20200118

オペレーション|トレーニングルーム


まあ結局(年明け)14日(火)より『せえの(イチ.ニノ.サン)エイヤー』Yek Do Se (یک دو سه)(「イエキ ド セ」ペルシャ語での掛け声)若い時期に多くのペルシャ人連中とすごしたころ覚えた片言 バタバタだけど 取りこぼすことなく さらに結局 制作のコーディネートの仕事もガッツリ容赦なく(笑笑)始まっていて この日は朝イチから稼働 神宮の施設に残した荷物の最終回収 不動産屋で契約書とカギを受け取り 新橋 御成門のスタジオへ仲間と共に搬入作業 テイクアウトランチを挟みセッティング作業 夕刻までに概ね収めてから 製作(コーディネートの仕事)の打ち合わせへ現場まで移動 帰りは深夜だ カラダはヒトツ 丁寧に使わないと フフフ

どうにか辿り着き営業再開 まだ他人の居所な感じでの滑り出し ディスプレイ冷蔵庫の搬入は済ませ 最低限の支度までどうにか まだ整っていない設備もあるんだけど「ソフトの提供」には妥協なく クオリテーはギリってところかな そうそうまだ「脚基が宙に浮いた」感じなんだけど 少しずつやりたいことも脳に入ってきていて 少人数でのセミナーや研修 定期枠でのグループミーティング(セッション) まあ後スタジオの提供なんかも考えている 完全個室のパーソナル施設 脳細胞が湧いてくる

それともちろん 欧州のプロを目指す(U15. U17. ジュニア. U23)選手のトレーニングルームとしてもフル稼働していきたい訳で まあでも 実力を磨こうとしている強い選手ほど積極的に通って来るんだけど 誘い水を渡しても反応は鈍い いつも言っていることだけど「オレの方から『教えさせてください』などと言わない訳で」強くなっていく選手ほど「強くなるために貪欲」だよな カラダの準備(実力とカラダの把握)に関しては 選手自身が 選手自身の脳が理解できていない限り(どんな練習をして どんなトレーニングが必要なのか)なにも始まらない訳で「自分でやってみて」とか「ㇶヨってちゅうちょ」など このあたりの極めて低いクオリテーからでは 練習そのものまで透かされて視えてくる訳だ 『強くなるために遠慮はするな』1分1秒問われている限られた時間 選手本人次第ってことだ

このタイミングで新築中のウエブサイトも公開できそうで 新しいフライヤーも届き 攻撃態勢はこれまで以上に攻めの姿勢だ ナリフリ構わずまいります


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20200110

仕事人の原則|Natural


「コンディショニング屋」唱えている訳だけど ソファーで撃沈する深夜が続き しかも早朝目覚め この現状の綱渡り メンタル面でフィジカルを支えている? いや逆 フィジカルでメンタルを保つ? 金属で構成されている臓器も 内分泌と運動生理機能 主に不随意運動 脳の命令系統はいったい どう機能しているのか既に自覚を失いかけている

タイミングよく入ってくる面倒な話し(とても素敵な仕事の話し)まあ何時だって絡みついて絡まってから(絡まったから)オレのところに来る訳で まあアテにされる訳なので嬉しい限りではあるんだけど 面倒な仕事になることは解っている依頼 そこに迷いはないにせよ かなりの覚悟は必要になること共に(自らも課す)責任と履行は絶対で これもまた綱渡り 自分が信じるクオリティーを淡々と測ることでしか担保されない訳だ TVでもMovieでも決まれば即効スケジュールが抑えられ 脳細胞も拘束される まあまた こうして始まるコーディネートの仕事 プロの仕事を魅せつけに行く準備にも入る

新築中のホームページと 刷りなおしのリーフレットの修正に加える経歴「2020年、自身のトレーニングルームを港区新橋に新設。」これ日本語 和英訳では「In 2020, he relocated his activities to a private training room in Shimbashi, Tokyo, which allows him to provide more intensive and focused training for cyclists who aim to become professional.」こんな方向で意志は揺るぎなく明確だ

さて 白紙から創り仕上げる仕事 例外なく白紙からではなく クリアではないラインから始めなければならない立場 まあナチュラルにまいります


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20200107

オープニングセッション

【ディスカウントセッション】

コンディショニング・パーソナルトレーニング
60分 / 5.000円(55% OFF)

・カラダのチェック
・不具合や痛みの改善
・ストレッチング
・肩や腰を含めた全身のコンディショニング
・ターゲットを定めたパーソナルトレーニング

ご要望に応じたセッションを実施します
※初回者のみ 1人1回の実施に限ります

今季より 港区新橋にて移転し活動することになりました まあまた この近辺に戻ってきた感じなのですが 新設にて再開と言うことで「オープニング企画」1弾目 実施です


C Professional Conditioning Room
(シープロフェッショナル コンディショニングルーム)
105-0004 東京都港区新橋 6-5-4 DIK #912
・都営三田線 御成門駅 A4 徒歩4分
・JR山手線 新橋駅 烏森口 徒歩8分



予約:本日より受付(mail@charipro.com / 090-4717-7339)
開始:2020年1月15日(水曜日)より営業

ご予約が必要です(当日でも空きがあれば承ります)
新規Website構築中ですので 下記のサイトをご参考にしてください
https://cprofessionalcr.blogspot.com/

ご連絡お待ちしております お会いできること 楽しみにしてます


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20200105

施設の移転が決まった


まぁ~ 昨年末から 久しぶりにスピード感ある仕事が続いてます バッタバタ フフフ

不動産屋さんの担当の方 マジで尽力下さってホント感謝だ 年末の押し迫った中での物件探しから交渉や審査に 手続きを通してもらって 暮ギリギリで部屋も決まり 小さな規模なんだけど まあトレーニングオフィス そうプライベートスタジオ的な 今季ネクストステージは港区新橋(三田 御成門)の地だ 神宮からの(一時)引っ越し作業 早々に撤退し仲間の施設へ退避 大晦日っから内装の準備を開始 って言うかキリがないくらい(内装のイメージより)買いたいモノばかりだけど まあゆくゆく揃えることにしてソコソコに必要な装備だけに抑え こんな作業と併せ クライアントへ顛末の報告と移設先の案内だ  

2006年から7年間の修行(チカラを身に着け)2012年より独立し神宮外苑の施設とビジネスパートナーシップを締結し7年が経ち今季 東京五輪の狭間とでも言うのか 施設側の事情で急遽の移設 きっと各所でも多々余波は被る案件も少なくはないのかと まあでもボク的には良いタイミングで 素敵なきっかけを創ってもらったとすら脳細胞は判断している 動かなけりゃ何も始まらない訳で(「逃げなきゃ逃げは決まらない」訳だ)オレの場合「7年」ってのが周期なのか 幸いにも恵まれていて 身のまわりのフットワークは軽快でスマートだ ストリートアドレスが決まれば あとは決まった作業を淡々と抜けや取りこぼすことなく進めるだけ まあしかし印刷物(フライヤーなど)デザインの見なおしと刷りなおし 各SNSの修正 またまあこれもまた 良いタイミングでの新規構築中のウエブサイト(HP)公開前から修正がいっぱいだ そうそう身のまわりの生活備品が追い付いて来ない(今期の手帳も買えてない)まあ取り急ぎ報告はしておこうかと やっとBlogに触ることができた始末 しかし 競技者やっててよかった思う集中力 でも既に僧帽筋と肩甲挙筋は頸椎を支えることに使い切っていて 乗ってもいないのに毎朝 朝方から脚がツル始末(笑)笑えない でもオレ 逃げに入ったからには「後ろを振り向く習慣はオレにはない」逃げ切ることは決まっているからさ

まだ充分に整えることができていない状態での開始になりますが パーソナルトレーニング コンディショニング また育成選手のトレーニングの場所として 妥協のない提供を目指してまいります

施設の再開は「1月14日(火)」からになります 状況次第 報告します


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20200101

POST CARD PDF



ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20191225

Season's Greeting


こんな時期になって施設の問題がモタツキ いつもながら綱渡り的な状況 そろそろ こんな環境から足を洗う良いタイミングかと まあ期待と欲望は無限へ スピードを出力し刻み込みながら着々と築きたいと 2001年に選手からトレーナーへ転身 当初から側溝を這い泥水を喰らいながら パーソナルトレーナー業を滑り出し 来季は 2020年 そんな意味合いを含めたグリーティング ストリートアドレスを預かっているみなさと 欧州の各チームへ

そう 2000年以前の欧州(UCI/世界)では ザックリしたカテゴリーで構成されていて プロとかアマのカテゴリーではなく レースを走る選手は「カテゴリー1. 2. 3.」初めてのレース(ジュニアやホビー)は「カテゴリー3」から開始し(グランツールを走る)トッププロが「カテゴリー1」トッププロに臨む選手に「カテゴリー2」があり 選手にカテゴリーが振り分けられ カテゴリーに指定されたレースのみ出場ができる イチオウピラミッド構造【現在に表すと「カテ1」WTとPCTの上位陣「カテ2」PCTとCTの僅かな上位陣 またエリートアマチュア(またアマカテ1上位陣)「カテ3」アマチュアカテ1. 2.3. ジュニア】 なので昔は とっとと「カテ3」のレースで結果を出して「カテ2. 3.」のレースを走れるようになって メジャー選手も出場する「カテ1.2.」のレースへ臨む この場所で走れるようになれば 欧州のチームから声が掛かることや「カテ1」に昇格することができる仕組みだった でも現在のようにチームが組織化していなかったため(欧州)メジャーチームに所属していても 選手の実力によって年間契約ができず 選手個人でスポンサーを探し収入を得ることは常識だった メジャーチームの選手であっても 実力を認められ ジロのメンバーに選ばれても 4か月の契約(その契約金)だけの選手は 選手を続けるためのには どこからか収入を得ることが必要で 他にスポンサー収入が得られないような選手は 普通に副業をする選手も当たり前のように存在していた時代だった(ジロを完走できる選手であっても「ソックスを売って商売している」そんな選手も少なくなかった)まあその反面 強い選手が稼ぐギャラは破格 オフの期間に使う「(遊ぶ)金の使い方」半端なかった情報を聴くことは プロスポーツ選手が レース以外で「夢を売る」選手の大切な仕事なのかと 憧れを魅ていた

そんな頃 東京の高校の自転車部からアンダー(U23)になって(練習環境を考え)茨城県を拠点とする弱小チーム(自転車部品製造メーカー/栄輪業)に所属した フルタイムの社員として選手を開始 月給の他に 仕事の一環としてレースができる待遇 活動の費用は全て供給され(レース中は欠勤にはならない)(自社製品のパーツまたウエアーも供給を受け その他の機材は実費)工場勤務「鋳造技術研究科」理系出身の先輩方々いる研究室が職場 まあ学校に通っているかのような職場環境だった 8時から17時までの勤務時間 しかも休日は日曜日だけ まあ入社前から承知していたことだ 住まいも工場内に寮はあったんだけど 定員で空きがなく 会社が近所にアパートを用意してくれて 寮として住まいも確保 また(会社の)工場長の権限から選手は練習のため「9時出社」出勤時間も(少しだけど)優遇され チーム練習は毎朝5時30分より 2時間30分 全員で練習する まあチーム練習とは言っても弱小チームのメンバーなので強い選手は所属していない(先輩すみません)練習もガチになれば秒読みで(毎日オレの)独走 まあこのことも最初っから解っていたこと 東京での(1人)練習を考えれば 練習環境の良い地(茨城県の地)場所を選んだ訳で このあたりも「1人で強くなる」その自信はあった訳だ もちろん朝練習だけでは負荷が足りないので 退社後も(残業もあったけど)1時間30分程度と 休日の日曜日には5時間の練習が シーズンのルーチン

この地で2シーズン(アンダー2年目)国内のレースでは(時折ナショナルには呼んでもらったり)そこそこ上位には入るけど「勝ちに絡めない」とっとと強くなって欧州へ行きたい訳だけど この2年のやってきたルーチン「何かが違う(練習時間と乗り込みができていないことは解ってはいたけど)」勝ちに絡めない理由「仮に今のルーチンを2倍にしても強くはなれない?」そう自己分析し判断 2シーズンを終えたオフに 脳の中身全てをリカバリーさせ これまでの考え方 勝手な理論も全て白紙から創りなおすことにした まず「カラダの診なおし」そもそもの根本から3シーズン目に臨んだ まあ結局(アンダーの2年)時間を使ってしまったんだけど結果として カラダの診なおしから「乗り方」「走り方」の変化と「練習(スピード練習)」時速を上げる練習 この年(アンダー3年目)大井のレース(現TOJ)では逃げて表彰台 以降のレースでも全て逃げの展開 勝ちは少なかったんだけど 出場するレースは全て逃げ切るレースでリザルトを残し アンダー3年目を終えた「もうここでやることはない」 このチームを離れた

当時はまだ欧州への路 多額の資金でもない限りは不可能な時代 あてもなく東京へ戻ってきて 無職のまま平日の昼間(オフ)練習を開始していた 高校時代からお世話になっているチームの練習に参加したりと シーズンに備えることは怠らず でも東京に戻ってみると意外に自分でも驚くほど「オレの名前」が通っていてビックリ 身のまわりの方々が(ボクの所属先)クチを聴いてくれて ちょうど創設2年目のチーム「Nichinao SiDI Campagnolo/日直商会」へ選手として加入する運びが決まり このチームには欧州のレースを深く経験のある先輩選手もいて 昨年までのボクの走りと実績を買ってもらい迎えてもらった まあ潤沢な資金を持つチーム 機材やウエアーはもちろん 選手として万全で 全てが守られサポートされた その代償は「結果(走りとリザルト)」まさに臨むところだった チームの拠点は神奈川なので住まいも神奈川へ移し 主軸の先輩選手は口癖のように「向こうでは」と欧州の選手と国内の選手の比較を語り「国内でこんな走りをしているようじゃ向こうでは走れない」レースの少ない日本では練習で追い込むことができないと 欧州の選手と戦える選手にはなれない(もちろん国内如きのレースでの走りでも同様に)向こうでは走れるようにはなれないと常に豪語 なので毎日のチーム練習では毎日ガチの真剣勝負練 ガツガツ脚を使いに行って 前に前へ出る練習では メンタル面でも追い込む練習 レースの方が「よっぽど楽だ」このチームが優れていたことは 自分たちはアマチュアで(欧州の)プロを目指し チーム全員が魅て(練習)レースをしていた このシーズン ナショナルチームにも呼ばれ遠征も度々 カテゴリー的には定められてはいなかったけど 国内での組織化されたチームの先駆けだったのかと想いだす

紙一重なスリリングな状況を味わいながら 新たなる環境の構築 常に挑むスピリッツ ためらうことなく臨んでまいります


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20191218

Webミーティング


微妙な立ち位置で商売をしているので(笑) コンセプトを測り調整 精査し絞った情報の発信「TOPページ」こんな感じ フフ

(ちょうど)10年前 どっぷり漬かっていたトレーナーの修行から「そろそろ戻らないと」と 自転車レースの環境へ サイクリストへ向けた(解剖学や運動生理学の)セミナーを開催し始めた頃 自力で(タグの組み合わせで)工作していたウェブサイトを公開していたんだけど システムの会社さんより声を掛けて戴き 現在のサイトに至り 今回また継続しサポートを戴いています まあ当初から想い考えて行動していることは変わらず継続して来ていて 方向性にブレはないんだけど「専門性」フォーカスが鮮明に解ってきたことから 新設する運びとなった 実務としてトレーナーの仕事 また育成事業としてアンダーまでの自転車選手との関わり そして社会人選手とのコミュニケート パーソナルトレーナーとして「自身のカラダを真剣に考える」全ての方へ また施術者(治療医やリハビリの施術者)への指導 メディカルチェックよりパフォーマンスと不具合のリベアー(リハビリを含めケガの完治) 欧州を目指す選手へは メディカルチェックから練習とトレーニング レースサポート 自転車レースの「そもそも」 あとキャリアサポートと これまでの活動報告を載せたサイトになります

概要とカタチは概ね完了しているんだけど サーバーの件と内容の修正を整えてからの公開の予定です シーズンのトレーニングも始まり グリーティングカードや年末の準備も 身のまわりの整理と スケジューリングと調整 施設のリフォームも残っていて 若干カラダもギリな感じで保っていて まあスリリングでたまらない充実感 スピード感ある実に面白い時間を楽しんでいます サポート供給を戴き 一緒に創ってきた仲間 クライアントとメンバーの皆さん 応援を戴く方々 ボクは本当に恵まれてて 感謝の限りです

まあ ボクのサイトなので 小難しく解り難いクドイ内容になるんだけど 意義のある発信をしてまいります 


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20191216

闘いに臨む:U15. U17. ジュニア. U23


まあそもそ ボクは不良サイクリスト あまり「お行儀は良くない」ってことで そもそもの走り 勝つとか負けるとか 速いとか遅いとか「毒も吐く」でもクチ回す以上 脚が劣っていては道理が通らない訳で なので ぬるい連中とは走れない

ㇶヨっていて勝負ができるほど 自転車レースは軽くない「ガチ」と言ったって極めることができなければ とてもじゃないけど勝負に至らない 勝った負けたの勝負の場に着くために「カラダの準備」が必要で 間違うことなく また雑にならないよう 勝負できる脚 闘うことができるカラダ 誰にも負けない誓える精神力を 研ぎ磨き築き創りあげる その行動からのみ 自転車レースで戦うための資格を得るってことだ 「やるか」「やらないのか」選手次第 モタモタしているよでは 才能に至らない

僅かな妥協 ブレることなく極めます

U15. U17. ジュニア. U23
http://www.charipro.com/Practiceclub/PracticeClubJunior2020.pdf


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20191214

Conditioning Room(仮設)


運用が始まり 早速ジュニア選手とのセッション メディカルチェックから座学 仕組みと理論 練習のそもそも ヒアリングしながら現状の検算作業 そもそもの修正も施す

今期の集計 公開された世界のフィットネス事情(レポート) 施設数(スポーツジム・フィットネスクラブ)また登録会員数 日本は欧米や欧州に及ぶことなく水を空けた数値なんだけど 市場(売上)では世界トップ「5位」(NEXT e-book)ビジネス的な効率では「世界イチ(1位)」アナリストの分析も同様 ボク的にも日本は「スモールビジネス」に特化しているのかと まあどうしても 国内の自転車レースの環境を映して比べてしまうんだけど この国内 商売的な効率は言うまでもなくブレブレだよな

「プロ化」いわゆる『スポーツビジネス』国内のスポーツ市場では(日本ではマイナースポーツ)各種目でプロ化の動き 底辺の拡大とか競技の発展を掲げ「プロリーグ」を組織化する動向は各所で声があがり でもプロとかアマとかの括りではなく 既に数千万円の収入を稼ぐマイナースポーツの選手の存在がある現実から 現存するリーグ(チーム・団体)をプロ化 お題目を掲げても商売につなげる動き 空気感なのか温度差なのか矛盾を思わせる訳で 僕が拠点としている施設(1Fのスケートリンク)でよく眼にする 欧州車で悠々と練習に来るアイスホッケー選手と 大きな機材一式を抱え電車で移動する選手がいたりと 世界のレベル NHL(National Hockey League)世界のリーグで活躍する選手であれば 億単位の年俸を稼ぐ訳で 自転車レース界でも似たような構図だ 近年は国内のプロリーグ(JPT)の選手は就職先ができ(これもまたスモールビジネスかな) まあでも国内で稼げぐホッケー選手ほど(国内の自転車選手)稼いでいる情報は聴かないよな

昭和初期に建てられた施設も化粧され 仮設のこんなスペース追いやられ さらに年末までに隅っこに押し込まれ まあ玄関先なんだけど コンディショニング(パーソナルトレーニング)のスペースを設置します まあ施設からは大切にしてもらっているので 追いやられてはいるんだけど(笑)妥協のない素敵な空間を案内できるよう尽力してまいります


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/

20191211

出番の準備


既に 2020年シーズン 2週目に入り 諸々身の周りも様々な動き 国内と海外からの情報も 考え深い事柄も多く ボク自身の環境も些細だけど地に脚を付けた環境と変化を辿る

先日 セッションを終え 着替えを済ませメールのチェックをしていら ボクの直ぐ脇にモゾモゾト立ち尽くす少年が 振り向くと「スタミナを着けたいんですけど どうしたらいいでしょうか?」と質問 僕が提携している神宮外苑の施設のスクールで練習をしに来ているフェンシングのジュニア選手 この日も多くの選手が練習に訪れて来ていて 元ナショナルチームの選手がコーチを務めていて(現ナショナルのコーチも務める) このスクールからは全日本クラスの選手も輩出しているフェンシングクラブ 『年齢は?競技歴は?スポーツの経験は?いまどんな練習をしている?』必要な情報をヒアリング 小学校まで野球をしていて(小学校)高学年からフェンシングに移行している中学2年生「病みあがりでスグに疲れてしまう」とも言っていて病名もヒアリング インフルエンザから回復したばかりだと言う 練習を抜け出してきたジュニア選手へ(ボクのセッションが終わるタイミングを計り歩みよる)瞬間的にオレもスイッチが再び完全に切り替わり『内分泌と言って生理学と運動生理学の話しからになるけど』と言い切る前に「大丈夫です」と 強い意志からはっきりと返ってきた

僕らの仕事は「待つ仕事」特に高いレベル程 選手が来てくれなければ「なにもできない」(プロチーム)Jリーグやプロ野球のコーチ達との交流でも「選手の意思」特に米国のメジャーでは如実だそうで カラダのことや練習のことなんか まるっきり放置 コーチやトレーナーは雇われていても 選手からのアプローチがなければ なにもしない(なにもできない) まあでもオレ達「準備は決して怠らない」全ての準備は常に継続し 選手の先を読み測り 知識と技術は研ぎ続け 出番を視測って着々と備える訳だ

東京五輪に伴い 神宮外苑ゴルフ練習場が年内で(一時?)閉鎖となり ボクの提携施設がゴルフ場に模様替え 隅っこの追いやられ(苦笑)結局片隅に(狭いけど)ボクの部屋が創られた 当初の展開から 2転3転し落ち着き 昨日よりオペレーション開始 まだ仮設な感じなんだけど コンディショニング(パーソナルトレーニング)のスペースは確保 定員 2名で完全パーソナル ミーティング(カウンセリング)もできるし みんな 気軽に遊びに来てほしいです フフ

施設と提携しているって言っても「フリーランスのトレーナー」まあ身は軽いけど やっていることは極めて熱みのある仕事 出番の準備を怠ることなく臨んでまいります


ご質問 問い合わせなどは ココ

charipro SeijiSaito
Official website:http://www.charipro.com/