20210406

Life management / ライフマネジメント


 こんなシーズン初めの時期に「移転計画」遂行中 ウチに貯めこんでいた大量のスクラップ(使い切ったフレーム 手組のホィール パーツの数々 産廃)結局こんなクルマで中間処理場へ搬入する始末 まあ輸入車が購入するほど注ぎ込んだ スーツとネクタイ 革底のシューズに舶来の衣装は 燃えるゴミでアパートのガーベッジへ 管理人さんに手伝ってもらい サクサク ためらうことなくカラダにコビリ着いたスラグを削り落とすような 妙な人生観が目を覚ます そんな自らの現象に驚くサマ マジで気持ちが拓ける想いだ

「身の回りの整理できなければ レースの組み立てはできない」いつも選手に告げている事実 オレが実践できていなければ 言葉に理論が着いてこない訳だ ゴールシーク 詰将棋 「つじつま合わせ」では意味を成さないってことで 選手「1人1人」視て診る 腹を決め仕事として(Sports director)請け 実務が始まると実際 現実的にカラダが3つ必要(汗)でもケンカになるので脳は1つでいい(笑) レース初戦が現地にて中止となり 走り以前にチームの「そのもの」露呈 仕事のカサが増す レーバー諸々時間もゴソッと持っていかれ 隙間がどんどん狭くなり 間髪入れず物事を動かす作業が続く まあオレが動かないことには始まらないことは 泣き言を吐く時間まで もったいない

どうにか「Yamanakako Cycling Team」体制もかたまり 8選手(E U23 J U17 U15)体制 繰り返し交わす言葉とメールも 先週の初めてのチーム練習より「言葉の意味」脚から脳への理解も(多少は)理解に至るプロセスに入ったのかと まあ選手を信じる限り 選手によっては「初めての練習」これまでがいかに「練習」とは逸脱いていたかの痛感「レースの負荷での練習」の意味の理解 その理解よりドロップしていく選手も まあ流れであることも現実なのかと 追い込んだ厳しい練習と 厳しい練習を繰り返すことでつくられるメンタル ようは『カラダの準備』このプロセスから創られる『メンタル』 やるか そうでないか 自身が決め決断することができる単純な選択 選手の資質 選手次第ってことになる訳だ

さて今週は 今度こその初戦(AACA)7選手エントリー 4カテゴリー全戦フル参戦 クリテリウムなので脚を視るには最適(チームの選手と他の選手も)チーム的には 結果的に結局 充分な準備の基 初戦に臨むカタチができたことは運がいい

気持ちが拓ける妙な人生観は これまで以上に「ブレなく魅ること」「わずかでも妥協することなく」スマートな方向 無駄なく組んでまいります 


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20210302

トップスピード|育成チーム合同練習


 レースのキャンセルが相次ぐので いつもレース会場でコミュニケートしている 育成チームの SD(スポーツデレクター)へ「合同練習」お誘いしてみると こころよく請けて戴き しかも遠征してもらいました 両チーム スタッフ総勢 また 社会人選手の参加もあって なかなかのトレーニングレースができた

目的:スピード練習
①トップスピードの強化
②最高巡行速度の強化
③勝負感

練習:1周10㎞×3周(1クール) 計2クール+コースまでの往復 計130㎞
⇒2クールとも 3周回終了時は 最速で先頭を走りながら ガチでスプリント勝負

チームロード形式にて先頭交代 ってことは「最高速で前を引く」脚を調整して走っているようでは時速が上がらないため 逃げて走る先頭交代とは異なり 脚を溜めてセーブしながら走っているようでは練習の意味がない 「最高速」ようは時速を上げる まあこのあたりが 近年の育成の最重要課題 ギアに頼らず でも倍数掛けて脚を回す 踏んでいるだけでは(ワットの数値は出ていても)時速につながらない 速く走れないってこと また雑に脚を使っているようでは「負荷=時速」にならず なので 常に酸化系の筋繊維を収縮より「酸化系の筋繊維での回復」このあたりは常識的な運動生理学 雑に筋繊維を動かしていると意味を成さない練習となってしまう 筋繊維を1本ずつ 順番通り Type1(酸化系)の筋繊維を使い切り常に収縮している状態で 更に負荷に応じType2a(中間繊維)を使い切り Type2b(解糖系)の筋繊維を 血中酸性濃度Max4Mm「OBLA」のボーダーを僅かに超える負荷(ピルビン酸→乳酸)で前を引き 交代し下がるときの脚と 最後尾に着く脚を逆算し残し 後方で次の交代までに Type1(酸化系)の筋繊維の収縮にて回復(乳酸→ピルビン酸)させるペダリング カラダの使い方より 各選手個々の トップスピードと最高巡行速度 ようは「時速」の練習 スピード練習ってこと 脳と脚を回す練習だ

繊細に脚を削る練習は 繊細に脚を回復させる練習となり「無駄脚」を身に染みて自覚することと レース中の「無駄脚」 使うべき負荷を知ることから 厳しいレースでの走りを自ら仕掛ける試みにつながる訳だ ザルで水をすくうような バケツで水を汲むような そんな練習ではレースのレベルが向上することはなく 運動会の競争ではなく 強い奴らへケンカを挑むガチの勝負にはならないってことを言っている

まだまだ皆んな育成過程 間違わないよう導くことが オレらの責務 プロの仕事をブレずに履行します

育成チーム・合同練習会:レポート
https://yamanakakoct.com/2021/03/01/report01/?fbclid=IwAR0-9Cnb9uYyWQFdoCa3ujjGF8T-q3wEEpGgPVu218M7YWSr2jC3wApnW-g


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20210222

スキーム|scheme


 塩茹でパスタ たっぷりチーズと少しのブラックペッパー 葉っぱを混ぜ 120g まあ主食 最高のごちそう いまのオレには若干の過剰摂取 食欲を抑えないと 服を脱げなくなる フフフ

「人事」核心に迫るにつれ 政治の声が足カセに 環境を測る作業 ある意味 この日本の縮図であることを思い出し『だからこの日本は選手が育たない』痛感 まあでも仕事として請けている現在のチーム その運営陣 まあメンタルが強靭でブレがない オレ的にも存分に迷うことなく闘う準備ができる 組織がデカくなれば「人的障害」漏れなく着いてくる スポーツチームではナオサラで 妥協して均しているようでは決して成すことができない育成事業 人的障害の処理はオレの担当 最優先に判断し周知 何をもって解決かって問題もあるんだけど 対処なのか処理なのかは明確にすることに 時間を掛けているグズはできない訳だ 

生活スキームの整備に尽き この例にない歴史を刻む時代 鉛のような脳細胞ではカッタルイ訳で ダメの足跡が着いた通りを繰り返し踏むサマに おもしろいことが生まれてくることなく やっぱ「基礎の反復」からでなければ脚基が揺らぐ 想いの基準も同様で 仕事を商売に 商売を想いに トレーナーとしてのパフォーマンスディレクター パーソナルトレーナーとしての仕事と 育成選手を連れてチームを動かし 間違えず導く仕事であるスポーツデレクター なかなかシビレル時代 脚基から限りない方向を魅ていきたいものだと切に

眼の前の仕事を確実に着実にしつつ 絵図を企みリスキー感を楽しみながら 環境を組む作業 若干カラダはイマイチなんだけど アプローチを変えたリハビリは「オレって天才?」自画自賛 カナリ良好に働いている オレは恵まれた方々に支えられているので ブレることなくメンタルは常に戦闘モード ただ同業や同僚とのコミュニケートが途絶えているので SNSかネットの動きで触る程度での情報 また行動範囲で視る限りでの検算作業 微妙な情報から判断するしかないんだけど また既に欧州から動き出しているリザルトから伝わる情報からは 次の作業の検算はできているので軽快に脳は動く まあ若干 睡眠と酒の問題はこれまでの感じで もう乗りたくないんだけど もう少し乗る 

さて 物件探しと再構築の準備と併せ シーズンの準備は着々 たまらない醍醐味だ


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20210208

Photo session & MTG|Team Staff Officer Rider


 「予算を組んで運営されるチーム」選手5名 スタッフ役員12名 2021シーズン体制 宣材用の撮影と チーム全体ミーティング 目的と目標 運営体制の確認と認識 途中ランチを挟み 診ていない2選手のポジションの検算と修正 またチームトレーニングの実施 天候にも授かり 有意義で濃い内容となった 

HP SNS 随時発信してまいります また 印刷(掲載ポスター フライファー チラシ) イベント掲載用の作成 ようやく(運営側)闘うための準備が始まります 実戦に突入ってことになります


総勢17名体制(2021.0207現在)体制としては整いつつあるけど まだ専門家が足りてなくって あと実働スタッフも これから募集の段階 母体自体はもっと増える計画となる 国内の状況はまだノロい現状なんだけど サポートジャージを身に着けた選手動き出すことで 地盤が動き出す! まあその根底には「選手の実力」まだ現在そのレベルに至らないチームの選手 強くなければ魅力に至らず 速くなければ魅せることができない ココからどう育てるかがオレの仕事になる訳だ

まあ「脳」育成選手の好みなどに オレが気を配っているようでは仕事にならず 奇妙な理論 奇怪な理屈 SNSで萬栄する情報 脳が汚染されている事情 インタビューの段階でザックリぶった切り 有無を問わず正常に改善させるスピード ノロノロしているようでは なにもかもかが始まらない 在籍のメカニック またフォトグラファーも 共に確実に育ってきていて 運営陣も各脚元の確認と 立場の専門性のクオリテー 品質も向上してきているので 僅かではあるものの「先を魅る」着実にチーム全体が育ってきていることは 間違いない事実 こたえられない醍醐味 マジでたまらない フフフ

この日は 選手5人とのセッション 各選手とのパーソナルトレーニングとメディアトレーニング(カラダの準備) 各選手の「カラダを診る」 各選手 選手自身が 自分のカラダの状態を自覚することから 足りていないこと 至っていない事実 オレ自身で選手の検算を施すことと併せ 選手へも施術することができた また 専門的な「運動生理学」「エネルギー供給の仕組み」「解剖学」の座学も 触り程度ではあるものの 専門的な理論を脳で理解しつつ 脳からの命令系統のトレーニングと 日々の練習に組み込むこと U15とジュニアカテゴリー選手へは 人体の成長の解説 選手5名との共有 各選手の潜在能力の確認もできた

既にキャンセルレースも相次いでいる なので今季は合同合宿を組み込んでいる 育成チームとの横のつながりを結び レースの強度を組み込んだ練習メニューにて実施する 既にカレンダーへ組み込み 仮に予定のレースがキャンセルになった場合でも 合同練習に切り替えたカレンダーにて 選手が組んでいる調整も 確実に履行できるよう シーズンスケジュールを組んでまいります また積極的に 各方面へ呼びかけもしようと企んでいます   

闘う準備は始まりました 妥協することなくまいります


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20210130

今季最初の仕事|Yamanakako CT


 そもそも「地域密着」サイクリングチームには 当てはまらない(ふさわしくない)呼び名だよね しいて言うなら「地に根付いたチーム」かな フィールド競技ではない訳で 欧州であっても 地域に密着なんて言った言語は使わないよな まあ言葉だけのことを言っているのではなく 本来「果たすべき」地域への貢献って『この地からプロ選手が誕生』プロスポーツの原点だよな そう だから 出て行ってナンボな訳だ

この日は スポンサーさんへ挨拶に伺った セカンドスポンサーである地元の役場へ 首長さんに時間を戴き 選手と役員スタッフ 総勢で出向き 新体制の挨拶 また各部署へお邪魔して 和やかな雰囲気 首長さんを始めとし 皆さんに暖かく向かい入れて戴き とっても感謝の限りです 

このところ タイトなスケジュールを組んでいる ズレ込んでいた選手とのインタビューがあったりと 選手の出入り その判断と 誤差が出ないよう精査しながらスピードを保ち 際どいメールを交差しながら 選手との時間は有効に使いたいものだ 年末から今日まで 一定のクオリティーは維持し まだ1件インタビューは残っているんだけど 今季は5選手での体制になる予定 掲載のWebsaite お世辞にも強そうには見えない選手の面々(笑)これから強くするんだから まあ強そうな選手?って言う姿も? 実際の走りが備わってくれば 必然と乗り移るってことになる せっかくの選手との時間 今日はたっぷり レースでのシミュレーション「残り20㎞ 2人連れ3人の逃げ メイン集団とは1分30秒 どう動く?」いわゆる『逆算』結果を導くべき「どう走るのか?」「どう走ればいいのか?」アメフトやラグビーと同様 選手は無数の条件を脳で常に検算 他の選手との検算 自身の脚の検算 シミュレートし 次の動きに時間を掛けずに レースで培い 練習で試み 随意運動から不随意運動のホルダーへ 脳の命令系統を磨く なので選手は「24時間365日練習」脳は止まることはない訳で そのためにOFFがあり 今期末は「もう乗りたくない」そう思うくらい『乗れ』とクドク伝えている(乗る時間や距離だけではなく 負荷も含め)まあ詰将棋 勝つための無数に及ぶ計算式 常に考え続けることができなければ選手とは言わない



さて具体的に動きます まずは「募集」 追って公式サイトより公開します
①GS Yamanakako Cycling メンバー スタッフ (定期練習会実施)
②Fans Yamanakako Cycling メンバー スタッフ
③Yamanakako Cycling Team 社会人選手(JBCF E1で走れる選手)
もちろん アンダーの育成選手は随時です!

あと 育成選手への バイクの提供も募集です(1台から)(個人 ショップ メーカー含め)「育成」のご理解を戴ける方々へ 呼びかけです

来週(2/7)朝から 宣材用写真の撮影会 選手 役員 スタッフ全員結集しますので 興味のある皆さん 遊びに来てください ダラスビレッジ もしくはベースが拠点です

手伝ってくださる皆さん 是非 挙手を!


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/
===================================
COVID-19 Policy
2020/ 8月より【メンバー募集】シープロクラブ会員(C Pro club members)
《Wanted》アンダー選手 ジムでのパーソナルトレーニング (U15 U17 ジュニア U23)
《プライベートスタジオ提供》スタジオレンタルサービス
《Wanted》募集:練習クラブ
【選手募集】New Web and SNS|Yamanakako Cycling Team
===================================

20210119

出力の出し入れ|Yamanakako CT camp

年間6.000以上フランスではレース数がある通年 しかし昨年の前半は「0(ゼロ)」世界共通の事態となり もともと日本国内のレース数は年間20から せいぜい30 2桁しかなく オフのキャンプ後はレースを走って脚(カラダ)を作ることが選手の常識となっている欧州とは異なり大きなハンディ 昨年は湧き出たパンデミック レースはなくなり事情は世界中同じ条件となった訳だが 北部の東ヨーロッパかられーすは解禁され 真っ先に開催となったナショナル選手権(NC)世界でこんなに注目された欧州の端っこの国 結局ここで1番2番を闘った選手が 2020年の1番2番 強い選手は どんな環境からだって実力を発揮し出てくる どんな境遇であっても強い選手には問題ないってことの証し レースで脚を創る習慣だけではなく 練習からレースに向けた脚を創ることだってできるってこと これって選手の資質ってことになる訳だ また更に言うなら 欧州のプロに臨むアンダーの連中 今季だって世界中同様で 2020年前半は条件が日本と同じ環境となった欧州 いまここでプロに臨む日本人選手と 欧州の臨む選手であっても同様 選手との差 ほんの僅かではあるけど近接しているとも 可能性までの問題には至らないにせよ オレ達的には魅る場所が少しでも手前に感じる事実は もともとレースが少ない環境で育つ日本人選手としては 楽観はできないけど ハンディが減っていると思っている まあでも実際こんな環境下でも 既に昨年の段階で2022シーズンから複数年(WT)契約する現ジュニア選手の存在があったりと(こんな事実からも 強い選手はどんな環境からでも生まれる) こんな時代だからこそ そんな事実を 臨む日本人選手は脳から身に染みることができなければ 話しになれないってことだ

U15 最初のレースで味わう強烈なブレーキ臭 脇の選手に寄り掛かって曲がり前が見えない集団 同級生のレースにビビって引く感情はなく 「出力の出仕入れ」U17の段階で身に着ける走り「トップスピード」有無 散々叩きのめされレースを知る 勝った負けたをガチで闘うレースからでしか得ることはできない走り 勝負にこだわる そのための練習 厳しい局面で自ら追い込む(レースも練習も)「腹を決めた」精神面(根性論)は絶対的の基盤 欧州から伝わる自転車レースと併せ 歴史から伝わる運動生理学 また解剖学 内分泌 理論と仕組み 共にアップデートし最新に更新させ身に着ける いつも説く「脳と脚をまわす」勝ちたければ 間違わないよう やればいいだけ 
※出力とはワットではなくスピード(時速)のことを言ってます

間違いだらけの日本国内の自転車レースの事情 また時代と逆行するような組織ができたりと でも主要のレースでは ようやくUCIのカテゴリーの仕組みとなり 育成事業に携わる立場として導きやすくなる 国内の上位カテゴリーがどうであれ 日本で走る選手を 全員ヤッツければ良い訳で 複雑なことは一切なく至ってシンプル まあヒヨルことなく この段階まで来れば必然 おのずと路 その先が魅えてくることになる その案内までがオレの責務ってことになる

「出力の出し入れ」には「カラダの準備」が不可欠 その前提が「脳からの理解」でも『腹を決めた』選手からでなければ なにも始まらない

闘う準備は始まった


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/
===================================
COVID-19 Policy
2020/ 8月より【メンバー募集】シープロクラブ会員(C Pro club members)
《Wanted》アンダー選手 ジムでのパーソナルトレーニング (U15 U17 ジュニア U23)
《プライベートスタジオ提供》スタジオレンタルサービス
《Wanted》募集:練習クラブ
【選手募集】New Web and SNS|Yamanakako Cycling Team
===================================