20181214

2極化に進む治療の環境

すっかり綺麗になった外苑さんの施設 サマディヘルスクラブさんに 僕の部屋を創ってもらった フフ まあその目的と その履行をする部屋 今日も「治し方を教える仕事」施術を施す先生への(定例での)指導とトレーニングだ

まるで「水を獲た魚」クドイ舌が滑らかにサクサクと理論と理屈 遠慮なく炸裂(笑) 微妙とか繊細などと言った曖昧なようでは話しにならなくって 裏付ける感覚を徹底的に身に着ける まずは「ヒアリングとコミュニケート」メンタル面からのアプローチと 眼に映ることのない内分泌(血液と代謝) 筋繊維の起始停止部と関節周辺周部を立体的なイメージを脳内で描く PNF(Proprioceptive Neuromuscular Facilitation)のチカラの方向と反射(神経)を測り 触診と触感 また僅かな動き(動かない動きも含め)視覚でも見逃さない触覚を張り巡らせる

今日は臨床 実際に現役選手のボクの受診 実際の施術を(先生方に)視てもらいながらの実践でのトレーニング 講義と合わせての施術 現在メディカルサポートをしている選手のパフォーマンス 2か月前のメディカルチェックでの動きからの変化(改善の方向)の検算から改めて診治す施術から 動きからのアプローチの必要性を(先生方へ)口説く 不具合の改善とは ①柔軟と可動域を揃える ②筋繊維の部位を脳の命令系統から限りなく100%(随意運動と不随意運動)導線を揃える ③関節と骨のアライメント(動く方向 またはパワーの方向)を揃える ④左右差を揃える 「(冒頭記述したことと)総体的な身体を診る」 施術する側の把握だけではなく 選手へは自覚できるよう施術し その意味を その選手の言語で伝える また「何故この状態なのか」を解き伝え 今後の路程を理論と仕組みから解き伝える! 選手が抱える しつこいシビレとか微妙な痛みには必ず原因がカラダのどこかに潜んでいて その原因を突き止め 「何故」まで突き止め どうすればどうなるか また繰り返さないための何かまでを分析し この日の結論を生みだす訳だ まあ僕の脳内の電卓はアナログと16ビット(笑) でもスピードと判断 診断と診たて 迷うことなく即断 狂いはないかな フフ

まあ一般の方(の治療)においても 確実に「生活習慣」が絡んでくる訳で そうなると リハビリや 運動療法以外に ケガや不具合の改善治療には 摂取や内分泌 患者に合わせた言語の習得(日本語の言語)等の他 総体的に身体を診ることが絶対に必要になってくるわけで 行く着く先は 僕らと同様に「完治を知るトレーナー」の領域に入ってくるってことになる 現在治療に携わる各所では 間違いなく2極化に拍車が掛かっていて 今季出席したスポーツ医学会でも散々医師も公言してたことだけど 「治す技術(完治)」に医師とトレーナーの連携(関係)の重要性を力説にて各医師が説いている現状 カラダの治療に携わる職業全般 2極のどちらへ向くかってことが問われている

研ぎ磨く 怠ることなくアップデートしてまいります


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20181210

酸化系の筋繊維(Type1)の練習

今週は にぎやかでした・・・

「ガチの練習」集中し切った「LSD」脚を止めることなく100㎞! 各選手の課題と トップスピードを上げるための基盤 最高巡航速度(OBLA / LT)を上げるための下地 酸化系(Type1)の筋肉の繊維の容積(可動域 領域 アンダー以下は増殖)の増量を主たる目的に ポジションやフォームの診治しと修正 ギア比「2.8(Fix/固定)」平均30~35km/h AVE 水分とエネルギー源(酸素も)を摂取しながら筋繊維でガス交換を最高率を測りながら 脳と脚をまわす練習です

フィニッシュはもちろん (ギア比は固定したまま)スプリント勝負 ん~ シビレルゼ!

血中酸性領域をコントロールするための極々常識的な基礎練習 このトレーニング次第ですべてが決まると断言できる仕組み 解りやすい言語で言うなら「ワットの数値と時速(速度)を比例させる」こんな表現になるのかな あまりクドクなるので詳細な説明は省きますが レベル如何(年齢性別)を問わず 自転車をスポーツとして使うのならば また欧州のトッププロ選手であっても 特にプロを目指すアンダーの選手は このあたりが才能の要になってくる まあ強くなりたけりゃ やらなきゃ話しにならない練習ってことだね

筋繊維の動きになので 当然「内分泌」内臓機能(内臓の仕組み)と対(共に)エネルギー供給の仕組みと 血中酸性領域を操る その動きに同調させる筋繊維を 関節と筋収縮からのコントロールを 脳からの命令系統より 随意運動から不随意運動の領域へ送り込むための練習でもあって ようは小難しいことの繰り返しな訳で さらにクドク言うと「雑」なことしているようではダメってことで「筋肉の繊維を1本づつ動かす」そんな動きが絶対に必要になってくる 繊細で丁寧な動きの必要性を理解できていなければ その先に 前には進めないってことなんだ 
  
トレーナー(コーチ)は 選手が来てくれなければ なにもできない! 教えに行くことはなく でも 指を咥えて待っているようなグズしている時間はなく この国が抱える課題は多く足かせになってはいるけど 導くための指導ができる環境 妥協なく提供していきたいよね

《Wanted》募集:練習クラブ第6期生
http://charipro.blogspot.com/2018/08/wanted6.html

《Wanted》Practice club U15 U17 Junior
https://charipro.blogspot.com/2018/05/wantedpractice-club-u15-u17-junior.html


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20181209

その先を魅る仕事

ピヨピヨ・・・ 聴こえてきそうだ フフ 「SLX」乗りなら この可愛いヤツ お馴染み

『才能を感じ摂る瞬間を津々と秘め』 職業として展開するトレーナーの醍醐味ってことなのか 1度診た責務は請け負う訳で すべてキャリアとなり アップデートを繰り返し積みかさねる結果となって 伝承し続けることになる これも責務の履行ってことだ

離れていた修行の時期からの復帰のキッカケに 2008年から展開してきたセミナー このところはメーカーやショップさんとのジョイントで呼んでもらっての開催 単独での展開はサボり気味となっていて 若干情けない事情になっているんだけど 今回もシースピードさんに声をかけて戴きホント感謝です またクドイ話しをしてきました みなさん お疲れさまでした ありがとうございました

http://cspeed.jp/blog/see-you-at-next-phase/

今年は聴く側が多く スポーツ医学会から スポーツ協会(旧体協)JCFの研修と 多くの検算に利いていて トレーナーとしてこれまでの実戦と実務 才能に関わる責務も着々と身に着け 研ぎ磨く作業も津々と 更なる先への履行へ妥協なく確実に向かっていている

まだまだ修行の身 コンチネンタルへ臨んでまいります


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20181207

メディカルサポート|Season in 2019

「心地よい集中力」若干のプレッシャー 染み着いた習慣と共に!

最前戦へ送り込む選手を診る作業 完成されたプロ選手(WT PCT)なら Vo2Max パワーMax 血中酸性領域(LT/OBLA)の測定まで実施するんだけど アンダーの選手の場合「カラダの診治し」この時期に確実に修正できていなければ とてもじゃないけどコンチネンタルへは臨めないってことなんだ

メディカルサポート|カラダの診治し

まぁ~ また古いショット アンダーの時代 練習環境を求め茨城の地 3シーズン目で結果を出すことができたので このオフに東京へ戻る準備をしている時「ペーサー用のモト どうしようか?」と そんな瞬間を撮った絵 思い出す! こんな逸材 この現在に公道を走らせたら捕まっちゃう(汗)

自分の可能を信じ 環境の良い地で走り始めて2シーズン レースを転戦し地域レベルのレースでは何度も壇上へ上がるも エリートレベルのレースで「どうしても勝にからめない」 そして3シーズンを向かえるオフに「このまま仮に倍の負荷を掛けても これ以上は強くなれない」と 脳内環境を整理してみると そもそものカラダのことを考えなおしてみた 意味を成さない自分の考えなどを すべてクリアにして白紙の状態から そもそもを考え治してみると「新鮮なポジションと練習」が生まれてきて 再生したカラダの使い方を創ることができ 臨んだ3シーズンから この自転車に乗りかえたことを思い出す こんな時 その当時に トレーナーがいて 伸び悩む 闘いに迷う選手のために仕事をしてくれるトレーナーがいたら もう少し早く辿り着く方向へ そんなふうにも想いおこす

今週は 欧州へ臨む 2名のアンダーの選手のメディカルチェックして 国内のこのカテゴリーでは そこそこ走る選手ではあるものの まだまだ伸びしろ残している 言い換えれば「修正箇所が満載」 アンダーのメディカルチェックでは その潜在能力を自覚させる作業なんだ 選手へ四の五の言わなくっても 選手自身が勝手に自覚する訳で 速くなるために ない1つ取りこぼすことなくやれ 各選手へは『強くなるために遠慮はするな』そう告げて これからへ臨む

せっかく頑張っていても「的外れ」では成すことはなく そもそものカラダ 能内洗浄から アンダーの選手は時間(期限)との闘い 過ぎ去った時間は取り戻すことはできない 後悔する前に診せに来い そう僕は想っている


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20181206

不思議な引力

しかぁ~し 身の周り 動きまくってて 目が廻りそう(汗) まあ 脚はまわってないんだけど 脳は確実に引っ張り廻されているかなぁ~ 

またこの時季が来ました シーズンのカレンダーが身に染みているので 若干ウンザリ感はあるものの 今季も(スタッフ)3人体制で臨みます 今季は 山中湖村プロジェクトの選手達も トレーナー(コーチ)として診るので スケジュール ガッツリ組んでいかないと わずかでも妥協が生じてしまわないよう測らないと そんな滑り出しだ

なんか不思議な「引力」が働いているのか まあ若干のリスクを抱えるものの そんなのにビビっている性格ではないので まあ突っ走るだけ 選手を診ることが僕の仕事なので 四の五の考えてる無駄なことをしている隙は存在しない 「魅ている先が決まっている」そんな引力 既に習慣となったバーバリアンとの心の通った熱い会話と共に そんな不思議なチカラ 遠慮なく使わせてもらうぜ

シビレル仕事 たまりませんねぇ~ フフフ



ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20181203

闘った先輩選手|伝承します

この時は 僕が先着でしたが 表彰台で「左右」何度もありました
国際ロード(現ツアーオブジャパン)大井ステージ・・・

レース中盤 大門さんとフランス人選手の3名の逃げが先行し メイン集団より何度も飛び出したんだけど なかなか決まらず 最終的に シマノの国末さん(ナショナルジャージ)と ブリジストンの秋山さんが反応してくれて 弱小チームのサカエの選手(当時の俺)が BSとシマノの選手を引き連れてゴールまで 勝ち逃げの次の逃げ この時は「絶対逃げ切る」僕の逃げだったので ガッツリ先行し切ったので「引き連れて」って言っても 叱られることはないかな フフ しかし若い! 20歳だったかなぁ~

僕が始めてエリートのレースでの表彰台 秋山選手の走り 伝承してまいります 


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/