U17 Junior Elite Femmina

今季のレースも前半戦の締め括り 結果の通りの国内の成果? ボク的には大いに意味のある結果で U17 Junior Elite Femmina その結果から よく解ったよね

ライブ配信 中継された「Elite」しかし不思議? 集団の前を走る一般のビジネスマンの趣味で走っているサイクリストが(結局)11着以内に2名 (若くない)ホビー選手に敵わない職業で走っている奴ら 毎日なにしているんだろう? 日々仕事を尽くし週末だってまともに練習時間がとれない選手に 24時間(365日)自転車だけに使うことができるみなさん(このレースにはプロチームに所属する選手も1名走っていて)なにをして暮らしているのか 不思議だよね この国?

まあでも終盤の展開「前に前に」アマチュアのレースのスピリッツ プロチーム(プロコンチネンタルチーム)から戻ってきた選手のいい走りは魅せてくれました まあでも(インタビュアー?発信側?マスメディア?)「今後は?」「ようやく本来の走りに?」『なんだよ 戻ってきた選手へ?』と 問われた選手は応えるだけだけど 欧州の経歴を経てきた元プロ選手への質問としては若干しょぼすぎる? もう少しメッセージ性のある後継へ向けた発信を(「今日のこの日の こんないい走り」その走りの後継へ向けたメッセージとか)求めてもらいたかったよねぇ~ でもまあ ホビー選手が普通に活躍するレベルの(ナショナル選手権)レースなので「後継へ」と言ったって(誰へ?って)説得力に欠ける?かぁ~(笑えない) またアンダー(U23)では 前半からサクッと動くも拮抗 プロを目指す奴らの動きと 趣味で走る選手との差は視て如実に解る走り 欧州でも(プロ入りへの結果として)魅せてもらいたいと切に願う限りだ そうそう「U17 Junior Femmina」やっぱマイナースポーツを痛感する事態だよね(涙) しかしこの国内 ボロボロ!?

分析以前に解る事実? 各国のリザルトと個人のデータを比較分析(仮に1国だけ)スエーデンでは「U23+Elite」混成レース 22歳のクラブチーム所属の選手が FDJ(ワールドプロツアーチーム)の選手と逃げきりゴール勝負で勝っている スエーデンには プロチームどころか コンチネンタルチームすら存在せず しかしプロ選手を多く排出している 世界でイチバン多くコンチネンタルチーム籍(9チーム)この日本 フランスやスペインでは たった(コンチネンタルチーム)2チームしか存在せず この事実より解ってくる現状(ザックリね!)「選手で飯が喰える環境が増えても 各選手が向上していない(向上する気がない)ため 世界的レベルから遠ざかっている」または「レベルの向上を考えていない選手が 飯が喰える環境へ所属できる(クビにもならない)」もしくは「(世界のレベルは無視して)国内だけでの活動しか考えていない選手の集まり(そのための雇用)」この他にも同様に言えることはあるけど・・・ そうそうプロから戻ってきた選手が国内で選手として所属する環境として(今回勝った選手のように)とても良い環境で また欧州のプロを目指す「U23」選手のステップアップの環境としても世界を転することができる「コンチネンタルチーム籍」の環境は とっても良い仕組みかもしれないけど プロでもないのに飯が喰える環境を得てしまっては(後者)ハングリーとは縁遠くなる?「プロになって飯を喰うため勝ち上る」そんな欧州で走る若武者へ挑むことはできない? そもそも欧州のプロを目指す選手は日本のコンチネンタルチームにはいないのでは? きっとこのことが事実なんだろう その証が(U23)逃げ切った2選手(コンチネンタルチーム籍ではなく)クラブチーム所属の選手だ

さて この調子だときっと来季は 週末を楽しみに草野球をするオジサンピッチャーが プロ野球選手相手に「ノーヒットノーラン」されるが如く 近いうち全日本選手権で サラリーマン選手が勝利する時代が来るんだろう この仕組み この構図だと こうした拍車は止まらない? 自転車で飯を喰う選手はどこを魅て自転車レースをしているんだろう?(してきたんだろう?)  

まあ指をくわえて視ている訳ではないので こうした実態を考える奴らと共に これからの選手が間違わないよう その発信と指導 僕らの仕事 その履行を固く誓う限りだ


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20180620

120day's for to Beginning

4ヵ月経て リアルスタートってこと!

昨年末の(自爆の)墜落で(もう乗りたくない口実から)年始からのOFFの練習 まったく練習になっていなくって ようはサボっていて 脂身が全身を 実にゆっくりコッソリ忍び寄り襲い掛かり体型が緩む しかも全く見えない内側と中側の筋肉の繊維 実にゴッソリ萎えていく 診えないだけにマジクセが悪い 若干の摂取の加算は調整しつつ 3月の仕事の依頼(取手のサポートライダー)から(しかたなく)乗り始めて サボっていたツケの回復へ向けようやく 2月から(現在)4ヵ月が経ちマジでようやく筋繊維に新しい血液が通い始めてきたよ

実質 筋繊維の生成には概ね「90日」と証明されていて でも実際には赤血球の死滅と生成が「120日」ってことは実際に 内分泌の仕組みより筋肉の線維は『120日(4ヵ月間)』を経てから新たなる生成が始まるってことになる でもこの仕組み(サイクル)は「闇雲」や「的外れ」に その練習 そのトレーニングがなっていないことが再前提での最短の仕組みってことで カラダに聴く作業『200個の骨 300ヶ所の関節 600種の筋肉には 3種類の筋繊維が存在し 骨と筋肉は 腱により 骨と骨は靭帯により それぞれがつながり 随意筋(随意運動)と不随意筋(不随意運動)を 60兆個の神経細胞で 脳からの生体神経により 命令系統で支配され さらに すべての ヒトにより その状態からも 個々に「動き」は異なる』が伴っての話しってことになるんだ

先週のベロドロームのレースも終え 温めていた案件を開始しつつ 今週は治療院の先生とのセッション 治療と完治へ向けた(診たて診断)触診やリハビリ 座学と講義 先生へ教える仕事(カラダの診たて|治療(座学と手技)) 少し温くなっていたトレーナーの仕事「研ぎ磨く作業」自身のカラダを臨床 分析と研究 妥協なく追及すること 臨むコンチネンタルへ向けた想いと共に妥協なく 次季戦闘へ


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20180618

【Junior】Vélodrome Omiya|埼玉選手権

ドメスティック(地域)のレース

大宮競輪場で開催されたトラックレース バンク(ベロドローム / Vélodrome)でのレースは今季2戦目 でも前回はロードレーサーでの種目だったので トラックレーサーでの参戦は今季初 ほぼほぼ ジュニア選手(高校生)と大学生がしめ ココ埼玉県に所属する高校の自転車競技部は国内では最多 多くの高校生サイクリストの「Live」を確認し貴重な検算ができたことは 僕たちのキャリアにもアップデートでき 山積する課題に拍車が掛かった「アリ地獄状態」の加速が増した結果になったことは ある意味?良かったと有意義に感じていることも結果だ

今日ここに来ているってことは 開催中の国内選手権(全日本選手権個人タイムトライアル)には出場できない選手ってことになる(全日本選手権TT エリート・U23・U17・U15)選考レースで掛からなかったか 全日本選手権そのものを目指していないか(知らない 興味がない 感心がない)選手しか来ていないレースってことだ まあこの日ここにいる選手も本当に様々で レースの合間に牛丼喰らってダベッテいる子から 無言で笑顔も見せずピリピリした気配でアップを繰り返している子まで 運動会を楽しんでいる子供たちと レースを闘いに来ている選手とで おもしろいほどの温度差も感じ オレ的には不思議なレース会場に映ってて 僕らは新参者として参戦しているので おとなしく振る舞って観察(笑) レベル的には独走(1000m TT / タイムトライアル)高校生のトップが「1分08秒台(TTのカーボンバイク ディスクホィール)」僕らの時代と時計的には同様?(30年前に)手組のホィールにスチール自転車を乗る選手と ほぼ同じタイムかなぁ~ 視た感じ「倍数掛けすぎ(ギア比が重すぎ)」?若干そう・・・ 距離系の種目(スクラッチ ポイントレース)には みるからにロード系の子達が走っていて でもトラック系の選手とのトップスピードの差 走る選手を視ていると 各選手の(日々の)練習内容が手に取るように把握できる あと 闘う「気持ち」挑む「想い」脚と走りで如実で とっても考え深い想いでレースを分析することができた

「U23」までの4年間 その「ジュニア・U17」この期間で基盤を創り 19歳の年齢に達した時期に伸ばす選手の育成 いま現在の実力が飛び抜ける必要はなく でも「牛丼喰らってダベッテいる子供たち」が来る大会が(きっと)万栄する時代と化してしまったこの国内事情では 解かなきゃいけないメンタリティ 内面の問題 想いや心の問題を解(ほど)く育成 先を魅据えた指導が必要であると 焦ってもしかたなく でもモタモタしているようではダメで 目先に捕らわれることなく 僕らの仕事を選手と共に確実に着実に そう切に・・・

次は岐阜 8月11日(土祝)AACA です!


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20180612

勢いの回復|Regain of strength

若干「引きこもり」日々が続く 倦みそうだ!?(笑)

施設との往復と作業場(部屋)へこもりっきりで ゴハンも裏の料理屋さんとココ 近所のイタリアン(OTTO)身近で完結しすぎで 少しはカーボンに乗るものの 得意の「行動力」ほとんど機能を使わず停滞気味だ

ドゥフィネ(Critérium du Dauphiné 2.UWT)が終わり ハンマー・シリーズ(Hammer Series)を視ながら ツールドスイス(Tour de Suisse 2.UWT)が始まって ディスプレイに貼り着きっぱなし もろもろ もろもろ この10年の選手経緯 そのプロセスには必ず 行き突くとは「ラブニール / Tour de l'Avenir (2.Ncup)(U23のツールドフランス / 各国をチームとし国別対抗戦)」こっから始まる多くのプロデビュー いやココに来ている時点で既にプロ入りしている選手 もしくは傘下のチームに所属していたり プロへの登竜門であることは言うまでもなく プロを目指す「U23」 フランスやイタリア(その欧州他各国の)代表に選出されるってことは イコールその時点でその選抜はプロ予備軍ってことになるわけで まさかプロを目指していない選手はいるはずもなく ラブニールはそういうところ プロになるための通過するプロセスってことで ここで結果を出し通ってきた選手がプロになってきた証し データベースからも明確に検算できる(国内事情と比較し言いたいことは多いけど控えます)

さてポジション・・・ キャリアを研ぎ磨く 機能の停滞などグズをしている時間はない 新規のコーディネートの依頼も入ってきていて サクサク組んでいかないと 国内でのトレーナーの仕事 これまでとは別のアプローチで進めてきているので とっととカタチにしていかないと また暖めてきた切り口を換えたプログラムも具体的に組んでいかないと・・・ ボクのポジションの構築作業 スロットルをガンガン空けていかないと 魅ているその先へ辿りつくことはできないからね

ポジションを換えたコンチネンタルへ・・・ フフフ


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20180606

A position|「ヤレ」って言う立場


22%・・・ えっちら おっちら(汗) 老体にムチ!? ラスト1本 健康のための運動? っていうか 身体に悪いじゃん?(笑)

いい季節になってきた 南米の沖で ビキニのブロンズとフィッシングでもしたいよねぇ~ Fishing with Luiza(YouTube) 観はじめたら キリがない ささやかな夢を魅る?(笑) ヤバい 夢にマジ出てきそう・・・ しかぁ~しっ ジミだよねぇ~ 自転車レースの練習(笑えない) なんでこんなスポーツを選んだのかって 本当にそう想う しかも現在 そんなことを「ヤレ」って言う立場(酷)

配信動画 Live レースのVTR こっちは仕事 「HC. 1. 2.」でのレース(カテゴリー区分の詳細は ココ) 視るの大変(汗) しかも同時のライブ(2レースとか) モニターを重ねて 各選手の経歴を(データベースで)確認しながら  レース展開 選手の動き 集団流れと同行 選手の過去のデータを視ながらのレース もの凄くオモシロイ! そうそうサポートカーの動きなんか マジでヤバいよね(カーレースバリ)視ていてイチバン面白いかも! まあでも各選手を視ていて想うことは どこを魅ているのかってのが その走りでよく解ってくる 「U23」を経過したコンチネンタルチーム(CT)の選手 ようはプロに行けなかった選手たち また30歳代の CTの選手に中には 元WT(ワールドツアーチーム所属のプロ)もしくは PCT(プロコンチネンタルチーム)に数年所属していた元プロ選手であったりと 様々な経歴と その走りには実に興味深い意味と走りが見受けられる・・・ そう想いだす昨年のカルホルニア(Tour of California)では CTである「Rally Cycling(USA)」の選手 選手全員プロ相手に果敢に攻めガチの走り マジで魅ていて血が沸く走り(マジで凄かった) 決して若い選手ばかりではなくって「勝ち上るための走り」誰が観ていてもよく解る走り「観ていて想わずこぶしを握る」 その結果が今年 チームがプロコンチネンタルチームへ昇格している 想いと実力の証しだ

トレーナーの修行から戻り 選手を診(視)てきて何順かしてきて何年も経過して来ると その各選手の結果が現れてきて まあ当然と想う結論へと至る この事実は悲惨と紙一重で僕のチカラ不足もあるけど やっぱ本人の問題であることは言うまでもなく(導くことができなかったチカラ不足は痛感している) 僕らは その結果如何 そのアップデートを幾度となく繰り返すことができるけど 選手は 1回きり 間違っても後戻りができない期限がある(「期限|Due date」または「Involvement of|関わり」)

国際ルールで定められたカテゴリー(UCI登録チーム)
WorldTour Teams(WT) 18チーム(日本人選手 2選手)
ProContinental Teams(PCT) 27チーム(日本人選手 Nippoに7選手)
Continental Team(CT) 180チーム(アマチュアチーム登録)
上記の 2段目までがプロ選手(WT PCT)(日本人プロ選手は9名ってこと) CTはアマチュア 日本のチームはこの位置になる この下に 地域のクラブチーム(ドメスティック)の存在がある 日本で言うなら「実業団チーム」になる
※カテゴリーの一覧表は ココ

まあ 誰もがプロを目指している訳ではないので「レースを楽しむ」こうした選手のために開催されているレースも本当に大切で 自転車レースの発展に貢献する活動となり とても大切だと想う でも この「背景と到達点」をボカシているようでは(貢献とはリンクしない)意味にない商売になってしまいかねないんだ(多くの意味を含みます) その背景と到達点には コンチネンタル(「HC. 1. 2.」)で開催されているレースを視ていて感じる プロ(WT PCT)から降りてきたガッツリ闘ってきている CTのベテラン選手と 上を魅ていない20歳代の PCTの選手では その走りから どっちがプロなのか話しにならず 勝ち上ることをあきらめているPCTの選手と プロチームからリリースされても勝ちにこだわるCTのベテラン選手との走りの違いを言っている こんな背景と まあどっちみち? 想いも実力も (U23の選手が)勝ち上って行く選手からすれば「途中の場所」踏んでいくプロセスの場所にすぎず WTチームへ勝ち上る「(WT PCTの)プロになる」そのために走るレース その走りと目的のことを 自転車レースの到達点であると言っている でも誰しもがプロになれるってわけではないので CTの選手や クラブチームの選手がレースを楽しむことは 発展と貢献の意味は成す

また欧州のドメスティック(地域のアマチュアカテゴリー)CT以下のクラブチームにも 給料もらって走る(プロから降りてきた)そんなモサがゴロゴロ存在していて 地域のレースでは 若い選手をガッツリ喰う百戦錬磨の選手を プロを目指すU23の選手はスピリッツと勢いで踏みつけて負かすことで プロへの路が開かれる構図があって このことも重要な「背景と到達点」を意味し でもこの構図(仕組み)は ことこの国内には全く存在していない事実が 欧州とリンクしない 意図あってリンクさせないのかと想わせる程の実態 ん~ なんで・・・? また同時に 先週まで開催されていたアジアツアー カテゴリーは「2.1」Live 張り付いて視て多くの事実を眼にすると「何故」とか「なんで」とか不思議な想いが沸いた

U23の選手を連れて行脚する監督の苦悩と帯同 日本人選手を使うPCTの監督の チーム運営の苦労と施策 どちらとも(それぞれに関わるスタッフも含め)奇跡と言うほどの仕業で 多く語られることではなく 深刻な事情である事実が伝えられることもない 深刻な事情に特効薬はなく いまの環境を「1つでも前へ」そんな仕事を間違えることなく淡々と前へ進めていく姿は こうした事情を感じる関係者であれば容易に把握できる

えっちら おっちらでも 「ヤレ」って言う立場のしごと 僕ができることをするだけだ


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/